ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 春待亀 | トップページ | やしま ★★★ »

2010年3月15日 (月)

四国三郎 よしの川 ★☆☆

ひょんな事から、ブログを読んで下さっているというご夫婦+同僚の方とお出かけ。

ブログに参加されたいとの事で、TO GO LISTの中なら”よしの川”へ行きます。

Dsc02854

アップで寄ると、

Dsc02855

他人とは思えない顔で”こんばんは” 

さあ、四国の海の幸を戴きに来ましたよ。たぬきさん 

Dsc02858

”はぎの刺身”

シンプルな白身に、肝をまぶして薬味で戴くと、すっきりした海の味。

私は薬味を直接刺身に巻いて食べる派です。

ご本人は、私が社会人の半分を過ごした山陰地方の出身。

だっちゃ、ほてい堂、パープルタウン、風呂敷まんじゅうなどの超ローカルネタで盛り上がりますけど、このキーワードから導き出される市はどこでしょう? 

この市の方はとても人懐っこいのが私の印象。

私の奥さんがスーパー・ハープルタウンで普通に陳列してあるイチゴのパックを眺めていた時の話です。

横にいたおばさんが”これ、美味しそうね。ちょっと、食べてみようか?”と、パック詰めのイチゴを指差して話しかけてきたそうです。

愛想笑いでその場を立ち去った奥さんが、違うコーナーに居ると、そのおばさんがまたやってきて、”あれね、酸っぱかったよ”と、教えに来てくれたとのエピソードで盛り上がります。

Dsc02859

”めばるのフライ”

サクリと噛みきれば、目を奪われるような白身がほっこりと顔を出し、湯気が立ち上ってきます。こういうのに、少し多めにソースつけて食べるの、大好きです 

笑顔の素敵な色白で美人の奥様は、私が高校までを過ごした長崎のご出身

眼鏡橋の江崎べっ甲店の娘さんが同級生と伺って、少し羨ましいのは長崎人。

こちらで働いている所の方々とブログを見て頂いているようで、有難うございます。

Dsc02860

”真鯛のかぶと煮”

一人にこの半分頭がついてきます。十分な食べ応えで、甘辛味に負けないしっかりと詰まった身を、骨からホロリと外して戴きます。

一見おとなしい同僚の方は、実はセミプロマジシャン 

鮮やかなカード芸に、すっかり魅了されます。

私もマジックには興味があるので、新しい技を教わります。

三人三様共通点があって、楽しい時間は美味しい魚を戴きながらあっという間に過ぎるのです。

世の中、広いようで狭いですね~~ 

« 春待亀 | トップページ | やしま ★★★ »

和食」カテゴリの記事

コメント

ほんと世の中狭いですね
まさかあんなとこで会うとは…。

まささん、もっとメタボかと思っていましたが、結構スマートですね 
あの後は、まささんの予言通り、9時過ぎに集合がかかり、1時前まで呑んで食べてしまいました 

お恥ずかしい
裸の付き合いになってしまいましたね

今度お会いした時は、汗かいた後の一杯に、繰り出しましょう 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国三郎 よしの川 ★☆☆:

« 春待亀 | トップページ | やしま ★★★ »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009