« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

Yuma君の訪問

Yuma君はサンフランシスコ生まれ育ちの日本人。

SFに住んでいた頃のボスのご子息で、愛媛にバックパックで遊びに来ています。

「瀬戸内海を堪能したいhappy02」との希望があり、いっしゅうさんに相談。

Dsc04003

「瀬戸内海を感じるならしまなみ海道を自転車で」って事で、

いっしゅうさんにパーフェクトガイドをお願いします eye

まずは車で「今治のサンライズ糸山」に行き、自転車をレンタル。

炎天下の中、来島海峡大橋を渡り大島へ。

Dsc04011

大島のよしうみバラ公園で、ばらや伯方の塩アイスdeliciousを堪能します。

ここで一旦、サンライズ糸山まで自転車で戻ります。

伯方島、大三島位まで行こうと思っていましたが、大島往復位が丁度良い距離。

橋の上は、見晴らしも良く平坦なのでOKなのですが、

橋から大島に降りるループの道が鬼門 wobbly

降りるときは最高ですが、帰り登りはザトペック(古っsweat01)状態bicycleです。

さて、

rvcarって人類最高の発明品だと実感しながら、大三島へ。

で、

Dsc04013

お待ちかねのお昼はKobaltさんも紹介されていた大山祇神社の前の「大漁」へ note

Dsc04018

ある意味、竜宮城 fish fish beer

Dsc04020

あり得ない値段設定です。

Dsc04023

「酢飯は入るから」って、いっしゅうさんが一人2杯の丼を注文し、この迫力。

Dsc04024

くどいようですが、この「海鮮丼」が380円ですよ。

安いだけではなく、新鮮な地元の魚も入った納得のお味です delicious

ここはゲストが来たらテッパンでしょう bell

お腹が満たされた後は、大山祇神社でお勉強。

神様を相手に相撲をとる一人角力で有名ですが、博物館には無造作に

国宝級、重要文化財の刀や鎧がごろごろ crown

源頼朝や義経が奉納した刀がこんな近くにあったなんて、感動 happy02

Yuma君は日本人補習校で身に付けた完璧な日本語に加え、歴史も博学。

mobaq 伊予の国と、愛媛県は同じエリアですか?」とか、

mobaq 那須与一が扇の的を射抜いたのはどのあたりですか?」などの、鋭い質問。

なすのよいち?松山の夏の夜市なら良く行くけど。。sleepy と困っていると、

いっしゅうさんが立て板に水の解説。

ついてきて貰って良かった~~ happy01

Dsc04029

次は伯方の塩工場。

メキシコやオーストラリアの天日海塩を瀬戸内海の海水で洗って作るんですね。

工場見学が済むと、お土産の塩を戴けます。

翌日は、

Dsc04033

「内子座」で、法被を来て写真を撮ったり、奈落を覗いたり sweat01

Dsc04038

仕上げは、「くるりん」からの松山案内 scissors

そして、この日の夜は「お好み焼き みうら」で、日本の超B級グルメを堪能。

三泊じゃまだまだ紹介しきれませんよ、伊予の国 spa

今度はことり、アサヒを食べに来てね~~ happy02

PS: Yuma君は、先日まで相撲の名古屋場所の売店でバイトしていましたが、

   エアコンが無くて大変だったようです spa

2010年7月24日 (土)

高見屋 ★★☆

松山老舗ラーメン店の代表格の一つ good

kobaltさんnomchanさん達を記事を見て、凄く気になっていた、

201007011443000

「高見屋」に、初突撃です。

平日営業と麺切れに阻まれましたが、今日は3回目にして念願が叶います。

そんな時にデジカメのバッテリー充電が切れているのが誠に残念cryingで、
久しぶりに携帯撮影です。

201007011433000

念願の「中華そば」

昔ながらだからでしょうか?

