ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

花や夢のおおさわ中

さ~~、デジカメ画像を一掃して、久しぶりにメモリーカードのフォーマットするぞ!

Dsc00941

まず、話題の”つけ麺 夢や ★★☆”

Dsc00944

驚きのワンコイン500円つけ麺 eye

Dsc00947

決して安いのが売りではなく、実力派 good 肉厚チャーシューの旨み、卵がちゃんと半熟、野菜もたっぷり

Dsc00946

しっかりとしたダシが受け止めてくれるので、するするっといけてしまいます。

店員さんはやや高齢の方ばかりで、その道の経験者が集まって始めたような感じがします。それだけに、なんとなく初めてなのに落ち着く店内。

Dsc00949

底に残る節の粉が、その丁寧さを物語ります。

************************

 

そして、

Dsc00934

鳴り物入りで登場の”らあめん花月 ★★☆”

満員御礼なので、私はカウンターへ、家族はテーブルへと別々 weep

”ああ、今日は自分のラーメンしか写真に撮れない”と落ち込んでいると、テーブル席の奥さんが”カメラcamera貸して”と手招き。

松山ミシュラン、家族の協力無しでは成り立ちません wink

と、いう事で、最初の二枚は初の奥さん撮影画像です。

まず、奥さんが選んだのは、

Dsc00937

TVチャンピオンで優勝した事のある人が考案した“柳麺えびすや”

そして、どこに行っても、そこのデフォルト(ふふふ、最近覚えたこの単語、一番基軸となる商品みたいな意味だそうです)と注文する娘は、

Dsc00938

”嵐げんこつらあめん”

遠くて、味わえませんでしたので、コメントは次回へ。

しかし、奥さん。

店名を正面に入るようにして、上手に撮ってますね happy01

この腕なら、平日昼間に奥様連中で出かける、”PTAの集まりの威を借りたランチ”でも、お得意ランチをカメラに収めて頂きたいものです。

で、私は、勿論

Dsc00939

”嵐げんこつらあめん MONSTER”

ニンニクと背脂が味噌に浮かんでいます。

Dsc00940

禁断の食材を集めた、この”メタボ養成ギブスのような魔力”に取りつかれ、汗sweat01を拭うことを忘れて完食です penguin

舌が麻痺していると言われようが、にんにく臭と加齢臭がすると罵られようが、顔がテカッてると疎ましがられようが、私はこのラーメンに心を捧げてheart04しまいます。

************************

次はがらりと変わって、うどん屋

Dsc00968

”おおさわ”は、ちょっと前に”恋々”さんに勧めて頂き、行きたい店リストに長い間残っていたお店です。

Dsc00965

おやつの時間ですが、お客さんが結構入っています。

”おろしぶっかけうどん 冷”を頂きましょう。

Dsc00966

ここの特徴は、舌触りがなめらかで、ふんわりと空気の層cloudを蓄えた麺

Dsc00967

醤油たれをしっかりかけて、まぜまぜして、ずずず~~

う~ん、清涼感 wink

麺の空気の層にダシが染み込んで、旨いっす smile

***********************

で、最後は

わざわざ三津まで出かけて、写真を撮ったはずなのに、メモリーに残っていなかった“真中” 

一人だったので、なんとなく気になって、一枚撮るごとにカメラの電源をさっさと消したからでしょう。

ん~~happy02腹一杯つけ麺を味わいます。

さあ、メモリーカードも軽くなったので、また食べ歩くこっと shoe

(あれ? なんとなく、ダイエットした気分になって勘違いしてますね)

2009年8月28日 (金)

和楽 あやとり ★★★

うあ〜〜、0.5mmの黒豚が、舌の上で溶ける〜〜〜happy02happy02happy02

Dsc00921


まだまだ、あるものですね、松山

Dsc00911


飲み会の席でどなたに教わったか忘れてしまったのですが、酔っ払ってメモ帳に書いた”つゆしゃぶ あやとり”なるキーワードを頼りに到達しました。

Dsc00907


場所は皆さん良くご存じのキスケ WAO ANEX 三番町店横のビルの奥に入っていきます。

Dsc00914


基本、豚しゃぶしゃぶのみで、メニューもないお任せコースです。

鍋が沸くまでは、

Dsc00915


突き出しを頂いたり、

Dsc00919


揚げたての”じゃが串”にかじり付いて、感動に浸ったりしています。

表面できらりshineと光っている大きめの塩の粒が、熱で丁度溶け始めているのが、ご覧になれるでしょうか?

