ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 七里茶屋 ★★★ | トップページ | 見境の無い麺喰い »

2009年6月28日 (日)

松葉家と㋣ 

今日は待望の東予方面へ rvcar

Dsc00197

zioさん”2008年愛媛ラーメン大賞”中華そば部門で大賞を付けられている”松葉家”に初訪問です。

軒並み閉まったシャッター街に、忽然と現れます。

Dsc00192

趣のあるメニューですね happy01

かなり歴史を店内では、昼下がりに常連思しきおじさんが一人中華そばを啜っています。

おばちゃんとさりげなく交わされている日常会話をBGMに、一瞬にして、昭和にタイムスリップ dash

Dsc00194

まずは、かなり長く煮込まれた”おでん”を、黒いスープの中から取り出します。味もしっかり染みていて、噛み応えがあります delicious

見た事の無い一口サイズ。煮込まれて凝縮したのでしょう heart02

そのまま、パクリと一口で頂きます。上のやつは”おっ、四国で珍しく、ちくわぶ?”と思いますが、かまぼこです。

Dsc00195

教科書正統的”中華そば”が登場 noodle

中華そばの必須アイテムである胡椒が少し効いている、醤油ベースのスープ。喉を通ると、コクが広がります。

懐かし旨い happy02happy02

コラーゲンリッチな厚めのチャーシューをかぶりつき、細めのストレート麺をすす~と流し込みます

時代の流れに翻弄されない本物の中華そばとの出会いに、少し興奮さえ覚えます。

さて、

Dsc00203

折角、西条まで来たのなら押さえて置きたい”マルト食堂”へ梯子 dash

tsuyosecreamさんも紹介されています。

Dsc00199

こちらでも”中華そば”を戴きましょう。

Dsc00200

透明度の高いスープは、醤油味が抑え目で、ダシがしっかりと効いています。

最大の特徴は、天かすと、多めの胡椒 eye

うどんとラーメンのハーフのようで、初体験です。

Dsc00201

あっさり出汁スープとスルスルストレート麺に、天かすを絡めながらうどんを戴く要領で含めるように一緒に吸い込みます。

そのままスルスルと戴き続け、気がつけばどんぶりの底を眺めて至福 delicious

Dsc00190

帰りは、東予丹原インターチェンジ近くの”周ちゃん広場”が超お勧めfishfishfish

Dsc00189

ここの魚屋さん、安くて新鮮で充実していますよ。

大好きなイイダコが大きなパックで500円。今朝採れ鰆の刺身半身で700円。

氷はセルフ取り放題なので、マイ・クーラーの持参をお勧めします。

PS; スパとソーダフロートで有名なドリップは2012年1月15日から一時休業中です。

 

« 七里茶屋 ★★★ | トップページ | 見境の無い麺喰い »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

さりげなくこんな近くに。。。

松葉家、㋣食堂の連食お疲れ様です♪
松葉家の使い古されたやかんに入った水、湯飲みもイイ感じだったでしょ?!

いや、研修の帰りで、つい、、
帰りって、方向逆ですねcoldsweats01

両店とも、tsuyoさん情報をもとに伺いました。
有難うございます。
老舗で個性が違い共存しているのがいいですね。
三軒目にドリップに行こうとしたのですが、健康面を考慮して次回にまわさせて戴きましたhappy01
ドリップ行く時は、ラーメン亭との梯子のつもりなので、お付き合いくださいpenguin

㋣訪問ということは、平日アタック!ですか?
ついに、平日昼ラメン♪
これからもレポお願いします!

ぎくっ coldsweats01
いや~、期間限定でした。

今治方面やはまんどは中々行けそうにありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45232600

この記事へのトラックバック一覧です: 松葉家と㋣ :

» 愛媛の水の都で中華そば三昧 [AZAKOHA日記]
さてさて、zioさんの記事からずっと恋焦がれていた松葉屋。 ついに単身突撃♪ おおっ!!ついに来た(*^^)v ここは天ぷら中華そば!と言い... [続きを読む]

« 七里茶屋 ★★★ | トップページ | 見境の無い麺喰い »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2