ベースのダシと麺は内子のかたおか食堂のスープに少し似ています。

澄み切ったかたおかに比べると、醤油と豚脂が利いています。

港町らしいこってりしたスープは細麺にマッチ。

多めの麺の量や、リピーターも嬉しいマンガ充実ぶりから、

地元への根差し感が伝わってきます wink

熱々のスープで、店を出た後も香りの反芻を楽しめるコクに、

有名店の実力を実感しするのです smile

三津エリアは、まだまだフードパイレーツ羨望の宝crownが眠っているのです。

2010年7月19日 (月)

洋食屋 からす ★★☆

女もすなる平日ランチといふものを、男もしてみむとてするなり。

Dsc04039

ある平日の昼時九つに家の女と門出す。

その三津の「洋食屋からす」へかきつく。

昼下がりのルソン風建物の中は、年ごろよく子育て終わりしあるおんなや、

これからの恋話にいと盛り上がりつつあるおんな達のみで、

平日昼から短パン・Tシャツで入店のおとこに奇異のまなこeyeが向けられる事、

いとおかしき。

201007011414000

「ぜいたくランチ」なるものは、鶏肉・鰹・烏賊・土のものなどを、

甚だ細かく味付けと料理方法に工夫を凝らし、

さながら文月の雨の合間にかかる虹のごとき取り合わせ

おとこの仕事に行きて居ぬ間のおんなは、

かくも華やかなりし食べ物を、そこはかとなくに口に運びながら、

よどみなく、よしなしごとを語るは、いとも羨ましき事かな。

201007011410000

名物の「オムライス」は、箸で触れると流れ出る半熟の鶏卵が

いとまんべんなく米に絡まり、路地の土のもと共に口に運ぶは、

あやしゅうこそものぐるおしけれ。

古語にで、平日ランチを日記にしたためんとするも、

土佐日記、徒然草まじりて、納まりのつかぬは、かたはらいたしbleah

2010年7月15日 (木)

