ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« ふく福 ★★☆ | トップページ | ギャル曽根ちゃんには会えませんでしたが。。 »

2010年4月29日 (木)

アサヒ★★★

”ことり””アサヒ”を食べずして、松山グルメを語るべからず。

かのミュシュラーノ・イケチアーノも、かく語っております wink

今日は休日朝で、とぼとぼと銀天街の一本北の正円寺通りを歩きます。

重たい胃袋をさすりながら、アサヒの引き戸を横に滑らせると、

どうやら一番乗りの様です。

Dsc03067_trim

”いらっしゃい wink 

あの細い体のどこに元気があるのだろうと思わせる名物おじさんの笑顔に迎えられます。

ここの鍋焼きうどんは卵入りと卵なしが選べます。

Dsc03070trim

“卵入りと稲荷sign01と席に着けば、もう常連さんの仲間入り。

甘い味付けの、ピンと米粒のたった稲荷すしをもぐもぐと頬張りながら

ぼんやりしていると、次々とお手伝いの店員さん達が出勤してきます。

おお、

Dsc03072trim

”アサヒの卵入り鍋焼きうどん”の到着 happy01

さて、卵入り鍋焼きうどんはどうやって食すべきなのか?

   That is a problem wink

one 蓋に卵をのけておいて、それを崩し,うどんを絡める。

   温かい黄身が満遍なく麺に絡み、松山風カルボナーラ?

娘はこれにこだわります。

two 先に卵を食べてしまってから、うどんをゆっくり。

好きな寿司ネタを先に食べるタイプで、右脳型に多いでしょう(あくまでも私の仮説ですよ)。

three 最後に卵をとっておいて、一気につるりと食べる。

私はこのタイプで、勿論寿司ネタも最後に大トロ・ウニを持ってきます。

途中で卵が割れてしまうと、次に述べる4になってしまうので、とても残念な気持ちになります。

その時は割れた卵が分散する前に、レンゲで一気にすくい戴きます。

four 初めから卵を汁の中で壊してしまう

個人的には、卵のコクが薄まるので、もったいない気がします。

細かい事は気にしない、豪放磊落な大器晩成型でしょう。

そんな事を考えながら、三分の二ほど食べ進んだ処で七味を多めに放り込み、残りを一気に啜ると、体のあらゆる腺から、汗 sweat01が噴き出ます。

松山風麺なので胃袋にも優しい。

お勧めの二日酔い特効薬なのです。

« ふく福 ★★☆ | トップページ | ギャル曽根ちゃんには会えませんでしたが。。 »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

私も。好きなものは最後に食べます。
はコクが薄まるというよりは、卵で出汁の味が変わってしまいますよね。
アサヒとことりの鍋焼きを並べて食べ比べしてみたいところですが、ラー博じゃないのでそれは無理ですから、今度、同日食べ比べに挑戦してみようかしらん。

「私も3。4はコクが薄まるというよりは…」です。
ケータイから書き込みしたら丸付き数字が表示されませんでした。

好きな物を最後に食べる派仲間が見つかって嬉しいです happy01
最初に食べてしまう人を少し尊敬してしまう気持ちもありません?
同日食べ比べ、お供致しますwink 最後に、あの通りのマフィンで締めましょうcafe

おぉ~~~松山で心残りだった「アサヒ」
詳細レポ嬉しいですぅ~~~(・∀・)♪
あたしは好きなものは真っ先に食べる派なので・・・
この卵入り鍋焼うどんが目の前に出てきたら、真っ先に
出汁を飲み干すかなぁ・・・出汁が一番好きなんで(o^-^o)
あとはうどんと卵と具を混ぜ混ぜして七味ドバ~でいただきます。
傍から見たらばっちぃですね。人に見られたくはありませんね(笑)

「アサヒ」、こんな感じなので、次回はこちらへも挑戦してみて下さいね。
出汁を始めに飲み干して、後から玉子と麺を混ぜながら食べるパターンは初めて聞きました。
これこそカルボナーラ風で、美味しいかもsmile
次は、チャレンジしてみます。
。。。。讃岐うどん禁断症状中です bearing

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/48088153

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒ★★★:

« ふく福 ★★☆ | トップページ | ギャル曽根ちゃんには会えませんでしたが。。 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2