外はカリッカリでバターと塩の花(フルール・ド・セル)で絶妙に味付けがしてあり、中のじゃが芋は生から火の通る瞬間を閉じ込めたシャキッとした歯ごたえ

10本くらい食べたくなるのですが、ぐっと堪えて、お肉の登場を待ちます。

Dsc00921_2


このブログ始まって以来、初めて同じ記事に同じ写真を二回使ってしまうほどの、見事な黒豚スライスの登場 crown

これを一枚丁寧にすくって

Dsc00924


3秒ほど“しゃぶしゃぶ”して、

Dsc00930


たっぷりの白葱を、まるでご飯を海苔で巻くようにして、極上のそばつゆに浸した後、箸でゆっくりと口の中に運ぶのです。

肉の表面に浮かんだ、透明な脂が見えますか?

溶けるのです delicious

広がるのです smile

また一枚すくうのです lovely

繰り返します。

Dsc00933


一旦、揚げたてのお餅が登場して、一休みですが、まだ幸せに浸りたいので、

Dsc00923


お肉を追加して、葱も、そばつゆも追加するのです

ああ、恍惚 

そして訪れる、感情の崩壊   happy02 crying happy01

。。。。。。。。。

ふと我に返り周りを見回すと、常連らしき女性陣がワイワイとやっておられます。

やはり、あの層は旨いものをご存じだと感心。

お肉御代わりすると少し値は張りますが、それだけの価値は十二分。

久しぶりにお店のカウンターに住み込みたくなる店です。

2009年8月25日 (火)

悲しい300円

今回は食べ物とは直接関係ありません。

二日ぶりに家に帰り、契約している駐車場に車を停めようとすると、知らない車carが駐車しています。

ドアも閉まっているし、暫く待っても誰も現れないので、仕方なく少し離れた100円パーキングに自分の車を停めて、家路につきます。

家に帰って、A4の紙に赤マジックで以下のように書いて、再び駐車場へ向かいます。

”愛媛** △△△”の方へ

ここは個人の駐車場です。
私は、**時から100円パーキングに停めているので
代金を宜しくお願いします。

                   オーナーより

しかし、大半の方が経験するように、駐車場に着いたらその車は居ませんcoldsweats01

やり場のない怒りを抑えながら、100円パーキングへ自分の車を取りに行きます。

自分の駐車した番号を押して、請求された100円を払い車を出そうとしますが、車止めの板が下がりませんsweat01

まさかと見直してみると、私の車は18番、私が払ったのは16番です。

駐車場の地面に書いてある番号は、デジタルのような文字で、見誤りました。

改めて18番のボタンを押すと200円の請求。

どうやら、駐車時間が30分を少しまわったようです。

腹が立つやら pout、もったいないやら dollar、情けないやら crying

堀端の焼肉定食なら3回食べられます taurus taurus taurus

ト・ホ・ホ weep

2009年8月24日 (月)

Ercole ★★☆

さて、

今晩は”美川憲一は一流のエンターテーナーやね~~”と、余韻に浸りながら、気になっていたお店での久々デートに向かいます。

 

Dsc00752

"Ercole"は、和風の門構え

一歩入れば、白を基調とした異空間の店内 shine

Dsc00753_2

完全プライベートスペース確保 night

Dsc00760_2

で、向こうにみえるインテリアもオサレ eye

Dsc00761

あれ~

こんなにフォークとスプーンが並ぶの、久し振り wink

Dinnerで一番リーズナブルなコースをお願いします。

Dsc00764

前菜

”岩ガキのブルギュニオン風”などなど

ロマンチックな雰囲気ではありますが、お互い口をつくのは昔話+子供の話 wink

Dsc00768

パスタ

”バジルの冷製パスタ”

量が少ない感じがしますが、この皿は麦わら帽子を逆さまに置いた形で、以外に底が深いのです。ちょっと安心 delicious

ピーンと締められた麺には、たっぷりの完熟トマトとバジルソース

クルクルと上品にフォークに絡めて、舌の上に乗せると青臭く豊潤な緑の香りbudが包みます。

じんわりと噛みしめれば、麺の芯から心地よい冷たさsnowが喉の奥まで広がっていくのです。

Dsc00772

”鮎のロティー”

