« 人は4時間半で何杯のうどんを食べられるのか? | トップページ | アサヒ★★★ »

2010年4月24日 (土)

ふく福 ★★☆

久しぶりのsweet隊長の召集令状をAZAさんasparaさん甘南備さんに送ります。

IAT一個小隊の集合地点は、

Dsc03125

ふく福 bell

先日の坊っちゃんから南にワンブロック下り、高砂町の電停に向かうとぼんやりと明りが見えてきます。

Dsc03126

「つきだしの筍と竹輪」

柔らかく炊かれた旬の筍に一工夫して何気に出てくるあたり、期待が高 up

Dsc03127

「牛蒡つくね」

牛蒡がざっくりと切ってあり、どうにか全体が形を保っています。

それゆえに、歯を立てるとちょうどいい大きさにホロリと崩れます。

肉の味と牛蒡の歯ごたえを楽しみながら、エキス抽出作業 smile

気がつくと店内は満席なり、それぞれがかなりの常連さんの様子。

『平日にこれだけ繁盛している店、最近見たことないね。』と、隊長がぼそりとつぶやきます。

Dsc03128

「蛸と鯛」

小ぶりながら身の引き締まった蛸は、超タコイ bell

(ike-wiki; 形容詞タコイはこちらでお勉強して下さい。)

学生時代、自分で生蛸を買ってきて塩もみした後、

自前の刺身包丁でテレビで良く見る蛸の薄作りに挑戦した事のあるくらい

蛸フェチな私 smile としては、他の人の分も奪いたい衝動に駆られます。

トイレに立つ人がいる度に、座っている椅子を持ち上げて避けないといけないくらいの混み具合。

皆、笑いながら料理と知り合いとの会話を楽しみ、その間を忙しそうに大将ご夫婦が動いています。

Dsc03130

「塩から」 絶品 shine

ねっとりの奥に舌を震わせる旨みが隠れており、発酵する事で繊維が程よく分解された烏賊を口の中で吸いつくようにして、再びエキス抽出 kissmark

塩分は控えめですが、味自体はかなり濃厚

そこで、ビールを口からお迎えにあがって、キューー beer

学生時代、自分で作った塩辛を食べてめまいが止まらず、

病院で点滴を打って貰った事があるくらい

塩辛フェチな私 smile としては、瓶に入れて持って帰りたいくらいです。

後日、友人から「塩辛めまい」と、オリジナルの病名ng戴きました。

Dsc03134

「串揚げ」は、一人一本つづ注文して、ソースをたっぷりつけたら、熱々のまま一口で戴きます。

沸点を超えた肉汁が弾けだし、脳幹直接揺さぶり攻撃をカマしてきますtyphoon

メニューの名前としては平凡なのに、何食べても納得の旨さ。

常連さんが溢れ返るのもうなずけます confident

最近の座右の銘、

『郊外に、安くて、旨い店あり。』に、まさしくのお店なのです。

« 人は4時間半で何杯のうどんを食べられるのか? | トップページ | アサヒ★★★ »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/48101560

この記事へのトラックバック一覧です: ふく福 ★★☆:

« 人は4時間半で何杯のうどんを食べられるのか? | トップページ | アサヒ★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009