ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 | トップページ | Agastia ★★☆ »

2010年9月16日 (木)

ラーメン評論家 石山勇人さんにお会いしました。

AZAさんKobaltさんグレートバンブーさんと、

タウン情報誌まつやまnoodle ラーメン企画 noodleに呼んでいただきます。

Dsc04734

ノコノコとSPCに出かけていくと、美人の担当さんnoteに案内され会議室へ。

何故かエレベーターは二人乗りで、美人の社員さんは走って先回りですrun

Dsc04735trim

あら、ど厚かましくもブログ本を持って貰いの、記念撮影 camera thunder

比べる対象としては、恐縮なのですが、

私は、このアラフォーで、飲食店800軒、ブログ記事600軒、著書1冊coldsweats01

石山さんは、この若さで、ラーメン5000杯、取材1000軒、著書10冊up

その知識の量と正確さに驚くのですが、

私が一番感銘を受けたのは、

この年で、自分の好きな事noodleで独立し飯を食っている事。

松山のラーメン事情を聴く時の目も、少年の輝きshineです。

詳しい内容は「タウン情報誌 まつやま」をご覧ください。

お忙しそうだったので、30分くらいひょうたん島にご一緒して、お別れ。

食べ物の写真を足り忘れるくらい、お話しに集中 ear

いや~、もう少し一流のラーメン談義、伺いたかったな~ smile

残ったいつものメンバーは、

Dsc04738

改装したMUSICAで、芸術的なピクルスをつまみながら、エンドレス反省会。

物珍しさで参加させて頂いたものの、すっかりinspireされたのでした。

______________________

「勝手に松山ミシュラン」書籍化 book、好評発売中

購入方法は こちらのページへ

なんとwobbly 紀伊国屋書店@高島屋さんの、

Dsc04768

「単行本部門」「新書部門」「文庫部門」のカテゴリー別で、

Dsc04767 

「新書部門」 oneになりました crown

火曜日まで開かれていた「横浜・中華街展」の横だったので、

それが幸いしたのだと思います。

私が見ていた30分くらいで10人近い人が手に取っておられましたが、

全て元に戻されて落ち込んでいたのですが、嬉しい事です。

皆様、本当に有難うございます happy02 happy02 happy02 

« 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 | トップページ | Agastia ★★☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です( ^ω^ )
「横浜・中華街展」では試食のみで、その足で
紀伊国屋に行き本を購入しました♪
やきとり屋のこっこやがのってましたねぇ~~
私も、超お気に入りデス!!
つくねは2本食べますね(≧∇≦)

その流れで購入頂いたのですね(^-^)
食べ物好きな人の祭典なので、影響は大きかったと思います。
鶏舎のもつ煮込みも好きです。
ご存知無いお店があれば、足を運んでみてください。

明屋松前店では、入店してすぐのトコのお奨めコーナーの独立した島の一番目立つ左端に横2列に平積み+縦置き2列で、
お奨めのポップ付きでしたよ。
(隣の〇〇の本をずらして、平積み3列にしてきたのは内緒です。)

あと、中の新書版のコーナーにもありました。
(そちらも、当然1列を2列に・・・)
明屋松前店のスタッフの方、見てたらゴメンナサイ。

なんとも地道な営業活動happy02痛み入ります。
怒られない範囲で、活動継続宜しくお願いします happy01

私も、昨日国矢やJunkDoなどで、横の本を3mmほど移動させて、立て積みになった本をトントンと整列する作業に没頭しています。
Spring Arrow大街道店の店員さんは、連日夕方、突然やってきて、入って左の棚の本を数え、トントンと素早く並べていくメタボおじさんを警戒しているかも知れません eye

あれ・・・・いつのまにか、

ペイントでお顔が・・・・

似てるような・・・そうでないような・・・(笑)


フリーハンドの割にはそこそこ似ていると自負していますが、いかがでしょう。
絵心0なのでお許し下さい(^^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/49448820

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン評論家 石山勇人さんにお会いしました。:

« 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 | トップページ | Agastia ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2