子供の頃から慣れ親しんできた鮎は、主に塩焼き、稀に甘露煮。

しかしここでは、クリームとビネガーのソースの上に焼き載せられています。

Dsc00773

フォークで身をほぐせば、中からは内臓の代わりに甘酸っぱいイチジクが出てきます。

川香魚の懐かしい香りが、甘い酸っぱい柑橘系をまとい、まるで、親戚のお姉さんが、異人さんに和服で嫁いだような不思議な気持ちになります。

Dsc00775

”黒毛和牛のロースト”

レアー温度は、そのほんのり赤く染まったウシ肉からエキスが迸るsweat01融点限界

赤身が被った帽子状の脂肪は、直前に融点限界を超えており、あふれ出したファットエキスがウシ赤肉の上を舐めるように伝わっています。

あとは口に運び、二つのエキスを舌の上で転がしながら混ぜるだけなのです。

Dsc00776

”マンゴーアイス”

イチジクで上品に締めて、御馳走様 wink

たまには、こんな雰囲気も、新鮮です note

2009年8月23日 (日)

堀端 ★★☆

今年のお日切りさんの初日は、延期された三津の花火と重なって、例年より人手が少ないようです。

さて、

Dsc00952

お参りを済ませた後は、のど自慢大会に集まった人をかき分けて、軽く一杯のつもりでうろうろしています。

Dsc00953

”堀端”は以前からconranzさんnomchanさんが”100円ランチ”を載せておられるのは、驚きながら拝見していましたが、期間限定の昼食のみで、夜は普通の居酒屋さんだろうと思って初入店します。

階段を上がると、右の中二階が座敷、左上の二階がカウンター席です。

中二階はほぼ一杯だったので、左上の二階まで上がると、中二階に戻るように指示されます。

Dsc00954

壁のメニューを見ながら、”ほほ~、サイコロステーキ食べ放題980円って、夜もお得なメニューをやっているのだな~”と、暫し座ってメニューの登場を待ちます。

さあ、10分ほど待って、ぼちぼち”メニューお願いしますbell”と二階の方に行こうかと思った頃に、店員さんが焼肉定食を持って現れます。

”やっと、注文できるわ happy01”と、待っていると、その焼肉定食がこちらに向かってきます。

Dsc00958

店:”お待たせしました~、焼肉定食です。”

私;”あの~、まだ注文してないんですけど coldsweats01 ”

店;”え?焼肉定食じゃないんですか?”

私;”っていうか、メニューを待っていたのですが coldsweats02 ”

店;”ああ、日曜は100円ランチの方ばかりなので、そう思って、100円です、コレ”

私;”え~~100円sign02  ソ、ソレ、戴きます lovely lovely ”

Dsc00959

山盛り千切りキャベツに、山盛り焼肉 taurus

甘い玉ねぎと、ニンニクと甘みの利いたタレとともに、ご飯をかきこみます。

歯ごたえもしっかりありますが、決して硬いわけではなく、噛み進んでいくうちに肉本来の旨みが染み出してきます。

まだ外国から輸入が無く、牛肉が晴れの日の超贅沢品だった小学生の頃、家のホットプレートで弟と奪い合うようにして食べた、あの肉の味がします。

全部食べきれない奥さんの分まで戴き、満腹penguin満足full

Dsc00961

帰りに看板を見ると、確かに100円定食の表示

私が伺った事を整頓すると。

1.日曜は終日100円定食を提供している。

2.平日はランチで380円定食を提供している。

Dsc00960

3.平日や日曜の夜は、上記メニューのしゃぶしゃぶ、ちゃんこ鍋、すき焼きコースを食べる事も出来る。良く見れば、女性は火曜日半額、男性も29日は半額+飲み放題1000円。

例えば、29日は男性だけで来ても、飲み放題付きで、すき焼きコースを一人2000円で戴ける訳です。

仕掛け人は、”味楽工房”でも有名なミート伊藤さん good

Dsc00956

こちらは単品で400円ですから、

焼肉定食(100円)*4人+生ビール(400円)*3杯+ソフトドリンク(200円)*2杯

=2000円(含む消費税)を支払って、

”え~とコレって、何回考えても、食事だけなら4人で400円だったて事だよね~catface”と、キツネにつままれたような気持ちで家に向かうのです。

2009年8月20日 (木)

かわよし ★☆☆

大好きな”根っこ”に行って、ブルーシールのアイスに梯子する時にいつも気になっているお店があります。

Dsc00666

”かわよし”の前は、通るたびにお遍路さんのバスや自家用車がほぼ満杯に停まっており、ただならぬ繁盛オーラを醸し出しています。初レポかと思いきや、さすが師匠が既食 coldsweats01

