« 海鮮丸 ★★★ | トップページ | 春待亀 »

2010年3月12日 (金)

あかね家 ★★☆

JR駅前の、旨い焼鳥屋さん bell

Dsc02749

今夜は、珍しくお母さんの居ない3人で外食。

有無を言わせず、甘備南さんに伺っていて気になっている”あかね家”に突撃です。

Dsc02760

”砂ズリさし”

日向地鶏直送で、鮮度も抜群 scissors 

肉厚で透明感のある赤身に醤油をちょっとつけて、口に放り込みます。

シャクシャクして清涼感のあふれた逸品に、期待が膨らみます happy01

Dsc02758

”せせり”

最近覚えたこの部分に、かなり嵌っています。

ある程度の歯ごたえがありながら、少し脂の乗った鳥の旨みが凝縮されているので、しっかり楽しめます。

首の肉らしいのですが、鶏って良く首を前後に動かしているので、この筋肉は発達しているのでしょう chick

Dsc02759

”ハツ”

甘いタレが、ハツのあっさりした味に乗っかり、これも、外せないです。

筋張っている訳でないけど、歯で噛み砕ける程度の硬さの繊維を感じるのが好きなポイント。

Dsc02761

”レバレア”

こ~~れ~~、キョウイチ happy02 happy02 happy02

外は軽く火が通っていますが、決して硬くなく、中心部のレア部分がとろけます。

レバーの得意でない子供達にも好評です。

Dsc02763

”ボンジリ”

嬉しいギャップは、あっさりした脂身。

ほんのり黄色がかった表面には、しっかり焦げ目が付いていますが、焦げているのはごく表面だけで、それが生み出す香ばしさ catface がなんとも言えません。

噛むと、ジュッって、HOT OILが飛び出してきます sweat01

レバレアと対照的に、しっかり中まで火が通っていますが、素材によってさまざまな段階の焼きを使い分ける大将の腕が光る二品です。

Dsc02765

”チキン南蛮タルタルソース”

揚げてから切るのでは無く、最初からある程度の太さに切った肉を揚げています

その事により、切り口からジュースが漏れていないので、ふんわり感が違います。

長方立方体の六面に衣がついているので、どの面と舌が触れても、揚げ+タルタルの禁断ペアーが、味蕾をがっつり攻撃bombしてきます。

奥歯で、さくっ smile う~わ、旨 delicious

Dsc02774

変わり種の、”ハバネロのハツ”

トマトソースベースで、そこまで辛くは無いですが、子供達には辛いよう。

チーズと合いそうな感じです。

ついこの間まで赤ちゃんだったのに、二人で少しこちらが驚くくらいの大人並みの会話をしている兄妹を眺めながら、ついつい焼酎まで注文してしまうのです wink

« 海鮮丸 ★★★ | トップページ | 春待亀 »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

毎度、お疲れっす!
今回もヤヴァい焼き鳥ですにゃ~
もう、写真から伝わってくるがね、、、
ジューシーさと、こんがりカリカリ感が。。。
ハバネロにチーズはまったく同感です~^^

ぼんじりのカリカリ感と、キモのフワフワ感を是非味わって頂きたいです wink
写真に齧りつかないで下さいね~happy01

http://wwwa.pikara.ne.jp/kazuya/

チーズハバネロ参考になりました、早速試作いたします。今度は奥様もご一緒においでください。

おおhappy01 ご本人様登場有難うございます。
カウンターにPCが置いてあったので、ネットされる方だとは思っていました。
本当に一品一品を丁寧に焼かれており、感激しました。家内も行きたがっているので、また寄らせていただきますsmile記事を読み返すだけで、唾液が出て来ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/47638618

この記事へのトラックバック一覧です: あかね家 ★★☆:

« 海鮮丸 ★★★ | トップページ | 春待亀 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008