« 讃岐うどんに含まれる中毒物質サヌキトールの検討② | トップページ | 「勝手に松山ミシュラン」が本になりました ★★★ »

2010年8月18日 (水)

瓢月 ★★☆

サヌキトールの作用が抜けず、うどんネタが続きます wink

松山でうどんの老舗といえば、ここを紹介しない訳には行きません。

Dsc04142_trim

「瓢月」です。

建物が新しいのは、数年前にこちらに移転してきたから。

元々どこに合ったのかは良く知りませんが、有名店だという事は知っています。

Native Matsuyamanの方々~karaoke 教えて下さ~い。

Dsc04133

定番のおでんは、透明度1cm以下のツユに浸かっています。

しっかりした味わいに、甘めの白味噌だれが、ん~まつやま~ん delicious

Dsc04134

勿論、定番は外せませんね wink

一口サイズでも、酢の存在感ありで、思ったほど甘くないです。

ここの近くの味十味のおいなりさんは、松山一甘いと思いますが、

如何でしょうか?

Dsc04140

折角の名店での一品ですので、「冷・おろし天ぷらうどん」と張り込みましょう。

さっくり揚がったエビ天は、えびちゃんまでパッツリ弾けるの仕上がり

衣のサクサクの延長線上で、私はえびの尻尾食べる党・党首に立候補good

Dsc04141

麺は表面ツルツルで、テカっています。

空気を含ませながら一気に吸い込み、上下の唇で滑らかさを堪能したら、

硬くないのに、最後まで同じ圧力で噛みしめる事の出来るモッチリ麺に

集中します。

んん~~、幸もっちり smile smile

切れのいい出汁を少し啜り、麺を吸い込む。

間に、天ぷらをサックリ挟む note

これだから、うどんは止められんとです happy01 happy01

« 讃岐うどんに含まれる中毒物質サヌキトールの検討② | トップページ | 「勝手に松山ミシュラン」が本になりました ★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

じゃあ僕はえびの尻尾食べる党・副党首に立候補します(笑)

では流行りの専決処分で、副党首指名させていただきます。
尻尾を残している人を見ると、”もったいないな~”と感じてしまいますよね。だって、カリカリして美味しいですもの。
さて、今日の昼はどんな麺noodleにしようかな?

瓢月がまだレポなしとは気付きませんでした。検索してみたら以前の瓢系の記事で

>瓢月;南高井1305-1とあるも、yahoo地図でも未確認

とありますが実食はなかったんですね。東部環状線と川内森内線の交差点、久谷大橋の近くです。その前は街中にあって飲んだあとの〆に食べたものです。

瓢月は、以前、二番町にありました。出前もしてくれてたので、呑んだお店で、よく天ぷらうどんを頼んでました。天ぷらは別容器で持ってきてくれてたんで、出前でもサクサクと食べられましたね
高井に移転したのは、やはり水を求めて来たんだと思います

サヌキトール続いてますねえ。

うちの子供はここの天ぷらと
新立の「ばっちこい」のすきなのが選べる天ぷらが好きです。

「瓢月」さんは前の方も書かれている町の中。
うちの奥さんの好きな「味十味」さんも以前は竹原町にあったんですよねえ。

自分も海老の尻尾は食べる派です。
TV番組かなんかの調査によると約4割の方が食べるそうです。
ある地域では海老の尻尾を食べると食あたりしないと言われているそうです。あはは。
尻尾食べない方もカルビーのかっぱえびせんなどで知らず知らずのうちに食べてるんですがね~(笑)
瓢月さんの海老ちゃんは素晴らしいのでしっぽまで食べても大丈夫ですが、ダメダメのお店では漂白剤の臭いがして食べれません。美味しい尻尾は美味しいお店の証でもありますね!

伊蔵さん、cassandreさんがコメされてますが、
瓢月さんは万寿から入ってタクシー会社駐車場の1~2隣のビルの一階の一番奥にありました。(京都ダイニング杉さんのあたりですね)
甘南備はネギうどん(素うどんにネギが山盛りのっていて麺が見えないぐらいのヤツ)が大好きでしたね~
天婦羅も昔っから美味しいと評判のうどん屋さんでした。
味十味さんは竹原のディックの駐車場のすぐ東にありました。モザンビークの並びですね。
竹原のお店も繁盛してたのに何で移動?
やはり水ですかね~~~美味しい水はおいしいうどんに通じるのでしょうね~~

新しく移転してから食べた事はあったのですが、ブログ化していませんでした coldsweats01
その後も、前を通るたびの行列をみて、他の店に流れていました。
呑んだ帰りに寄れたくらいの街にあったとは驚きです。カモトリも郊外に店出しているし、そういう傾向になるのでしょうかね~ up

ふむふむ、やはり街中だったのですねsmile
出前でここのうどんが来るなら、頼みますね。
そう言えば、最近、麺類の出前取ってないな~
ピザとか寿司屋に押されていますね。

空港近くに住んでいる友人が、子供の頃によく「味十味」に通っていた話をしてくれた事があります。
一昔前は、外食と言えばうどんか蕎麦か中華くらいでしたね。子供連れで飲み屋に行くようになったのも最近の事の様な気がしますnote
「ばっちこい」、三番町に出来たのですが、あっという間に二回ほど名前が変わってしまいました。平日昼だけなのが残念ですwink

4割と具体的な数字が出てくるとは思いませんでした。その数字を覚えている甘南備さんもスゴイsweat01
瓢月は本当に飲み屋街にあったんですね。
締めうどんと言えば、かもとり以外に、露口横のお店(名前失念bearing)のカレーうどんが好きですnote

瓢月さんのおうどん!なつかしい。バーに 出前してもらって〆に食べてました。たしかゆずの吸い口がのってたような。飲んだあとに最高でした。

ここは、街中にある時、よく食べてました。
日の丸タクシー隣の88ビルの1階に入ってましたね。
昔、良く行ってたお店が瓢月の上だったので、
ボクも良く飲み屋さんで出前で食べてました。
残念な事に、移転してから【かきあげうどん】が無くなってしまったので、ちょっと足が遠退いてました。

完全に夜のうどん屋さんだったのですねsmile
昼までもあの行列ですから、大人気だった事が想像できます。
かき揚げうどんの復活をnotes

美味しそうな一杯だったんでしょうね。その頃の瓢月で、一度締めて見たかったです。ゆずと言えば、七里茶屋を思い出しました。

初コメ、よろしくです。
瓢月さんは、二番町にある日の丸タクシー横、88ビル1Fの奥(エレベーター横)にありました。
同ビル内で仕事してたので、よく出前を頼んでましたが、引越し後は仕事前の食事に不自由しました(笑)
夏場は、おろし天ぷら(冷)が定番の注文でしたね。

ようこそ「勝手に松山ミシュラン」へ happy01
色んな方のお話を伺うほどに、昔の瓢月に行きたくなります。
仕事前の食事って、朝?昼?夜? bleah

88ビルを含め、このあたりは飲み屋さん関係が多いので夜で~す(^-^)
4人がけのテーブルが1席と7~8人のカウンター席のお店でした。
昔懐かしい話です。
讃岐うどんにも負けてないと思います!!

夜ですよね~ happy01
意外と店内は狭かったんですね。
見てみたかった+食べてみたかった。
今みたいにデジタル記録movieでなんでも残るのと、この時代みたいに人間記憶catfaceしかないのと、どちらがいいんでしょうね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/48983253

この記事へのトラックバック一覧です: 瓢月 ★★☆:

« 讃岐うどんに含まれる中毒物質サヌキトールの検討② | トップページ | 「勝手に松山ミシュラン」が本になりました ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008