Dsc00668

写真入りのメニューで、基本チェーン店の雰囲気ですが、ここの量は半端ではありません。

Dsc00676

ご挨拶代りに、”うな丼(ハーフ)+1玉うどん(冷)”

Dsc00678_2

どうやら”ハーフ”なのはウナギだけで、ご飯は大盛り状態 full

ウナギも肉厚で脂肪たっぷり、がっつり系です。

Dsc00672

”めん三セット”

温泉卵そば、天ぷらうどん、やまかけうどんが、ほぼ一人前量wobblyだけ並んでいます。

Dsc00670

”とり天うどん”もビックサイズ。

右横のお猪口と比べてみて下さい。

ジューシーでソフトな鳥天がこれでもかと、ごろごろ並んでいます。

常連と思しきリーマンさん達は、かつ丼セットなどをきっちり満喫し、マンガを読みながら昼休みを過ごしています。

ここでギブアップすればメタボフードブロガーの名がすたります。

さあ、店を出て、三回ほどジャンプして、

ブルーシールのアイスに突撃するのです。

2009年8月16日 (日)

並ぶ街 

こら~、お盆は家にいて、ご先祖様をお迎えする日じゃないんか~い angry

(自分の事は棚の上の方に挙げて)

Dsc00876

誰じゃ~、東京はお盆に人が少なくて、閑散としているって言ったのは wobbly

Dsc00875

こら~、ファストパス”売り切れhairsalonって”なんじゃ~~ 

ついでに、”シー”の方が空いとるって言ったやつは誰じゃ~~ sad

”センタ・オブ・ジ・アース”の待ち時間220分て、なんじゃ~~

220分=60分*3+40分

三時間四〇分も待たせるsandclockって、そんな時間あったらほんまに地球の中心まで行けてしまうわい、こら~~~ dash

Dsc00877

どうじゃ~、”タワー・オブ・テラー”に110分並んでやったわい、参ったか~~

今日はこれくらいにしといてやろう gawk

夜の花火が終わり次第ホテルに向かったのに、お土産屋まで、人の波に押されて、商品にも近づけんがな~、見えんがな~~

Dsc00865

ホテルに帰って聞いたら、”今年一番の人手でしたfull”って、ええ~~ coldsweats02

ヒルトン”ハッピーマジックルーム”だけが、安らぎを与えてくれる場 heart04

この日は、飲みかけのビール片手にバタンキューじゃい!

Dsc00885_mini

こら~ ”ランド”も朝からコンクリートの照り返しの中、人を簡単に100分とか180分とか並ばせるとは、どういうことじゃ~~い

”モンスターズインク”は朝からファストパスが売り切れで、その上”240分”待ちって crying

240分=4時間やぞ、4時間!!

分で書かずに、”4時間”って書いたら、皆諦めるわい!

この炎天下の中、4時間も並んだら、自分がモンスターになるわ~いwobbly 

Dsc00890_mini

昼過ぎにはギブアップで帰っているのに、まだまだ続々と入場してるやないかい。

せめて、プーさんと写真撮ろうと思ったら、この列、なんじゃ~~い

でで、、

Dsc00894_mini

あんだけ並んだのに、まだ、品川のラーメン屋noodleに並ぶアホは、だれじゃ~

Dsc00899

期間限定の”青海苔つけ麺”

清涼感たっぷりのあっさり縮れ麺に、葱のギャンと効いた昆布豚骨出汁があうやんか~~

なに~~ penguin

Dsc00904

その足で、”初代けいすけ”梯子 

Dsc00901

”黒味噌ラーメン”って、カレーのようなスパイスと味噌が、半透明のつるつる麺とからまりながら、吸い込まれて行くやんか~~

残香も複雑やで~

こら~~

そんだけ疲れて帰って来たなら、ブログなんか書かんと、明日からの仕事に向けてしっかり休まんか~~い catface

まだテンション高いで~、決して”ああ、家が一番”とか言わんで~~、

洗濯機ぐるぐるtyphoonと、いつもより余計に回しとるで~~、こら~happy02

(今回は表現が荒っぽい事を、お詫び申し上げておきます)

2009年8月12日 (水)

