ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« リンガーハット ★★☆ | トップページ | 麺 5連発 »

2009年12月12日 (土)

七楽 ★★★

友人のアメリカ人の御両親が、来松 spa

彼に英語を教わっているあるご夫婦が、彼らの歓迎会をするのですが、

なぜか直接の関係の無い私までもが末席におります coldsweats01

間接的にお声をかけて頂いたのですが、厚かましいとの、どこにでも首を突っ込むのは生来の病気なのでお許しいただきます。

だって、

Dsc01886

未食で、美味しいって評判の久米の“七楽”ですから、行かん訳にはいかんでしょ。

お会いしてみると、そのご夫婦は私が以前勤めていた会社の他部署の元部長coldsweats01

友人のご両親と、NYにいる御子息の話や、アメリカの話などで盛り上がり、ハイソな会話が進んでおります。

さて、

Dsc01888

”突き出し”の登場です。

店内は居酒屋風ですが、料理は料亭レベルの洗練度 shine 

一つ一つの素材にしっかりとした仕事がしてあり、期待度が高まってきます。

目の前に座っている友人のお母さんに食材を聞かれるので説明します。

海老(prawn)、胡瓜(cucumber)辺りは、見れば分かるので楽勝。

紅白ナマスみたいなやつは、真ん中のsalmonは分かるけど外に巻いてあるのは、大根?蕪?

小さいリンゴは大うけで、”これごと食べるの?日本のリンゴは小さいね~”

よく分からんし説明がメイドくさいので、”イエ~ス happy02

Dsc01890_2

”雲丹豆腐”

ほんのり温かくて、味がまろやか smile

豆腐もウニも温めることで旨さが発揮される事を教えてくれる一品。

醤油出汁との相性も抜群で、この旨さは彼らにも分かるようです。

ちなみに雲丹は sea urchinで、対語訳すれば”海のハリネズミ”sweat01

アメリカ人の友人の共通の知人であるAZAさんも同席で、ホストの日本人ご夫婦は、どうして私達が食べ物の写真cameraを何枚も撮っているか?が不思議なご様子 eye

Dsc01894

”刺身の盛り合わせ”

鮪、烏賊、甘海老、白身も上等物。

生の鮪はねっとりとした中に上品な旨みがあり秀逸です。

アメリカでの日本食は浸透していますが、ここまでの新鮮なレベルのものは、滅多にお目にかかれないようで、感心しながら食べておられます。

この辺で、ブログの話を切り出して、どうして写真を撮っているかを説明します。

友人のお父さんもノリノリで、”OH, じゃあ、この店はFIVE STARだね~”

星三つまでしかありませんがcoldsweats01、調子合わせて”イエ~ス、オフコ~ス”wink

Dsc01903

”鮑と車海老”

アメリカにはこのタイプの海老がいないみたいで、”大きなprawn”だと驚愕。

鮑(abalone)が高い事を説明しますが、お母さんは肝の部分は食べたくないみたいです。ラッキーと狙っていると、お父さんがパクリと食べちゃいます。

改めて写真で見ると日本食って綺麗ですね~fuji

お母さんは、すべての料理が、一人前ずつ小皿に盛りつけて出てくる事に興味を示し、”もし、私がここのウェイトレスだったら、(沢山食器を洗わないといけないので)一日で辞めるわbleah”と本場のアメリカンジョークが飛び出します。

この店の凄い処は、素材へのこだわり。

Dsc01904

生きた鰻が登場し、本場OH MY GODsign03の連発

Dsc01907

一瞬にしてテンションが上がったのは”石焼ステーキ”

カンカンに熱せられた自然石impactの上で、好みのレベルまで焼いて頂きます。

肉塊の六方をぐるりと焼いて旨味を閉じ込めた後は、レアーでパクリ delicious

赤身のさっぱりした味わいは、噛み進めるにつれて薄まるどころか深みを増していきます。

Dsc01914

先ほどのうなぎが姿を変えて、”うな丼”登場 impact

ほっこりとふくよかな身は、ほんのりと甘辛いタレの中で自己崩壊 happy02 

適度な弾力もあり、満足のフルコース。

うなぎはeel、ちなみに穴子はsea eel pencil

後日、丸万にもお連れしたのですが、頂いたナマコは sea cucumberで海の胡瓜。

英語は陸にあるものにseaをつけて単純やな~と小馬鹿にしていたのですが、よくよく考えてみると、日本でもナマコを海鼠、ウニを海栗と書いたりすることもあるみたいなので、万国共通なのでしょう。

友人の父は”この店はTEN STARだ~shineshineshineshineshineとご満悦。

ホストご夫婦のご厚意で、英語のお勉強をしながらの日本食のフルコース。

有難うございました happy01

Dsc01916

少し郊外ですが、だからこその広い店内でアットホームな雰囲気

おっ、今度はこの蟹を目当てに出かけましょう smile

« リンガーハット ★★☆ | トップページ | 麺 5連発 »

和食」カテゴリの記事

コメント

あや、私、まだアップしてませんね(汗)

ikechanさんと同席の飲み会で、こんなに緊張した事はありませんがな〜〜
でも、美味しかったですね♪

私は、自転車で行ける距離ですし、
是非、蟹を食べに行きましょう♪

私も緊張しました(最初の10分くらい?)coldsweats02
実は、後日奥さんと歯医者さんで再会したりして、世の中の狭さを感じました。

私も電車で出かけられますので、今度はカウンターにのんびりと出かけましょう~~dash

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/46839568

この記事へのトラックバック一覧です: 七楽 ★★★:

« リンガーハット ★★☆ | トップページ | 麺 5連発 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2