海道(みどう) ★★★

今日は久々のIAT  camera

会場は専務お勧めの郊外店。

万歩計を購入し一日一万歩のノルマを達成する為に、

56号線のユニクロ放免店までとぼとぼと歩いてfootいきます。

もう3週間は連日目標達成しているのですが、食欲は増進upwardrightするし、

歩いた安心感で食べすぎるのか、逆に腹囲は肥大 penguin するばかり。

健康な胃腸の遺伝子を戴いた先祖に感謝する日々です coldsweats01

Dsc03810

一日一万歩歩こうと思うと、色んなコースのバリエーションが必要で、

今まで気に留めなかった歩道橋や地下道にハマっています

タモリさんは「坂」で本を書いたらしいので、私は「歩道橋・地下道ブログ」を、

マニアックに始めようかと、真剣に考えながらflair歩を進めています。

大きな交差点の地下道って一旦入ると方向感覚が奪われ

思ってもみない出口に出てしまうドラえもん的不思議な魅力があります。

さて、

ユニクロを超えて、一つ目の角を曲がると、

Dsc03811

「海道」が出現。

店内は郊外だけにスペースにゆとりがあり、天井も高く落ち着けます。

私達が座ったテーブルも自然木の形を生かしており、10人で囲んでもゆっくり

ブログ掲載許可OKを戴くと、

「先日はビデオを持った人が入ってこられました」のお言葉に、

「その人、今日も来るけど、変な人じゃないですよ」と、訳の分からん良い訳です。

さてさて、

Dsc03813

若いスタッフの自然な笑顔での応対と、季節に合わせた様々な料理メニューに

否応なしに期待が高まります。

お勧めはと伺えば、

Dsc03816

まずは「お刺身盛り合わせ4種」から。

新鮮な地物を産地直送された盛り合わせは、存在感があり、

皿自体からお店の方の真剣さが伝わってくる仕上がりです。

鯖はじっとりととろけますが、後味すっきり。

鱧は湯通しの炙りの二つの方法が楽しめ、初っ端から唸らされます wink

Dsc03824

「牛の煮込み(バケット添え)」

これもスゴイ shine

玉ねぎ甘みが染み出したコンソメベースに、コラーゲンと筋肉の部分が、

やっとの事で付いていつだけくらいまで煮込みこまれています。

バケットに載せて、お洒落に行きたいですが、一口でパクリ notes

うひょ~~ happy02 happy02 happy02 

黒コショウのピリリが良いかんじのアクセントとなり、全体を締めます。

あまりの美味しさに、後でお替わりしてしまうのです。

さて、

新人(ぐーちまま、はるちゃん)二人を加えたオフ会も徐々に盛り上がり、

気がつけば広めの店内の他の席も一杯で、何組かは諦めて帰っています。

完全にしっかり常連を掴んでいますね。

Dsc03819

「海道のユッケ」

店名を冠するだけあって自慢の牛さん taurus

素材が澄んでいるので、これくらいの太さに切っても癖は無く、

歯ごたえ smile も楽しめます。

お~~い、メシもってこ~~い bell

Dsc03820

「れんこんまんじゅう」

パリッとした皮を割ると、中からほっこり湯気 spa が立ち上ります。

出汁を良くしみ込ませて、お口の方からお迎えに来ています delicious 

Dsc03837

「ホルモンとキャベツのポン酢いため」

魚も肉も旨いと思ったら、ホルモンも旨いですね~~ good

しゃっきりキャベツに、プリンプリン腸って合います。

咀嚼しながら、これらの素材が混合し別のステージに昇華して行きます。

どれをとっても素材から吟味された思い入れが皿に広がっています。

ここは、久々のメジャーリーグ級ホームラン  sign04 baseball 

専務、また素晴らしい店教えて頂き有難うございます happy02

2010年7月12日 (月)

かめや ★★☆

いっしゅうさんの讃岐うどんツアーに参加させていただくようになり、

松山に居る時もうどんを食べる回数が増えて来ます。

所謂、讃岐うどん店ばかりをめぐっていたのですが、今日は原点に戻ります。

Dsc03850

「かめやうどん店 立花店」に、初めて伺います。

2007年1月30日にまつちかTOWNのかめやさんが閉店して以来の

「かめや」詣は、心なしかノスタルジックな気分 weep

少しだけ過ごした小学校時代の愛媛の麺類の外食といえば、

「そば吉のそば」、「豚太郎のラーメン」そして、「かめやのうどん」。

「そば吉(きち)」を「そば吉(よし)」、「豚太郎(とんたろう)」と「ぶたたろう」と

信じてやまなかった少年は、成人して再び愛媛に戻り、その本当の呼び名を知り、

また、佰味が閉店した事にショックを受けたものです。

さて、

Dsc03852

デフォルトの「うどん(400円)」

天然の鰹と昆布に少し醤油が効いており、きりっと切れた出汁

麺は、ご存じ中太柔らか麺で、懐かし安心です happy01

温かい出汁と共に、柔らかい麺をすすりこんで、練りものを間に齧る delicious

ソフトタッチで有りながら、オリジナルらしいぶれない心を感じます。

Dsc03854

よくよくみると、昆布のエコ利用。

こんな可愛い亀さん、居ましたっけ?

Dsc03856

完食の亀サインを眺める頃には、心地よい昆布の香りと、

腹の底から温まる幸せに包まれています。

そう言えば、ハレの日のかめやのうどんすきって、子供ながらに心が躍ったな~。

うどんすきの最後にうどん入れる瞬間の高揚感って有りませんでした?

路面電車のベルを最初に押す高揚感に似てると思うのは私だけ?

