« Hiroとの出会い トロント最終編 | トップページ | 七里茶屋 ★★★ »

2009年6月19日 (金)

OSTERIA PRIMEUR ★★☆

久しぶりに会った先輩・後輩から、

”いけちゃん、本気でビル買ったかと思って暫く騙されてたよ”と苦笑い。

”所で、あそこのイタリアン知っとる?”と、そのまま二次会に流れますwink

Dsc00084

MBGB聖地の万寿を対角線上に渡ったビルの、

Dsc00083

6階に"OSTERIA PRIMEUR"があります。

かつて"GRAZIE"があった場所ですね。

ちなみにここは”松山バーガンディー”の姉妹店(by araoさん)

バーガンディーの時に”写真撮っていいですか?”の問いに”私ですか?料理ですか?”と素敵な笑顔で答えてくれたお姉さんがおられるので、多分そうでしょう。

Dsc00086_2


”写真撮っていいですか?”とお姉さんに確認しましたが、今回は”私ですか?”のお返事はありませんwink

Dsc00089

”スパークリングワイン”で、かんぱ~い bar

大人数でワイワイの会が始まります。

Dsc00094

”生ハム”

カウンターの向こうには大きな豚さんの足が横たわっており、切りたちを持ってきてくれます。

行儀が良くないですが、生ハムを手でつかんで口に放り込むと、熟成された香りがこみ上げてきて、”むむ、やるな!”の喜びがこみ上げます。

あとは脂が自然に溶けて、舌の上で踊るのに身を任せるだけです。

Dsc00096

今日の一押しは、”トリッパ”

牛の第二の胃袋(はちのす)を豆やトマト、ハーブの”イタリア風モツ煮込み”

適度な歯ごたえとイタリアンな味の奥には、はちのす本来の持つ肉の旨みが潜んでおり、噛めば噛むほど恍惚の世界への誘います。

あな、旨し penguinpenguinpenguin

Dsc00100

”生ハムとルッコラのピザ”

生地の火の通り具合、生ハムの香りの立ち方が最高で、後乗せルッコラと口の中で攪拌します。もっちりした生地の旨みを味わいながら、そうゆっくりと。。。heart04

Dsc00106

サラダの上には、ポウチド・エッグが乗っており、フォークの先でつつくと、半熟黄身ソースが、溢れ出します

新鮮な野菜やハムに、その黄金ソースをまぶしながらフォークに乗せて、ゆっくりと運んで行くのです。

いと、旨し penguinpenguin

Dsc00107

魚の皮はカリッカリ、身はホックホクの仕上がりに香菜ソースがたっぷり。

フォークを当てるとほろりと崩れて、ソースとの接触面積が最大化します。

料理が美味しいと会話も弾みます note

仲間とワイワイ、あーでもないこーでもないって最高ですね smile

« Hiroとの出会い トロント最終編 | トップページ | 七里茶屋 ★★★ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

happy02 happy02 happy02 こんにちわ~ lovely lovely lovely

朝から凶悪なブログを拝見してよだれと格闘しています。口中浸潤症になりました(笑)
美味しそうすぎます。ヒトの胃袋を刺激するような、人体に影響を及ぼすような写真やブログは劇薬扱いにしてもらわないと困ります。あはは。

今日もコメに来ました。失礼します。

今日はハモン・イベリコ・デ・ベジョータにロックオンです。
専用の木の枠の上に鎮座されているイベリコ豚さんの後ろ脚を是非見たかったでしゅ。
そう、トムとジェリーに出てきそうなあの骨付き肉の塊!色鮮やかな赤い色と刺しの入った身!これぞベジョータ(どんぐり)!
ベジョータって「どんぐり」って意味らしいです。イベリコという純血種の黒豚にどんぐりを食べさせて、半年放牧して50%以上太ったヤツだけをイベリコ・ベジョータとよぶそうです。
どんぐりのオレイン酸が身にしみてまろやかで甘みのある脂身になるのだそうです。自分にはなんとなくウマかった思い出しかありませんが・・・(結局よく分かってないんです!あはは)
太れなかったら・・・イベリコ・レセボと名前が変わって値段が下がるんだそうです。
ハモンは後ろ脚バレタは前足、当然後ろ脚が美味しいに決まってますよね。

なので、ハモン・イベリコ・デ・ベジョータは生ハム界のキング・オブ・キングなのです。
はぁ~~写真の赤身の所に白く刺しが入ってますよね、うまさの印ですね!はぁ~~!
価格2000円になってますね。
切り分ける量にもよりますが、これ、ものすーーーーーごく、お得なような気がします。
ハモンのブロックの価格から考えると、ほぼ原価に近いんじゃないかなぁ・・・・

凶悪な写真です。ヤヴァイです。

いつも充実したコメ有難うございます。
本文より考察が深く、私の適当文章の薄っぺらさがバレルのでは無いかと心配しておりますwink
さて、最近巷に生ハムが普及して嬉しいことです。食べ歩きで、私のハモンも最高級ペジョータ霜降りになっております。売り物にもならないし、困ったものです

お疲れ様ですー。 OSTERIA PRIMEUR
行かれたんですねー。
トリッパうまそー。

確か下の若い子と行ったので、結構食べてしまい出費が痛かったような気がします(;´Д⊂

でもみんなでおいしい料理を食べるってやっぱり一番幸せですよねえ

この日は二次会だったしワリカンだったのでそんなにかからなかった気がします。

下の若い人におごるなんて太っ腹ですね。

私はせこいですが、お腹だけどんどん太っ腹ですpenguin

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/45099247

この記事へのトラックバック一覧です: OSTERIA PRIMEUR ★★☆:

« Hiroとの出会い トロント最終編 | トップページ | 七里茶屋 ★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009