えん家 ★☆☆

飲み会幹事をやっていると、どうしても大人数で行く所はチェーン店が多くて、食べ物似たり寄ったりで困ります

今回の飲み会の幹事は私では無く、違う観点だとやはり違った切り口の店を知っているようです。

Dsc00503

”えん家”は、決して派手さはないのですが、素材にこだわり美味しい物を出してくれます。

Dsc00504

今日はこんな感じのメニューです。

Dsc00508

”真蛸のバター醤油焼き”はテーブルの上の陶板で作るので、熱々です。

蓋をあけると、バターと醤油の溶け合った香りが立ち上ります。

Dsc00510

”真鯛の真丈”

出汁で上品に仕上げられています。身もホクホク delicious

Dsc00513

”豚バラと旬菜の串揚げ”

熱々で届ける気合いがみなぎる一品。ほろ苦い野菜がアクセントです。

Dsc00514

”いも豚ロースの蒸ししゃぶ”

目の前で湯気が出るまで蓋を取ってはならないです。

旨みのある豚と、甘味のある玉ねぎをもやしと一緒にポン酢で。

温かいものは温かくspa冷たいものは冷たくsnowboard

基本のようですが、きちんと守ってあるとそれだけで嬉しくなります。

* 幹事さん、ありきたりの居酒屋チェーンでの飲み会に飽きたら、一度お試しください。

2009年8月 8日 (土)

山河の手打ちうどん ★☆☆

今日は、ベルイマンさんの記事に触発されて突撃です。

Dsc00554

”山河”は、33号線を砥部に向かい、高速の下を通ってすぐ左手のノボリが目印。

車はお店奥の空き地に停めますが、通路が細いのでご注意。

暖簾をくぐると、年季の入ったカウンターを挟んでオーナー御夫婦と常連さんが世間話をしています。

Dsc00549

夏にも普通におでんがある正統派。み辛子をつけてガツンと戴く”スジ”は、うどんの前菜ナンバーワンと位置づけています。

おでんをつまみに昼間っからひっかけている年配の常連さんは、酒のみの最終解脱型。

適度に話を切り上げて、笑顔で帰っていく姿は粋なオーラさえ放っています。

さて、

Dsc00550

”月見うどん”

太めで不揃いな手打ち麺が、子供の頃の記憶の引き出しを開けてくれます。

箸で持ち上げると、麺が形を崩さないまま持ち上がります。

しかし、ひとたび口に入れて前歯で噛めば、さぬき系のような弾力はあまりなく、折れるように切れて行きます。

出汁の利いたスープを一緒に咀嚼すると、適度な噛み心地を経て、喉の奥に消えて行きます

”ああ、昔のうどんってこんなんやったわ recycle と、引出しの奥から声がします。

Dsc00552

”鍋焼きうどん”です。

愛媛に帰って来た頃は”うわっ、甘い”と感じていた肉の味も、今になってはこれくらいないと食べた気がしません bleah

パラリを七味を散らして、フウフウ言いながら先ほどの麺と千切り牛蒡や人参を持ち上げて頂きます。

肉から染み出てくるエキスと、野菜類の歯ごたえと土の香りは、うどんの具としてのゴールドスタンダードの実力を見せつけてくれます。

こんなお店と出会えるので、食べ歩きは止められないのです wink

2009年8月 5日 (水)

ばつぐん ★★☆

”さむぎょっふさる” sign02

”さるぎょっぷさむ” coldsweats01

”さむぎょっぷさむ” catface

上の三つの単語の違いが分かるあなたは、真剣に読んでいただているようで、感謝申し上げます。

で、

Dsc00732

二次会は歩いてすぐの”ばつぐん”

Dsc00733_2

分厚い豚ばら肉 pig を

Dsc00736

こんな風に鉄板で一気に焼きあげて spa

Dsc00738

たっぷりのチシャににんにく、キムチ、辛子味噌と包んで戴きます。

*食べ物の表現で”包”の漢字を見ると、気持ちが高鳴ります*

口の中で豚脂の旨みnotes、キムチの辛味wobblyと発酵的酸味deliciousが相まって、朝鮮半島の食の歴史の深さを舌感します。

で、正解は”さむぎょぷさる”です。

Dsc00740

”えびのチョン”

片手でホイッとつまんでサクサク

肉厚プルプリの海老を一気に、しっぽまで戴きます。

醤油だれが合うのよね~~ lovely

Dsc00742

”クジョルパン”トウモロコシの皮にいろんな具を包む、タコスのようなもの。

Dsc00747

こんな感じに乗っけてパクリ。

しゃくしゃく感と共に、ゴマ油の香ばしさがたちのぼり、野菜の甘みが広がります。

深夜に野菜がたっぷり摂れるのが良いですね。

この頃には、どの酒屋が良いだの何だのと、10年来の友人のように盛り上がり、帰る頃には次の月の予定を算段しています。

大食いに悪い人なし wink

第四回はどこ行こっかな !

