ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« ばつぐん ★★☆ | トップページ | えん家 ★☆☆ »

2009年8月 8日 (土)

山河の手打ちうどん ★☆☆

今日は、ベルイマンさんの記事に触発されて突撃です。

Dsc00554

”山河”は、33号線を砥部に向かい、高速の下を通ってすぐ左手のノボリが目印。

車はお店奥の空き地に停めますが、通路が細いのでご注意。

暖簾をくぐると、年季の入ったカウンターを挟んでオーナー御夫婦と常連さんが世間話をしています。

Dsc00549

夏にも普通におでんがある正統派。み辛子をつけてガツンと戴く”スジ”は、うどんの前菜ナンバーワンと位置づけています。

おでんをつまみに昼間っからひっかけている年配の常連さんは、酒のみの最終解脱型。

適度に話を切り上げて、笑顔で帰っていく姿は粋なオーラさえ放っています。

さて、

Dsc00550

”月見うどん”

太めで不揃いな手打ち麺が、子供の頃の記憶の引き出しを開けてくれます。

箸で持ち上げると、麺が形を崩さないまま持ち上がります。

しかし、ひとたび口に入れて前歯で噛めば、さぬき系のような弾力はあまりなく、折れるように切れて行きます。

出汁の利いたスープを一緒に咀嚼すると、適度な噛み心地を経て、喉の奥に消えて行きます

”ああ、昔のうどんってこんなんやったわ recycle と、引出しの奥から声がします。

Dsc00552

”鍋焼きうどん”です。

愛媛に帰って来た頃は”うわっ、甘い”と感じていた肉の味も、今になってはこれくらいないと食べた気がしません bleah

パラリを七味を散らして、フウフウ言いながら先ほどの麺と千切り牛蒡や人参を持ち上げて頂きます。

肉から染み出てくるエキスと、野菜類の歯ごたえと土の香りは、うどんの具としてのゴールドスタンダードの実力を見せつけてくれます。

こんなお店と出会えるので、食べ歩きは止められないのです wink

« ばつぐん ★★☆ | トップページ | えん家 ★☆☆ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

キューティーですo(_ _)oペコッ
"山河"行かれたんですね-up
勤務先が近いもので、冬にはお昼、週3回ほど行ってますっ(笑)
いつも鍋焼きオンリーですが・・・sweat01
夏でもやっぱ鍋焼きです!
あっさりしてるので飽きないですよねup

女、一人入っていって「おばちゃん、いつもの」
・・・でOKなお店の一つでしたっ!
あ・・・勿論、お昼からはひっかけてませんよっsmile

山河のうどんはごく普通

うどんの道は深いですねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45475362

この記事へのトラックバック一覧です: 山河の手打ちうどん ★☆☆:

« ばつぐん ★★☆ | トップページ | えん家 ★☆☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2