« Stwawberry Candle ★★☆ | トップページ | 養殖系男子からの脱却 (+o+) »

2010年7月 5日 (月)

第3回いっしゅうさん讃岐うどんツアー

遠足前日の子どもが寝付けないような、毎回ワクワク感MAXの

いっしゅうさん・うどんツアーが第3回目を迎えます。

回を増すごとに内容も濃くなっています。

AM5時過ぎ松山出発 rvcar 甘南備さん、いつもお世話になります。

一軒目 上杉食品 

Dsc03907

7時01分到着。

どこから見ても、雑貨屋さん eye

Dsc03909

朝から地元民で満席。

細みのつるつる麺、イリコ出汁 delicious

うどんに載せる為に準備された天かすが秀逸です。

二軒目 よしや

Dsc03915

マーナさんの、「このコロッケは旨いよ」の一言に秒殺。

二軒目で既に牛筋コロッケとスジとは、慣れた余裕の証でしょうか?

Dsc03919

ひやひや小。

捻じれ麺にイリコ出汁は、2回目だけど一層旨いんです。

三軒目 八十八

Dsc03924_2

坂出名物 八十八(やそば)のところてん

Dsc03927

お寺の一角にある風通しの良い店内で、透明なところてんに

酢醤油と辛子を絡めて戴きます。

水が良いので、清涼感が際立ちます。

こんな攻め方のあるのか?讃岐、恐るべし。

四軒目 なかむら

Dsc03931

いっしゅさんツアー初の行列。車は殆ど県外ナンバー。

「有名店も食べておかんといかんでしょう」との師匠のお言葉は深みありです。

Dsc03939

「ちくわ天は基本」とのレクチャー。

麺の歯応えは、最後まで抵抗してくるグミ系。

充実のラインナップからお土産を購入です。

五軒目 斉賀製麺所 

Dsc03941

住宅地に忽然と現れるうどんワールド happy01

Dsc03944

出汁に使ったいりこの天ぷらが、秀逸。

エッジの利いた麺との相性も最高goodで、

いっしゅうさんツアーの中でも、私の特に好みの味です。

近所に在れば、ここしか行かないでしょう。

六軒目 日の出製麺所

Dsc03947

昼だけお店で食べられる超有名店。

客あしらいも慣れていて、有名店なのにサービス精神に感心

Dsc03952

ネギを自分でハサミで切る参加型アトラクション。

お土産として、安定した品質を保っているだけあり、歯応え系釜玉も納得。

さぬきの夢2000を使った100食限定にありつけます。

七軒目 はまんど

Dsc03955

憧れのお店の暖簾をくぐる高揚感 up

店内に溢れるラーメン臭に、圧倒される地力を直感です。

Dsc03962

平打ち麺にダブルスープ。

背脂たっぷりなのにあっさりとした後味。そして、後を引くコク。

ここの為だけに、松山から通う人達に同感。

ラーメンって、感動を与える事が出来る作品なのですね weep

八軒目 讃州 都守鐘勝

Dsc03965

剛麺の代表として、締めに連れて行って貰います。

Dsc03968

大将も「はっきり言ってうちは硬いですよ」

確かに、人生最高に太い+硬い=満足 smile

この時点で13時19分

6時間18分で、うどん6杯、ラーメン1杯、ところてん1杯 happy02happy02

前回途中から根を上げていたYさんも、今回は余裕すら感じます。

麺イーティング・ハイに完璧にトラップされているのでしょう。

*さらに詳しい情報はこちらへ(甘南備さんマーナさん宜しくお願いしますwink

« Stwawberry Candle ★★☆ | トップページ | 養殖系男子からの脱却 (+o+) »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

6時間でうどん6杯はすごいですねえ。
年に何回か子供を連れて国営満濃公園や猪熊美術館へいくのですが、「おか泉」のひや天おろしか「上戸」のワンパターンになっています。
最後に書かれていた都守鐘勝さんなどはすごく硬そう。

雑貨屋さんでうどんとか長い行列は「恐るべきさぬきうどん」などの本で知ってはいるのですが、今度行った時にはディープな部分を体験してみたいです。

日曜のなかむらでの行列、お疲れさまです♪
そして〆うどんに剛麺とは恐れ入りましたwobbly
讃州 都守鐘勝は未訪問なので今度攻めてみたいと思いますhappy01

お疲れ様です。 まさか八十八のところてんが出てくるとは夢にも思いませんでした。 自分が小学生の時、親に連れられてよく行ってました。 あの狭い坂を平気で自転車で駆け抜けてたのを思い出しました。

それにしてもいっしゅうさんさすが恐るべし。

凄すぎるwobblywobblywobbly
私はまだまだですcoldsweats01
ところてん食べてみたいですnoodle
私的には黒蜜よりやっぱり三杯酢とからしですwink

いつも誘惑の言葉を投げかけてスイマセン(^_^;

恐らく1軒目の「岩田屋」を実食していたとしても
最終の「鐘勝」まで完走したと思いますよ(笑)

『なかむら』、あいかわらずの行列ですね!
『日の出製麺所』、ネギをハサミで切るのは『赤坂』だけじゃなかったんですね^^

『よしや』は行った事ないですけど、牛スジコロッケ美味そうですね^¬^
コロッケといえば『上野製麺所』って店のコロッケがじゃがいもホクホクで美味しかったのを思い出しました。

いっしゅうさんツアーは、食いしん坊の早起きスピード食べまくりの為、公園や美術館などはskipです。
私も家族でアカデミック+讃岐うどんツアーを企画してみたくなりました。「おか泉」「上戸」とも未食なので、次回ツアーにリクエストしてみますdelicious

なかむらは”並んででも一度は食べておかなければならない代表店”だとのレクチャーでした。
客さばき、ちくわ天、お土産の評判と、どれをとっても上々だったのは間違いないですbearing
先に製麺所関係に連れて行って頂いていたので、贅沢にもある意味新鮮でした。
いつかご一緒したいですねrvcar

おお、native sanukan araoさんも驚きの八十八でしたか?あの辺で野山をかけずり回っていたのですねsun
ホント、うどんツアーの中に、あのところてんを入れてくるいっしゅうさんの構成力と知識には脱帽です。nativeならではのaraoさんツアーもやって頂くと嬉しいですnote

いっしゅうさん讃岐うどんツアーも、回を増すごとに胃袋が大きくなってきているのが分かります。ぐっちーままさんなら、十分ついて行けるでしょwink
ところてん、お寺の雰囲気も最高でしたよhappy02

マーナさんに勧めて頂いたものは、とても美味しいので先の事を考えずに食べてしまいますwink
あのコロッケ、思い出しただけでもオカズなしで白飯が丼で行けそうですsweat01
未食”岩田屋”閉店残念でした。。weep

製麺所は大平、天満、まえばと前回連れてい行って頂きましたが、製麺所ファンになりました。
上野製麺所とそのコロッケ、次回リクエストしてみます。
うどんやの揚げものって、そちらでもメインになるくらいの存在感ですよねbleah
揚げものばんざ~い paper

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/48712084

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回いっしゅうさん讃岐うどんツアー:

« Stwawberry Candle ★★☆ | トップページ | 養殖系男子からの脱却 (+o+) »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009