« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月25日 (金)

かわかみ ★★☆

ヘルシーエコな料理教室を開いているぐっちーままさん達とお出かけ happy02

Dsc03768_2

”さかなや かわかみ”は椿さん通り、神蔵の近くにある現代風和食のお店。

ぐっちーままさんは初めてお会いするのに、共通の食べもの好きオーラ放出です spa

まずは、

Dsc03773

「刺身の盛り合わせ」

仕事をした太刀魚のエッジや焦げ目から、板さんの気合いが伝わってきます。

生馬刺しやたてがみ(首の脂肪)も、甘みと清涼感が弾けるのです。

ぐーちままさんの同僚はるちゃんは、

その若い年齢からは想像できない様な濃い人生経験を面白おかしく語り、

知り合って1時間で初対面緊張の氷は溶けるどころか、

沸騰して消えてなくなります

Kさん、Tさん。紹介して頂きありがとうございます wink

Dsc03783

「タコと新じゃがマヨ焼き」は、感動的 crying

ともすれば下品になりがちの火を通したマヨネーズを、適量まぶすことで、

ほっこりジャガイモとブツ状態に切断されたプリプリ蛸が、

まろやかに混ざり合い、それらを共に咀嚼する事で融合します。

勿論、その後を追うのは冷え冷え生ビールbeerでしょう

Dsc03786

「石焼!!イベリコ豚ステーキ」も、秀逸。

危険に熱せられた天然石の上で、イベリコ豚はthunderジウゥthunderと反り返ります

表面の熱と、中からの赤外線の両面から攻められたどんぐり豚は、

瞬間に火を通された事によって生じた緊張感を顎に与えながら、

その凝縮されたエキスを惜しみなく噴き出すのです。

「郊外に旨くて安い名店あり」

最近頻繁に使っているこの言葉に、さらなる自信を深めるお店との出会いに興奮し、

気がつけば、久しぶりに

Dsc03788

街中へ run 

Dsc03792

「きょうざ屋」で、

禁断の締め餃子の魔力に陶酔しているのです catface

2010年6月21日 (月)

どんべえ ★☆☆

空港裏にひっそり佇む、昼間限定のうどん屋 bleah

Dsc03763

サイクリングbicycle途中に”どんべえ”を見つけてから、かなりの勢いで気になります。

Dsc03765

この限定された営業時間に魅力を感じるのは、私だけでしょうか?

Dsc03760

テーブルとカウンターだけの店内は、女性スタッフのみ。

「かけうどん 420円」の登場です。

Dsc03762

写真を良く眺めれば分かって頂けると思いますが、ここの麺の特徴は短い事。

出汁の奥に見える麺の端の数が、見慣れた光景と違います。

短めの麺の由来に想像を膨らませながら、醤油の利いた出汁で戴くと、短さとは関係なく、もっちりとした食感 delicious

mobaq どうして、平日昼だけの営業?

mobaq どうして、女性スタッフだけ?

mobaq どうして、麺は揃った長さで短い?

不思議だらけのうどん屋さんなのです。

2010年6月19日 (土)

はやっ !

急に蒸し暑くなったと思ったら、

Dsc03977

今日から土曜夜市なんですね。

キュウリの一本漬けかじりながら、beerきゅ~と行きたいものです smile

2010年6月17日 (木)

とり次郎 ★☆☆

焼鳥一本105円、ドリンク一杯315円の焼鳥屋さん penguin

Dsc03343

「とり次郎」は、二浪証券の角を勝山の方に曲がるとすぐ。

Dsc03346

105円だからジャンジャン注文 bell

Dsc03349

砂肝・ハツの歯ごたえ系もばっちり仕上がっています。

場所柄と値段もよく、見る見るうちに二階席まで埋まって行き、

皆さん、よくご存じ happy01

旨い、安い、早い delicious

ちょっと飲み過ぎてしまいます。

今日もそうですが、ちょっとした待ち合わせにもお勧めです。

2010年6月13日 (日)

