ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 観察日記 | トップページ | たこめし三原 ★★★ »

2009年7月16日 (木)

青空食堂 樽味店 ★★☆

お目当てのすし水軍 rvcar

Dsc00483

長蛇の列ですが、

Dsc00485

タッチパネルで順番取って、ポケベルbell

横にある殆どのパンが100円のぶうらんじぇりぃ Apeを覗きましょsearch

Dsc00477

これが一個100円って、凄い時代が来ました sweat01

セルフで人件費削減のなせる技 dollar

普通に美味しいです。

さて後日、

長蛇の列の寿司水軍をスルーrvcar

Dsc00430

おっ、これは地産地消の先駆け”青空食堂”の郊外店発見。

Dsc00408

ここの”青空食堂 樽味店”コンセプトは”地恵地楽ダイニング” bell

ここまでくると、どんな意味か良く分かりませんが、地☆地△にしたかったのでしょう coldsweats01

Dsc00428

いきなり、自慢のお野菜達がお出迎え。

シックで清潔な店内は、中人数から小人数まで対応可能なテーブル席。

Dsc00415

”12品目のサラダ”で、スタートしましょう

一皿で一日に必要な野菜350gが摂れてしまう優れもの。

青空系列の野菜budは一味違いますね~、毎日でも食べたい清々しさ happy01

バジルとバルサミコのドレッシングが、野菜の甘みとマッチ。

普段は生で食べないカブやニンジンを子供達が率先して食べる様子が、その新鮮さと質の高さを語っています。

Dsc00422

”宇和海いなほ地鳥のレア焼”

表面はパリパリ、旨みが丁度良く抽出される温度に仕上がった新鮮な身に、醤油味のガーリックソースがかかっています。

二切れほど口に運んで、ジンワリと染み出るエキスを満喫。

”おお、この店やるじゃん”的笑みが自然とこぼれてきます。

Dsc00427

ぶっ飛びhappy02”伊予牛あばら肉の三日煮シチュー”

ホロホロに長時間煮込まれているのに、肉自体のエキスは閉じ込められたまま。

軽く箸で挟むだけで、繊維がほどけて、玉ねぎの甘さを十分に抽出したデミグラスが、全身に歓喜の鐘bellを鳴らして回ります。

表面カリリ、中は栗のようにホクホクの馬鈴薯がコレマタ最高 happy01happy01happy01

外せないひと品ですね。

Dsc00424

”宇和海いなほ地鳥照り焼きと有精卵温泉玉子の石焼まぜご飯”

名前を見ただけでも、唾液腺が開き始めますが、ジュージューと石焼きの壁にお米を押しつけるように混ぜていくと、唾液腺が全開モードに突入 kissmark

甘めのタレと温泉玉子の黄身が米にまぶされて、焦げていくのですspa

ああ~、ああ~、ああ~、あああ~ (ジュリー風にnote

地鳥自喰・地牛自溶・地米自幸smile

« 観察日記 | トップページ | たこめし三原 ★★★ »

大人数で」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

早速ですが、この青空というお店はどこなのでしょうか?
今治ですか??

こちらこそ、はじめまして。
初カキコ有難うございますhappy01

”すし水軍”と言えば今治が発祥でしたっけ。説明不足の分は追加しておきました。松山市樽味にあるお店です。

この通りは最近開拓されており、うどんの瓢月が大きな店舗を構えたりして、楽しくなっています。

これからも“勝手に松山ミシュラン”を宜しくお願いしますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45379137

この記事へのトラックバック一覧です: 青空食堂 樽味店 ★★☆:

« 観察日記 | トップページ | たこめし三原 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2