ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 幟立 ★☆☆ | トップページ | 山茶花 ★★★ »

2009年7月29日 (水)

あぐり亭 ★☆☆

”内子を攻めるなら、からりにある蕎麦みたいなうどん喰った?”

久しぶりに登場ですが、時々私を夜の街に呼び出す専務からの宿題です。

Dsc00619

”あぐり亭”は、新鮮な野菜や果物が豊富なご存じ”からり”にあるうどん屋さん。

Dsc00626

立体駐車場の敷地にあるのですが、

Dsc00621

眼下には川が見下すことが出来る、最高の立地条件です。

Dsc00620

まずは食券を買います。

Dsc00623

この暑さですから”ぶっかけうどん・冷”を戴きましょう。

Dsc00625

確かに麺の太さはうどんですが、色は蕎麦sweat01

揚げたての天麩羅や、からりならでは新鮮しゃきしゃき野菜と混ぜて戴きます。

ソフトな舌触りで入って来て、もっちりとした噛み応えが特徴。

出汁はしっかり効いていて、やはり南予らしく甘め

初めて食べるのに懐かしいような不思議な気持ち。

噛みしめるほどのもっちり感と、赤飯を食べているような独特と香りに包まれて、あっさりと完食。

からりに入ると、桃の匂いが立ち込めています。

その奥のレストランrestaurantも気になりますね wink

« 幟立 ★☆☆ | トップページ | 山茶花 ★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

片岡食堂に続き二度目の書き込みです!

正直言って、飲食店に関してはあまり自慢できる店の少ない町ですが(苦笑)、すっかり内子が気に入られたようで地元民として嬉しい限りです。

もうひとつ麺類でいうと、町の中心部から車で20分ほど離れた石畳地区にこの春オープンした蕎麦屋はご存知ですか?
わざわざ山形まで出向き、職人のもとで厳しい修行を積んだ、コワモテだけど優しい大将が真心こめて打ってます。(メニューはまだザルのみだったはず・・・)
このあたりは、水車小屋や枝垂桜、屋根付橋など日本の美しい原風景が残っており、「内子の隠れ家」的スポットとしてオススメですので、是非足を伸ばしてみてください。

さあ、次はいよいよ「山茶花」ですね~!

僕も2回目のカキコになりますhappy01
Take さんの紹介するとこは、いい穴場ですよupそこも有名ですが、内子商店街にある「下芳我邸」の天ざるそばはとてもみずみずしくて美味しいですよnoteもし、行った時がなければ寄ってみてくださいsmile

二度目の書き込み有難うございます。

石畳地区の新しいそば屋、気になりますが、”名前”とか”行き方”が分かりませんcoldsweats01

隠れ家的スポットなのでしょうが、宜しければ、是非具体的な到達方法を教えて下さい。

20分なんてものともせずに伺ってみます。

そうcatface、でも、どうして次が”山茶花”って分かったのですかwobbly

うどんの耕庵でもメニューにのった時期がありましたが、今はあるのかな?

先日、からりのイベントでいただきました。
もち麦のアイスは、はったいこ みたいで美味しかったです。

三回目以降のカキコも宜しくお願いします。
それにしても”穴場”って、益々気になりますね。


「下芳我邸」は手作りのロウソクの近くでしたっけ?旨そうな予感smile

私も耕庵(川内方面の)で食べたことありますが、ここのとは違うものでしたwink

”はったいこ”って四国で通用するのですか?大豆の粉ですよね。あれに砂糖入れて、口に含んでモサモサと子供の頃に食べていましたgood 懐かしい響きです。

地粉を使った麺を旅先で食べると格別ですよね。石畳地区の蕎麦屋さんはそば処「石畳むら」でしょう。地元の蕎麦を使っているようで原則週末の11~14時のみの営業のようです。もぎたて(5月3日放送)にも出ていましたよ。山茶花って凧博物館にあるのですか?全く知らなかったのでレポ楽しみにしています。

こんなうどん在ったんですね!
1回食べてみなければ・・・。ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

先週、石畳むらへ行ったので、
トラバというものをしてみましたが、
できたかしら???

