« 四十雀 ★★☆ | トップページ | 山河の手打ちうどん ★☆☆ »

2009年8月 5日 (水)

ばつぐん ★★☆

”さむぎょっふさる” sign02

”さるぎょっぷさむ” coldsweats01

”さむぎょっぷさむ” catface

上の三つの単語の違いが分かるあなたは、真剣に読んでいただているようで、感謝申し上げます。

で、

Dsc00732

二次会は歩いてすぐの”ばつぐん”

Dsc00733_2

分厚い豚ばら肉 pig を

Dsc00736

こんな風に鉄板で一気に焼きあげて spa

Dsc00738

たっぷりのチシャににんにく、キムチ、辛子味噌と包んで戴きます。

*食べ物の表現で”包”の漢字を見ると、気持ちが高鳴ります*

口の中で豚脂の旨みnotes、キムチの辛味wobblyと発酵的酸味deliciousが相まって、朝鮮半島の食の歴史の深さを舌感します。

で、正解は”さむぎょぷさる”です。

Dsc00740

”えびのチョン”

片手でホイッとつまんでサクサク

肉厚プルプリの海老を一気に、しっぽまで戴きます。

醤油だれが合うのよね~~ lovely

Dsc00742

”クジョルパン”トウモロコシの皮にいろんな具を包む、タコスのようなもの。

Dsc00747

こんな感じに乗っけてパクリ。

しゃくしゃく感と共に、ゴマ油の香ばしさがたちのぼり、野菜の甘みが広がります。

深夜に野菜がたっぷり摂れるのが良いですね。

この頃には、どの酒屋が良いだの何だのと、10年来の友人のように盛り上がり、帰る頃には次の月の予定を算段しています。

大食いに悪い人なし wink

第四回はどこ行こっかな !

« 四十雀 ★★☆ | トップページ | 山河の手打ちうどん ★☆☆ »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

あ~、どれもおいしそうですlovely
韓国ではサムギョプサルのほうがカルビよりポピュラーですよね。
こないだ行ったとき、サムギョプサルを食べるときは鉄板を斜めにして、油を落とすようにしてました。
たくさんの野菜と食べるからヘルシーですよね。
若い女の子もがんがん食べてましたwink
ああ、食べたい、、lovely

「ばつぐん」さんは甘いめの肉なべが食べログなどでは評判のようですね。
平なべからまるでエベレストのようにモヤシやら野菜やら肉やらがそそり立っていて、
ぐつぐつ煮ているあいだにしんなりしてきて、鍋らしくなるヤツです。
しかーーーし!イデは甘カライ肉なべより、今回のサムギョプサル(豚の三枚肉という意味だそうです)
のほうがスキーーー!

サムギョッ猿とマッコリ(どぶろく)で、イデはさるにっこりです!(^◇^)

あとは、魚肉ソーセージとインスタントラーメンの
「ブデチゲ」さえあれば・・・・
あれ?お店がちがってた~
あんああんあんあん・・あんああ渚のシンドバッド~~

数年前によく通ってました。

その昔、、、と言っても10年にはならないと思うのだけど、
中央通に朝5時まで開いてる韓国料理の店があって、
夜中というか明け方にケジャンを食べて、口と手が真っ赤になってました。
宴会はばつぐんで、個人的には中央通でと使い分けてました。

ばつぐんの方が甘めの味付けで女性客も多かったような気がします。

本場韓国情報有難うございます。
牛も旨いけど、韓国の豚焼肉も美味しいんですよね。

少し寒くなったら本場の”サムギョプサル”に突撃しましょうdash

例の、山積みの肉や野菜から作り上げていくここの鍋は、良く雑誌なんかに載っていますよね。

あんあんと悶えて居られるようなので、寒くなったら「ブデチゲ」ですね。あんの豆腐チゲも旨いですよsmile

朝五時のケジャンなんか夢のような食べ物ですね。復活してもらいたいですhappy02

この日は貸し切り状態でしたが、週末は一杯で入れない事も多々あるらしいです。暑いうちにぐびりbeerと突撃しましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45770323

この記事へのトラックバック一覧です: ばつぐん ★★☆:

« 四十雀 ★★☆ | トップページ | 山河の手打ちうどん ★☆☆ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008