2009年8月 3日 (月)

四十雀 ★★☆

第2回から、気がつけば早くも3か月経過 sweat01

一部のコアなファンの皆様、お待たせしました。

夏本番、第三回(IAT)居酒屋怪しい探検隊の幕開けです。

Dsc00693

ふふふcatface、我々は無駄に三か月の時を過ごしていた訳ではないのです。

今回は文字通り”探検”に近いロケーションの居酒屋さん。

Dsc00692

探検隊の切り込み隊長こと私は、下調べ二回目にして”四十雀”さんとの遭遇に至ります(一回目はあきらめて帰りましたcoldsweats01)。

Dsc00696

予定時間より早く着いたsweet隊長と私は、この右の階段を上がり、

Dsc00697

小部屋に通されて、新入兵を迎える準備万端です。

それでは、新入兵のご紹介を、、、

イデベノン; 戦闘能力 3000

彼は、第二回探検隊の時に入隊希望を表明されて以降、周囲が身構えてしまうほどの長くて情報の詰まったコメントを書き込んできた実績を引っ提げての初参戦

私自身もお逢いするまで警戒態勢レベル5で構えており、迷彩色のヘルメットと戦闘服を身にまとって入室bombしてきたら、目くらましをかまして逃げる覚悟runでおりました。

実際お会いすると、とりあえず風体は普通の感じ。

しかし、その右手にはHDDビデオを構えての入室。

デジカメしか装備していなかった隊長と私は、その動画録画装置movieにすっかりメモリ負けして、しり込みです。

Dsc00701

老舗ならではのメニューを眺め、

Dsc00698

付きだしでつなぎながら、お互いを探り合うのです。

入隊希望K; 戦闘能力 2300

わが隊に欠如している非メタボ・マッチョ系男性のパートを埋めてくれる爽やかガイgood

今回の探検では、他の個性的キャラに圧倒され発言の場は多くないものの、その食べ歩きにかける並々ならない情熱と知識を要所で披露します。

若く見えるも実は年上で、シッツレイします coldsweats02

Dsc00704

”ちゃんばら貝”でご機嫌を伺うと、イデベノン氏が”チャンバラの刀の出方が不十分”との先制攻撃。

Dsc00706

”これくらいならどうですか?”と恐る恐る私がびっぱり出した刀を提示し、彼の動画録画装置movieが我々に向けられる危機は脱却します。

Dsc00708

”いさき刺身””白魚おろし””うなぎ”などメインメニューがそろい踏み。

インターフォンで呼ばれて階段を駆け上がってくる店員さんは、我々が特異のデジタル機器を食べ物に向けている姿に、少したじろいでいます。

どれも、新鮮かつ丁寧な一品で、一同”これは当たり”との表情ですsmilesmile

Dsc00715

”レンコンの天麩羅”

この店の揚げ物は衣に既に味がついているのが特徴。火の通り具合も抜群で、しゃくしゃくの歯触りを楽しんでいる間のみ会話が止まります

キューティーハニー; 戦闘能力 未知数

どんなキューティーが現れるのかとの不安瞬時に希望に変える美しく颯爽shineとした登場

とにかく興味本位で参加した彼女は、仕事で遅くなった上に、

”今日は車で来たし、この後仕事の戻らないといけないので”とのコメント。

ブロガーが食べ物に同時に一斉にカメラを向ける様子にかなりハマっており、その写真を携帯で撮影 mobilephone

このブログを食べ歩きの参考にしていただているようですが、写真をクルクルとなぞっているだけのようで、細かい読み込みがたりないとの指摘に、キューティーな笑顔でお返事です。

今後、飲酒可能な時には、軽く5000を超えるsign03潜在能力を感じますcoldsweats01

Dsc00729

”チーズコロッケ”

B級グルメの王様的完成度 flair

外のカリカリと、中のトロリは最高のコクをもたらし、ビールの注文が加速されて行きます。

sweet隊長、aspara隊員は新たに強力な新入兵を得て満足の表情です。

”ぼちぼち、次へ行きましょう bell

一次会の途中から二次会の食べ物を想像し算段するイデベノン氏は、既にこの隊の斥候隊長の座を私から奪ったようです。

まだ、喰いまっせ~~~ up

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2