ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« TOMATINA ★☆☆ | トップページ | そばや玄 ★★☆ »

2010年1月17日 (日)

Chez Halbran ★★★

待ちに待ったHalbran(若い野生の鴨)との出会いに心が躍ります happy02

Dsc02248

"Chez Halbran"は、ワシントンホテルの対面にある老舗のフランス料理店wine

松山にやって来た頃から、各方面で噂は聞いていたのですが、なかなかこのお洒落なドアをくぐる機会に恵まれて来ませんでした。

今日は紳士淑女(自称)3人でのお出かけ。長年憧れていたこちらでの会食をリクエストです。

電話予約の段階で、4000円、6000円、8000円、12000円の選択肢を提示され、”しかし、4000円のコースは軽食になります。6000円~12000円は量は素材が違ってきますが、量はほぼ同じです”とのコメント。

しかるに“6000円”のコースrestaurantをお願いします。

この時点で、不得意な素材がないかを尋ねられ、”をっ?エートコは違うねdeliciousなんて、期待が高まります。

さて、

薄暗い店内にカランカランと扉を押して入店。十数年ぶりにスカートを履いた淑女(自称)の前におもむろに腰を掛けます。

バックミュージックはTujiiのピアノnote

Dsc02249

”前菜”は手前から、貝の盛り合わせ、フォアグラにピスタッチオと干しブドウが入った物、クルマエビのマリネです。

いきなり、フォアグラが登場 notes 

”ちゃんと6000円コースって言ったよなぁ”と自問sweat01

干しブドウの濃縮酸味と、ピスタッチオの香ばしさとが口の中で交わって、ねっとりと広がります。

しっかりと舌が受け止める脂分があるのですが、しつこくありません smile

本日、我々以外他の2組は、モノホンの紳士淑女。

左のテーブルは、店の奥さまと”今年も宜しく”なんて、常連ワードを交わしています。音楽家さん達と実業家さんのようで、お互いを褒め合うのに言葉がお上品note

そんなに褒め合うのって、なんか裏があるんじゃないんと下種な勘ぐり。っていうか、人のテーブルの話を聞く悪い趣味はやめんといかんですね catface

Dsc02251

”オマールエビのフラン”

これは、初めての味食感 smile sun smile

この表面のスープの下には、ムース状のオマール味噌+卵黄の層があります。

専用のスプーンを液面に45度の角度downwardleftで当てます。

あとは、スプーンの自重と手首の自然な回転だけで掬われてくるその層は、濃厚なエビ味噌エキスを放出しながら、ふんわりと喉の奥に滑り落ちて来ます 

happy02 happy02 happy02

フランって秒殺・悩殺アイテムですねthunder 

ふと、目をやると右のテーブルはちょっと熱目のカップル spa

こちらはフラッシュ無し電光石火の早業で高感度写真撮っているのですが、横でフラッシュ焚きまくりshine

”おっ、ひらきなおったフードブロガー仲間か?”と思いきや、店の人に頼んで、自分達の写真を撮って貰っています。それも1・2枚ではありませんsweat01

新婚旅行では無さそうだし、それって記念??気になる~~~ bearing

Dsc02252

”魚料理”ウニとホタテをフグで巻いたものをベークしてあります。

割ってみましょう。

Dsc02254

魚用のナイフで押さえただけで、ほろりと崩れた白身は、中は蒸し焼き状態で、外は少し焦げ目がついてカリリ。

いつもは”魚なんて、刺身に醤油が一番うまいんだい”と、息巻いていますが、こんな上品な味わいもあるかと感心。程良く火の通ったウニが、白身に深みを加えてくれます smile

Dsc02255

”肉料理”ウズラにパンチェッタ(塩漬ベーコン)を巻いたもので、中には本日二回目登場のフォアグラ wink 

こちらも、割ってみましょう。

Dsc02258

ありゃ、溶出したフォアグラエキスがソースのカンバスの上に地図を描いていますwink

塩気のきいたパンチェッタが、ウズラchick野趣味と絶妙のバランス libra

フォアグラ様が、冷たい時とはまた違う、マイルドでキレのいいねっとり攻撃で援護射撃です bell 

Dsc02260

コースとは別注文になりますが、”チーズ盛り合わせ”

