« 南海放送ラジオ出演/店移転情報 | トップページ | 舞蘭chi ★☆☆ »

2010年8月27日 (金)

一心 ★★★

小学生の頃の事で、時効?として話をします。

夏の日暮後に、父親が始めたばかりの投げ網を持って、

川に行くと言うので、弟とついて行きます dash

昼間の練習についていった事は何度もあったのですが、

この時の父親は明らかに昼間と比べて、きょどってeyeいます。

どうやら禁漁区で鮎を取ろうと言う算段で、車のライトで川を照らしながら、

上手には広がらない網を投げ込みます。

投げ込まれた網の川下から、石を投げながらライトを照らすのが私達の役目。

素人がやみくもに網を投げた所で、なかなか鮎が獲れる訳ではありませんが、

夜中に川に向かって石を投げて、その中に入っていく行為sweat01は、子供として

とても面白いものです。

 さて、

一息ついてふと川に目をやると、ゆったりとした魚影fishが見えます。

「お父さん、網貸して」と、ゆっくりとタモ網を近づけてすくうと、

結構良いサイズの鮎が、入っています。

父親が、「そんな簡単に獲れる訳ないだろう」という視線から、

「あれ?子供が簡単に鮎を掬ったぞ?」という驚きの表情winkに変わるのを

見逃さなかった私は、手の中のスイカの様な香りとぬるぬるした触感と共に、

生まれて初めて親を少しやりこめた嬉しさを、深く記憶に刻んでいるのです。

さて、

今日は、郊外のお寿司屋さん。

Dsc04292

専務のお供で「鮨・割烹・一心」に向かいます。

Dsc04296

偶然ですが、こちらの大将は父と同郷。

そこの川のものではありませんが、カウンターには「鮎の生かし」です。

Dsc04303_trim

突き出しの「ゴーヤ」

削った鰹節が、ゴーヤの苦みに負けていません。

また小学生の頃の思い出ですが、

鰹節は、箱のついた鉋みたいなもので、食べる直前に削ってましたね delicious

例のパックが出来てから見事に消えてしましたが、

手までもないので今度から我が家も復活させましょう。

Dsc04300_trim

「刺身の盛り合わせ」

この豊潤な膨らみを持つウニが、興居島からだと聞いて、二度びっくり。

ミョウバン臭もなく、好き通った甘みが舌の根っこに絡んでから広がります。

Dsc04307_trim

「鮎のせごし」

先程まで元気に泳いでいた鮎を、職人さんが網で捕まえて調理してくれます。

水で締められたコリコリした身の食感で、中骨ごと頂きます。

以前、山陰の上司の家で頂いたせごしは、ハラワタごと丸太切りにして、

塩をまぶしたものでしたが、プロの手にかかると洗練されています。

何でも、その道の通は、釣った鮎をそのまま頭から生で齧るそうですが、

それもやってみたいですね。

こうなるとハラワタの部分の苦みが欲しい smile 所ですが、

それはお次の

Dsc04320_trim

「鮎の塩焼き」で、十分堪能します。

身をほぐして尻尾を切って、頭ごと骨を抜く方法が一般的。

私は、違います。

今まで何回か同じ事を書いてたかもしれませんが、魯山人の本に、

「(上記の様に)食べる者もいるが、鮎は背中の脂の乗った部分から

がぶりと行くのが一番旨い」と書いてあったのを読んでからは、習っています。

やってみると、その方が絶対うまい happy02 happy02 happy02

手で鮎を持って、骨から身をかじりとる快感を飛ばすのは勿体ないです。

Dsc04323trim

凍った竹筒に入った「酒」を、ちびりとやりながら、箸を進めます。

Dsc04325_trim

締めは「二芯巻」

店名を付けた一心巻もあります。

Dsc04332

仕事をした基本具材がぎっしりと詰まっています。

そして、軽く上下の歯で挟むだけで、ほろりと解けます

味付けも上品で、解けた米粒と具の旨みが混ざり合いながら、

幸せの香りを鼻腔に送り込み、いくらでも入ります happy01

値段も、街中のお寿司屋さんよりかなり納得。

今度はカウンターで、ゆっくり握りを頂きたくなります。

久しぶりに、ちょっと教えたくなかったお店なのです wink

_______________________

「勝手に松山ミシュラン」書籍化 book、好評発売中 wink

詳しくは こちらのページへ

« 南海放送ラジオ出演/店移転情報 | トップページ | 舞蘭chi ★☆☆ »

和食」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
トップの絵が変わっていてび-っくり!

このお店、話は何回か聞いているのですが、
行ったことはありません。
「興居島のウニ」美味しそう!!

僕も前に中島で採れたウニっていうのをどこかで
食べたことがあるのですが、本当に変な臭みがなくて
美味しかった記憶があります。

僕も昔父親に連れられて上浮穴の川に鰻を釣りに行って
それを茶漬けにして食べていたことを思い出しました。

一心は家族で時々いくお店です。天然うなぎも美味でした〜。やっぱり季節を感じるお料理が最高ですよね。

ここ、おいしいですよね~
自腹ではなかなか行けんけど・・・
私もアユは「手で持ってガブ」です。
気取って食うよりうまかろー

↑は、吹くとペコンピコン鳴るやつ…
ポッピン?でしたっけ?