「はったいこ」は40オーバーには通用します。
結構うまかったことないですか?
「かんころ飴「や「かんころ餅」も
原材料:はったいこですよね。

>>石畳地区の新しいそば屋、気になりますが、”名前”とか”行き方”が分かりません

そうそう、失礼しました!
すーさんのおっしゃる通り、そば処「石畳むら」といいます。こちらの方のブログが詳しいかな?
http://ameblo.jp/nnccb139/entry-10232825395.html

で、地図はこちら↓です。もし途中で道に迷っても、地元の人に聞けば優しく教えてくれますよ。みんな親切な方ばかりですから!
http://alike.jp/restaurant/reviews.html?target_id=1052059

>「下芳我邸」は手作りのロウソクの近くでしたっけ?旨そうな予感

そうですよhappy01手作りロウソク店(大森ロウソク)から坂を下り、伊予銀行の交差点を右に20mで着きますhappy02詳しくは、「洋食マザー」という店と、「おもちゃのリボン」という店に挟まれたところにありますupHPもチェックして下さいねwink
観光客の人気度はかなり高く、地元の人は意外と行った事がないという話を聞きます。
僕も店ができてから何年も経ってから食べに行きましたdash
天ざるそばを食べましたが、天ぷらは軽く、そばはみずみずしく、とても美味しかったです。ぜひご賞味あれup

おひさしブリブリですheart
マイブログがサービスを停止し、パソコンが壊れ、失意の日々を送って・・・いや、これ幸いと遠ざかっておりました(笑)bleah
ブログチェックはもちろんさせて頂いておりましたけどheart04

内子行ったら、下芳我邸さんは必ず行きま~す。内子座もお気に入り。夏は地下がひんやりしていいですsnow

またブログ立ち上げるかもかもですので、そのときはまたよろしくお願いしますw。メールの設定すらまだ復帰させておりませんがヽ(´▽`)/

そば処「石畳むら」情報有難うございます。
週末昼なら行けそうですが、少し遠いかな?

山茶花レポ、次です。良かったですよhappy01

ひで@松山さんの機動力runなら既に行っているかもしれませんね。
面白いうどんですよhappy01

トラバ大成功です。
それにしても、こりゃ山奥ですね~
素朴な蕎麦が美味しそうsmile
何時時間を作ろうか真剣に考えてみます。

”かんころ餅”は長崎ではサツマイモを薄く切って干した保存食です。たぶん五島列島が始まりだったと思います。はったいこを使ったかんころ飴、探してみますbleah

重ね重ねご丁寧な情報、有難うございます。
のんびりと訪れたいエリアですねsun

内子には親戚もおり時々行くのですが、ここの蕎麦は未体験です。なんか小洒落た古民家風の和風料理レストランには行ったことがあります。

内子五十崎エリアは奥が深いですね。子供の頃は普通の古い町並みだったのに、ここの町おこしは成功している感じがしますbell
楽しみが増えましたsmile

おお、お久しぶりです。

突然syaripomさんのブログが変な風になって心配していましたが、お元気で何よりですconfident

多分その間も沢山食べ歩きされてネタがあるでしょうから、ブログ復帰をお待ちしていますよhappy01

間違ってました!
かんころ餅の原材料はさつま芋です。
うちでは蒸したさつま芋を潰して粉と混ぜて餅にして、仕上げにまぶしてあるのが はったい粉だったようです。
由来は長崎のものが、変化したみたいですね

納得です!
餅状に練り直してあるのは上等なお菓子ですね。

かんころ餅を食べていた頃を思い出せば、ストーブの上で”酒粕”を焼いて”黒砂糖”を包んで食べていた記憶が蘇ってきました notes

先日あぐり亭でかきあげうどん(温)食べてきました♪
ほんとうどんなんですねぇlovely
 
ちなみに今からりのアイスはとうもろこしがオススメですshine
パフェだととうもろこしが、まんまカットされて乗っかってますよhappy02note
あの日はトマトジェラートのアンケート試食もいただきましたcatfacescissors

おっ、(温)とは通ですねwink
うどんには見えないうどんですよね。

パフェの上に、まんまのトウモロコシ?
それって”生”で でしょうか?

想像が膨らみます、、smile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45690300

この記事へのトラックバック一覧です: あぐり亭 ★☆☆:

» 内子 石畳むら [食べるかしゃべるか]
日曜日の昼前、「そういや、内子にうまい蕎麦屋がある」と聞き 「東の枝垂れ桜」で有名な「石畳地区」に行ってみることにしました。 道中、川がどこもかもえらいことに! 重信川は普段のチョロチョロがうそのようにドードー流れてるし、 中山の道沿いの川も、濁流がすごい勢いです。 目指す石畳地区は、石垣や段々畑や、昔ながらの山村の風景を 「屋根のない博物館」として保存している地区。 内子町役場を超えて、県道内子双海線を山手へどんどんのぼります。 「ホントにこの道?」と心配になるくら... [続きを読む]

« 幟立 ★☆☆ | トップページ | 山茶花 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008