2010年7月 8日 (木)

養殖系男子からの脱却 (+o+)

先日、夜イルで、渾身の一品一品の幸せに浸っていた時のお話です wink

Yumeさんが、大好きな韓流ドラマの俳優さんについて熱く語ります。

「ソフトタッチで、体型は肉食系・筋肉質で、さいこ~なのよheart04って調子。

「いけちゃんも、体鍛えんとね~」との無茶振りに、思わず視線を下におろし、

見事に満丸くexpandした腹部に目eyeやります。

肉を食べるのが好きという意味では肉食系でありますが、

体型は筋肉質とはかけ離れており、その対極にある草食系とも

まるっきり違う自分の体を眺めながらある言葉が浮かびあがります。

「私みたいな、”養殖系”は好みでは無いんですか?」

ようしょくけい?洋食系?、ああ~養殖系ねって感じの微妙な間をおいて、

横のAZAさんも大爆笑。

文字通り涙を流しながら大笑いcryinghappy02されると、大受けした嬉しさと、

自虐ネタを笑われた恥ずかしさで、なんとなく切ない感じもするのです。

さて、

今日は養殖系男子から脱却するべく、チャリベジのチェーン店に向かいます。

Dsc04119

"well-being with CHARLIE´S VEGETABLE"は、南堀端に出来た、

野菜とフルーツをふんだんに使ったドリンクのお店。

well-beingと言う名のヒーリングスタジオも併設されており、

パンフレットを見ると、子供の頃に受けたtraumaに遡り癒すコースもあります。

「もしかして、腹が一杯になるまで食べないと気が済まないのは、

幼児期に何か心の傷かがあるのかも知れないsign02」なんて、考えたりもしますが、

小さい時から米粒一つ残さないで食べる事を教え込まれた事を思い出し、

その罰当たりな考えは引っ込めます。

さてさて、

Dsc04115

お勧めの「果物ごろごろジュース」は、オレンジジュースに三種類の

野菜か果物をmixして頂きます。

その三種類の内の一つはストローの中を通るくらいのサイズにカットして貰い、

ごろごろ感を楽しむのです。

Dsc04114_2

注文を受けると、このびっくり顔マシーンが、皮つきのオレンジを剥いて

生果汁を絞り出してくれます。

二つのローラーの間で、実が二つに切られると同時に、

押しつぶされて皮の香りも少し加わった文字通り絞りたて delicious

Dsc04122

私は、ブルーベリー・ラズベリー・ストロベリーの三種を選んで

(勝手にtriple berryと命名)、ブルーベリーをごろごろ素材に選びます。

なかなかストローの中を果肉が通過しないのですが、

要領がつかめて来ると、果物の素材の形を最大限に生かしたジュースが、

どんどん体内に吸収winkされます。

Dsc04121

お洒落なランチボックスと一緒にtake outして、野菜の補充を図ります。

Dsc04125

girlyな量ですが、繊維質もふんだんに入ったランチで、

日頃の不摂生で出来た体の穴を埋めていきます。

「この量で足りたのか?」ですって?

ハイsmile、この前に”手打ちうどん政”でうどんとちらし寿司食べてますから。

ん~~catface

養殖系からの脱却にしては、根本的に何か間違った行動happy01

前世が餓鬼だったのか?やはり幼児期のトラウマ?

ただの食べ過ぎなのは解っているのですが、何かの理由付けが欲しいのです。

well-beingで、ご飯一杯で満腹になるサイコロジカルヒーリングないかな~smile

2010年7月 5日 (月)

第3回いっしゅうさん讃岐うどんツアー

遠足前日の子どもが寝付けないような、毎回ワクワク感MAXの

いっしゅうさん・うどんツアーが第3回目を迎えます。

回を増すごとに内容も濃くなっています。

AM5時過ぎ松山出発 rvcar 甘南備さん、いつもお世話になります。

一軒目 上杉食品 

Dsc03907

7時01分到着。

どこから見ても、雑貨屋さん eye

Dsc03909

朝から地元民で満席。

細みのつるつる麺、イリコ出汁 delicious

うどんに載せる為に準備された天かすが秀逸です。

二軒目 よしや

Dsc03915

マーナさんの、「このコロッケは旨いよ」の一言に秒殺。

二軒目で既に牛筋コロッケとスジとは、慣れた余裕の証でしょうか?