ブログのデザインは時々替えているんですよ note
今回は暫く替えなかったので、出版をきっかけに衣替えしてみました。
鰻を釣ってお茶漬けとは豪快ですね。筒状の仕掛けを使う方法は見た事あります。
川の香りって独特でいいですよね happy01

時期の天然のものが、リーズナブルな値段で食べられると伺いました fish
もうすぐ、食欲の秋がやって来ますね。私は年中、食欲フルスロットルですけどpenguin

街中のお寿司屋さんに比べれば、納得の値段設定でしたhappy01
アユ・がぶり派ですか!意外に少数派ですよね。食事も手でヒョイッっと食べる事が多くて、よく奥さんに怒られますbearing
上のガラスは、長崎ではポッペンとかビードロ(ガラスのポルトガル語)とか呼ばれています。子供の頃から慣れ親しんでいるので、連続で鳴らすの上手ですよ wink
余談ですが、天麩羅、煙草、先斗町、ばってらもポルトガル語らしいです。ついでに最近、オクラが英語だと知って驚きました eye

こんにちは。
はじめまして。いつも このブログに助けられています。
主人の転勤で松山に時々遊びにきています。二人で食事に行く前にここをのぞいて お店探しをすることがよくあります。地理にも乏しいのでなかなか行くことができませんが いくつかのお店は行かせていただきました。チョイスしたお店はどこもGooDでした。(^◇^)
今回は私たちが時々お邪魔している一心さんの登場で「やっと一心さんの取材だ~」と喜んでます。二芯巻は私たちも好物です。
竹筒のお酒。。飲みすぎちゃうんですよね。。。
以前いかれた 野菜焼きの恋丸さんの板長?さんは一心さんのところで修行された方です。
今度松山に行ったら本買わせていただきます。

まさにramuさんご夫婦のような方のお役に立てる記事作りを心がけています。私もnon-native matsuyamanですが、今は松山の魅力にどっぷり浸かっています spa
長崎で子供の頃から聞いていた路面電車の音が、胸キュンのノスタルジーを与えてくれるのです。
恋丸と一心の関係は、初めて知りましたwink
丁寧な仕事に共通点があるのでしょうね。

お久しぶりですo(*^▽^*)o
本の出版!!おめでとうございます♪

「一心」いつも、お店の前を通るたんびに
気になるお店だな~~って思っていたんです。
でも、ぜったいに高そうと思い・・断念していましたっっ
今回、お店の感じがわかりました~☆いつの日か、行ってみようと
思います。

興居島のウニ美味しいですよね!
新居浜祭りには、興居島の漁師さんが獲れたてのアワビ、サザエ、ウニの瓶詰めを持ってきてくれます
漁師さん曰く、ウニは生より瓶詰めの方が美味しくなり、一年寝かせたら究極の味になるとの事でした
しかし、一年待てないので、直ぐに食べてしまいます
アワビは、生より火を通した方が好きなので、おでんに入れるんですが、潜って獲ってきたのに刺身で食べろ・・・と怒られます

有難うございます good

お寿司屋さんなので値段が安いとは言えませんが、お酒をどんどん呑まなければ大丈夫だと思います。
最後にご紹介した「二芯巻」が1200円ですからご参考になさってください。

一年寝かせたウニに、アワビのおでんwobbly
贅沢ですね note
羨ましすぎます sign04
機会があったらお声をかけて下さい!頑張ってレポートしますよ pen

発刊おめでとうございます。駿河台が載っていたんで喜んでいます。 あそこのご主人とは何度もゴルフをご一緒させて頂いた事もあり、松山へ行くと時々お邪魔しています。
肝刺しが美味しいですね。
これからもいろいろなお店を教えて下さい。

有難うございます happy01
あそこの肝は最高ですね。勿論、他の焼き物も最高ですbell
お知り合いのお店を紹介できて良かったです。
これからもお気軽に覗いてみて下さい wink

この店はコストパフォーマンス的には安い方だと思います。
一心のオバチャンと大洲・文楽寿司の奥さんが友人なので共通の話題に花が咲くこともあります。もうすぐ松茸が出始めますから楽しみです。七輪・炭火でいただく焼き松茸は絶品ですね。お土産には穴子ちらしがベストチョイスだと思います。火が通っているので翌日になっても美味しくいただけます。松茸が出始めたら行きたいなぁ~

CP値が高い点、同感です happy01
まつたけとは勇気が要りますが、ここならどうにか手が出るかも知れない期待感が高まります。
勿論、帰りは穴子ちらしを買って帰りますよup一日経って味がしみ込んだやつを朝飯にガッツリnote

あっ、ついに。以前よく仕事仲間と魚を食べに行っていたところです。冬場はフグが美味しいですよ。

へへへ、ついにです wink
ここはかなり良いかんじですよね。
これから秋になると色んなものを食べさせてくれそうで、期待が高まります fish

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/49093908

この記事へのトラックバック一覧です: 一心 ★★★:

« 南海放送ラジオ出演/店移転情報 | トップページ | 舞蘭chi ★☆☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009