ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 麺 5連発 | トップページ | 違うけど分かる! »

2009年12月21日 (月)

うどん居酒屋 せくら ★★☆

学生時代の先輩が、県外のゲストを迎えます。

”お前、食いもん屋、詳しいから案内頼むわ”とのご指名 good

普通ならここで、今まで行った事のあるお店で、絶対美味しいと分かっている所にお連れするのが、常識的なのでしょう。

が、”これ、チャンスhappy01”とばかりに、TO GO LISTの中から美味しいと噂”うどん居酒屋 せくら”にお連れします。

Dsc02023

”うどん居酒屋”って聞いた事ないですよね。

気になっています wink

さて、

まずは、メニューから、

Dsc02024

海の幸、山の幸が揃っています delicious

Dsc02026

四国らしいをコンセプトに、まずは”鰹のたたきと烏賊”

”鰹”の香ばしさにはゲストも新鮮な驚き。

しょっぱなから追加注文しそうな勢いです。

”烏賊”肉厚でねっとりしており、コリコリと頂けば”甘い”の歓声が上がります。

左手にお勧めするのは、小富士と雪雀 bottle

先輩以外は県外の方なので、じゃこ天を探したのですが、無かったので、

Dsc02028

”じゃこカツ”

見た目は地味ですが、揚げたてのジャコと、衣の組み合わせは絶妙 happy02

じゃこカツって、じゃこ天もどきだろうと、今まで食べた事が無かったのですが、サクサクの新食感。ゲストの評判も上々です。

じゃこカツ、ありですね smile smile

Dsc02035

”親とり皮焼(タレ)”も、愛媛を代表として登場。

気の短い東予の港の人達が、鉄板の上に鶏皮をおいて、早く焼けるように上からコテで押しつけてつくったのがそもそもの始まりと、説明します。

カリッと揚げたように焼き上がった鶏皮に、あま~い醤油だれは初体験のようで、珍し喜んでおられます。

Dsc02039

”せせり”焼鳥が有名な愛媛らしい食べ物だとして紹介。

このような原型に近い形で、じっくりと頂くのは珍しい様です。

噛めば、ジウウ delicious 噛めば、またジウウ deliciousのエキス天国 full

普段何気なく食べているものの、改めて認識するとオリジナリティーとクオリティーが高いのもですね。

いつもやらない、箸で持ち上げる演出は、先輩が気を使ってやったもの。

昔、グランドの上でシコタマしごかれているので、”その箸、要りません”とは、言えませんcoldsweats02

そして、その写真も使わない訳にもいきません coldsweats01

さあ、

ここの締めは鍋焼きうどんがお勧めの様ですが(うどん居酒屋だけに)、鍋焼きは後日にして、移動しましょう。

Dsc02044

二次会は、ご存知、”焼酎Bar わびすけ★★★”

四国に来て、九州焼酎ってのも如何かと思いますが、ここまでこだわった店も珍しいので、お連れします。

途中からは仲間がもう一人加わり、旧交を温めます spa

この後、何軒梯子したのでしょうか?

大笑いしながら、少しずつ酔っぱらって、、、

皆、昔話が、最高の酒のつまみになる年になったようです wink

« 麺 5連発 | トップページ | 違うけど分かる! »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/47046047

この記事へのトラックバック一覧です: うどん居酒屋 せくら ★★☆:

« 麺 5連発 | トップページ | 違うけど分かる! »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2