Dsc03919

ひやひや小。

捻じれ麺にイリコ出汁は、2回目だけど一層旨いんです。

三軒目 八十八

Dsc03924_2

坂出名物 八十八(やそば)のところてん

Dsc03927

お寺の一角にある風通しの良い店内で、透明なところてんに

酢醤油と辛子を絡めて戴きます。

水が良いので、清涼感が際立ちます。

こんな攻め方のあるのか?讃岐、恐るべし。

四軒目 なかむら

Dsc03931

いっしゅさんツアー初の行列。車は殆ど県外ナンバー。

「有名店も食べておかんといかんでしょう」との師匠のお言葉は深みありです。

Dsc03939

「ちくわ天は基本」とのレクチャー。

麺の歯応えは、最後まで抵抗してくるグミ系。

充実のラインナップからお土産を購入です。

五軒目 斉賀製麺所 

Dsc03941

住宅地に忽然と現れるうどんワールド happy01

Dsc03944

出汁に使ったいりこの天ぷらが、秀逸。

エッジの利いた麺との相性も最高goodで、

いっしゅうさんツアーの中でも、私の特に好みの味です。

近所に在れば、ここしか行かないでしょう。

六軒目 日の出製麺所

Dsc03947

昼だけお店で食べられる超有名店。

客あしらいも慣れていて、有名店なのにサービス精神に感心

Dsc03952

ネギを自分でハサミで切る参加型アトラクション。

お土産として、安定した品質を保っているだけあり、歯応え系釜玉も納得。

さぬきの夢2000を使った100食限定にありつけます。

七軒目 はまんど

Dsc03955

憧れのお店の暖簾をくぐる高揚感 up

店内に溢れるラーメン臭に、圧倒される地力を直感です。

Dsc03962

平打ち麺にダブルスープ。

背脂たっぷりなのにあっさりとした後味。そして、後を引くコク。

ここの為だけに、松山から通う人達に同感。

ラーメンって、感動を与える事が出来る作品なのですね weep

八軒目 讃州 都守鐘勝

Dsc03965

剛麺の代表として、締めに連れて行って貰います。

Dsc03968

大将も「はっきり言ってうちは硬いですよ」

確かに、人生最高に太い+硬い=満足 smile

この時点で13時19分

6時間18分で、うどん6杯、ラーメン1杯、ところてん1杯 happy02happy02

前回途中から根を上げていたYさんも、今回は余裕すら感じます。

麺イーティング・ハイに完璧にトラップされているのでしょう。

*さらに詳しい情報はこちらへ(甘南備さんマーナさん宜しくお願いしますwink

2010年7月 1日 (木)

Stwawberry Candle ★★☆

かくかくしかじかさんに勧めて頂いた洋食屋さん restaurant

Dsc03794

立花ひめぎん横の「ストロベリー・キャンドル」にやっとお出かけです。

さて、

ゆっくりと「お昼のミニコース 1260円」で、ブランチ。

Dsc03796

「コンポタージュ」を戴き、胃袋が喜びを持って動き始めます。

Dsc03798

山盛りの「千切りキャベツ」

ドレッシングも自家製でしょうか?

ビネガーの利いたオーソドックスな仕上がりです。

Dsc03800

いよいよ、メインディッシュの「若どりのタイム風味焼」 

しっかりした肉が3切れもついており、ランチはいつも量的に物足りない私も安心。

皮はパリパリ仕上げ happy01

エッジ部分がバルサミコ香るタイムソースに浸っている部分、見えますか?

ここの部分に、直接齧り付きたくなる衝動に襲われます。

皮にナイフを入れると、アチアチ・チキンエキス飛び出します。

ライスに載せてると、米がテカテカのエキスを吸い込んで最高です happy01

Dsc03804

食の興奮は、ブリティッシュアンティークに囲まれ、

「ブリュレ」「アイスコーヒー」を戴きながら、鎮静化を図ります。

火曜日がお休みなので、週末の少し贅沢なブランチにも良いですね wink

そうそう、dinnerの情報nomchan.comに勝手に!linkです good

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009