ハード、白カビ、ウォッシュ、青カビのタイプが、それぞれ二種類ずつ味わえます。

”いろんな味を少しずつ楽しんで戴くために”と、シェフがおもむろに登場です。

やっぱ、こういうトコって、呼ばなくてもシェフがやって来ますね。それに、だいたい話好きの説明好き wink

予約電話の対応の時も感じたのですが、落ち着いているけど会話に自然体で(笑)が出てくるフランクな方 happy01 

チーズの名前と、お勧めの食べる順番を教えて頂き、相槌を打ちます。

最初っから知っているロックフォール以外は頭に残らないけど、やはり数回頷きます。

”デザート”まで、感動cryingは続きます。

Dsc02264

ここでも、4種類を少しずつ

手間がかかるでしょうに、有難い事です。

後ろに隠れていますが、この二種類のチョコレートケーキが、ヘビーで最高

手前右のベリーのムースなんか、手前のちょっと酸っぱいソースにつけて食べちゃって、あれ~~ heart01

結局、3人でワイン2本(ワインは5000円からが基本)空けて、一人壱万強.

3時間近く、ワイン飲みながら、種類の違う味の美味しいもん食べて、贅沢感も味わえて、お腹も一杯になって、お得感さえ感じます。

仕事頑張って、また来ようっと happy01 sign01

Dsc02262

和姫。さんへ お礼のドルチェの笑顔です wink

(詳しくはコメントを)

« TOMATINA ★☆☆ | トップページ | そばや玄 ★★☆ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

ここ老舗なんですか?知りませんでした。
私、ジビエが苦手なので、こういう感じ大好きです。
特別な日におめかしして行ってみたいです。
海外のレストランで写真を撮ってもらったことはありますが、日本ではありません。撮ってもらってるとこもあまり見かけたことないですねぇ。
いつも料理しか撮りませんが、折角カメラ持って行ってるんだから、たまにはお願いして夫婦で写真撮ってもらうのもいいかもしれませんねwink

はい、淑女でし。。。

スカートは10数年ぶりに履いたのではなく
10数年前のスカートをはいたら
当時はブカブカでいまはぴっちぴち〜〜〜♪だったのさ。

それにしても、美味しかったですね〜〜
フグもよかったけど、肉が最高でした!!

やっぱり肉派ですね、ワタシ!

直接確認した訳ではないのですが、ここを勧めてくれた人に一人は23年くらい前からやっていると伺いました。
まさにハレの日にぴったりのお店 happy01
値段UPするとジビエ系も入ってくるらしいので、ご注意下さいnote

ぴちぴちには見えず、スカート姿も素敵でしたよhappy01
ウズラの周りのベーコン最高でしたね。
いつもワイワイと食べまくっていますが、こんな会もたまには良かったです。今度は、どこのコースを攻めましょうrock

あの・・・
差し出がましいようですが・・・

パンナコッタではなくパンチェッタではないでしょうか?

パンナコッタって、なんか甘い食べ物だった気がするな~とは思っていたのですが、お恥ずかしいcoldsweats01
差し出がましいなんてとんでもないですhappy01
ご指摘有難うございました。早速本文の訂正をさせていただきました。お礼として、和姫。さん専用に写真を一枚追加させて戴きました。

こんばんは。
素敵な笑顔ありがとうございます。
前にも一度だけ書き込みしたことがあるのですが、
主人の実家が松山ですので、こちらのサイト楽しみに拝見させていただいてます。ちなみに現在は、私の実家の長崎に住んでいます。ではまた。

長崎ですかhappy01
浜口町で生まれ、宝来軒別館のちゃんぽんで高校まで育ちました(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2006/11/post_18a4.html)。
先日行ってみたら、長崎駅の天井がなくなっていて驚きました。思案橋ラーメンも大きくなっとるし。
銅座の”いわしや”に行かれた事ありますか?お勧めですよ delicious

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

応援有難うございます。
がんばります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/47264570

この記事へのトラックバック一覧です: Chez Halbran ★★★:

« TOMATINA ★☆☆ | トップページ | そばや玄 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2