うり坊 ★★☆

一日一万歩目標の散歩道、ロープウェー街に気になるお店があります。

Dsc03716

今日はブログ仲間でお出かけ。

気になっていた「うり坊」にお邪魔します happy01

Dsc03721

最近初めての店で頼むのは「ポテトサラダ」

ジャガイモの処理がマッシュ系やゴロゴロ系。

マヨネーズも練り込み系とまぶし系などに分かれており、

各お店の特徴が出るので楽しいのです bleah

Dsc03726

「ほうたれの天ぷら」は、一斉起立で、サクサク。

嗅覚通りの実力に、ニヤリ smile

Dsc03729

歓声が上がったのは、「手作りしゅうまい」

大きな塊に少しだけ辛子を付け、ホフホフと口に運び、ゆっくりと噛みしめます。

溢れる肉汁の幸せに浸りながら、顎を動かしていると、

クワイのホコ・シャキとした歯応えが絶妙 good

ご飯とも合いそうで、ランチで「しゅうまい定食」があったら通いますね。

Dsc03730

「揚げだしモッツァレラチーズ」も秀逸。

Dsc03731

ヨーロッパ出身でありながら、小股の切れ上がったご婦人の

うなじの様な白い餅肌の断面が、微笑んできます happy01

あっさりした良質たんぱく質と出汁が絶妙な和洋折衷。

やはり街の外れには、良い店が有るものです。

さて、

お腹を満たしたら、いつもの”Keep On”

我儘をお願いして、

Dsc03736

先日、石垣島で買ってきたまーさんの?ラー油で、「ソーミン・チャンプ」

「むせるほど旨いと delicious 」は、誰の名言だったでしょう。

そうそう、

以前お話しした「辺銀(ペンギン)食堂のラー油」は、実家で一足先に御開帳 flair

Dsc03682

紙の蓋を撮ると、以外にシンプルな出で立ち。

Dsc03683

中華食材のトウチのような、豆が発酵した感じが、特徴的。

Dsc03687

確かに成分に黒豆が入っています。

Dsc03686

お決まりでご飯にかけて戴きますが、類似品に比べると辛みがあり、

その後から発酵した豆の香りが立ち込めます。

味見程度なので、今度は豆腐にかけたくなります。

ところで、

自宅にある奥さんが所有権をもったもう一本の「ペンギン食堂のラー油」。

奥さんの誕生日を過ぎたのですが、一向に開く気配がありません。

「ちゃんとした時に」って、やっぱり正月までお預けなのでしょうか coldsweats01

2010年6月 6日 (日)

