ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« ちんちくりん ★☆☆ | トップページ | 油家 ★★☆ »

2009年9月15日 (火)

小鉄 ★★★

お腹はある程度満たされているけど、ちょこっと摘まみたい。

少し待ち合わせに時間があるけど、独りで軽くやりたい。

Dsc01043

そんな時に行くならここbleah、の”小鉄”と巡り逢えます。

今日は、ある会の後、先輩と二人で流れ。

Dsc01046

カウンターだけの細長い店内ですが、その先輩が数十年のお付き合いのある大将と世間話をしながら、落ち着いた雰囲気でくつろげます。

生のグラスがキンキンsnow、これは期待できます。

Dsc01048

”はつ”は小振りながら、なかなかの存在感。

外はやや乾き気味で、塩が汗をかく程度に融解sweat01

ちょこっと前歯でつまむと、濃縮された赤みのエキスが、じんわりconfidentと出てきます。

噛めば噛むほどにじみ出て、味がしっかりとしているので、マッコトちょっと摘まむのにいいですね~~happy01happy01happy01

ここで、キンキン生beerを、クイックイと流し込みましょう。

Dsc01049

”はつもと”

コレマタ、ちょこっと摘まみ系の東の横綱が登場です。

(ike-wiki; 心臓の周りの肉、つまりハツの根元)

薄くて細い素材を、固すぎにならない絶妙の火の通りで仕上げてあります。

繊維系生体膜が収縮した噛みごたえ delicious と、そこから絞りだされるようなエキスを、舌・歯・歯茎の周りで堪能 smile します。

ここで、また、キンキン生beerを、ごくり・ごくりと二口。

ん~~~、いいですね~~ wink 

ふと、店内に目をやると、こんな張り紙が。

Dsc01044

偶然でしょうか?

今、必要としていた言葉までが、この店にはあるのです。

あ、そうそう bell

Dsc01187

独りで軽くなら南京ビル一階の”mammaya-ya カルネ”も、

Dsc01190_2

落ち着きますよ happy01

Dsc01191

今回の二軒は、二人の違う先輩のそれぞれの隠れ家 secret

こんな隠れ家の一つや二つがあると、かっこいいですよね delicious

先輩方、御馳走になりました happy01

 

« ちんちくりん ★☆☆ | トップページ | 油家 ★★☆ »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

んっ!?
この大将って、パパスやってた鉄っちゃんでは?
人違いかな?
でも、【小鉄】だし、似てるしなぁ?
そんな話してませんでしたか?

はい、その通りですbell
私はパパスに言った事はないのですが、私の”To eat list”(食べに行きたい店リスト)をお見せした時に、パパスの名前を見つけられて嬉しそうでした。そこは人に譲って、こちらにこじんまりと居を構えられたようです。
SHIMO-Gさん、パパスをご存知なら盛り上がると思いますよhappy01

やっぱり、そうでしたか!!
パパスがショットバーの頃、たまに行ってました。
鉄板焼バー(!?)になってからはご無沙汰してましたので、久しぶりに会いたくなりました。
ありがとうございます。

ちょっと行くには最高のお店です。
旧交を温めるきっかけになれれば嬉しいですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/46134620

この記事へのトラックバック一覧です: 小鉄 ★★★:

« ちんちくりん ★☆☆ | トップページ | 油家 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2