焼肉ホルモン 艶吉 ★★☆

勝手に命名した「Matsuyama Midtown」に、素敵なホルモン焼き屋の登場。

Dsc03877

Matsuyama Midtownを席巻してる艶吉グループが、クルリンを眺められる場所に、

お洒落でリーズナブルなお肉を食べられる店を展開したのです。

Dsc03868

市駅前のおるがんや堀端のあるビルの5階に、エレベーターで上がります。

Dsc03870

Matsuyama Midtown(しつこい?)に在りながら、値段抑え目の設定に、

流石、艶吉グループの気合いを感じます。

Dsc03878

まずは「レバ刺」をお願いして、その鮮血色と透き通った歯応えに確信 confident

Dsc03887

「上々セット(上カルビ、上ハラミ、上ロース)」は、上(じょう)が勢揃いで、

一人一枚ずつの嬉しい構成です happy01

Dsc03891

軽く裏表を炙り、卵から孵ったばかりの燕のような口に放り込みます。

う~ん catface 柔らかさの中から切れのいい脂が、じっくりとしみ出ます。

まずは、beerで、ぐぐぐ~と喉の奥まで、幸せを超特急で届けましょう。

Dsc03882

初体験は「豚なんこつコリコリ煮」 pig

薄味でじっくりと煮込まれた軟骨は、白く光り、辛うじて原型をとどめています。

軟骨にどうにか張り付くように付随する肉の部分は、脂が絞られ、

sign04 コラーゲン・プルプル状態 sign04

プルプルと端で持ち上げて、唐辛子ソースに付けたのち、

プルプルと待ちうける口に、スポンdashと、掃除機の様に吸い込まれます。

うま~~い delicious あれ sign02 溶けて無くなった~~ bleah

Dsc03894

いよいよ、

「ホルモン盛り合わせ」

さて、

真打ホルモンが登場したからには、

Dsc03899

出ました~ impact

bomb「ライス大+じっくり焼いた肉 with オリジナル焼肉のタレ」

豊潤な米の薫と、成熟した特性タレの官能的匂いとがフュージョン。

基本姿勢(左手に御茶碗、右手の箸にはホルモンの体制)が整ったら、

丼に顔を埋めて、突撃dash有るのみ。

「肉から垂れたタレがまぶされた、ピンと立った白米より旨いもんがあったら、

持って来んか~~い taurus

Dsc03902

すっかり理性を失って、暴れ始めた私達の元に、

和と肉の融合した「瓦そば 艶吉石焼き風バージョン」が、運ばれて来ます。

茶そばの蒸し焼きされた煙で落ち着きを取り戻し、

良い感じで焦げ目のついた茶そばと、その上のスジ肉と混ぜ混ぜすると、

ジュウジュウなって、むしゃむしゃです delicious

興奮を通り越し落ち着くと、表現が幼児退行してるではないですか。

ビールも飲んで、ご飯もそんなに食べて大丈夫か心配する家族を尻目に、

「お父さんは、いっしゅうさんうどんツアー第三弾に向けて、

胃袋拡張トレーニングを行っているのだ~。

喰いしん坊ハンター譲二先生の教えにしたがっているのだ~。

40過ぎても胃袋筋肉だけは、鍛えられるのだ~ pout

sign03  プチーーーン sign03

はい、私いま、理性がタガが跳びました。

恐るべし、Matsuyama Midtown bell

2010年6月 4日 (金)

お好み焼きみよし 駅前店 ★★☆

「地元で三津浜焼きが食べた~いdelicious

Dsc03675_2

浜ぶら・三津浜焼き探訪の、記念すべき第一軒目は

伊予鉄三津駅を降りてすぐ目に付いた「みよし」

三津浜焼きと銘打って宣伝を始めたのは最近の事なのでしょう。

幟には”三津浜焼き”、看板には”広島風”の文字が語っています。

宮前小学校に少しだけ通った事がある私には、すっかり変わってしまった三津駅は寂しさすら感じてしまいます。

この近くの、パリパリピザが最高のイタリアン「FLOR」も素敵なお店ですね happy01

さて、

店内は奥に女将さんが構えた対面式の鉄板

それにテーブル席が数席のシンプルな作り。

水も片付けもセルフで、出来あがったお好み焼きを運ぶのもセルフです。

鉄板の前に座っている常連さんと話しながら、手は止まらずにお好み焼きが出来て行きます。

焼きそばを、(クレープ状の平べったい土台)の上に載せて、青のりを振った後に、その上面をとじ込むように半分に折れば、完成 note です。

Dsc03677

「肉玉子台付き そば」

メニューは、これのうどんバージョンと、其々の玉がダブルになる2*2=4種類しかありません。

たれは甘辛い上に酸っぱい独特の風味 smile

結構しっかり目の味で、ご飯片手に戴きたくなります。

Dsc03679

特徴的なのは、煮干しの粉fishと牛の脂肪玉taurus

特に脂肪の玉は、ゴロゴロという感じで入っています。

牛脂を直接食べるという罪悪感と、その禁断ゆえのねっとりした脂の快感とのギャップに酔いしれるのです。

浜ぶら 三津浜焼き22選というサイトを見ると、まだまだこの商店街の奥は深い。

地元の方~、次のお勧め店はどこか教えて下さ~い happy01

シルシルミシル方式での、三津で一番古いお好み焼き店探し

グレートバンブーさん発案)もやってみたいですね smile

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009