« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

見境の無い麺喰い

え~い happy02 noodle happy02

撮り貯まった”麺写真camera”、一気に公開 bomb

Dsc00028

”辛メンヤ”

Dsc00019

普通に頼んだ”辛さ三倍 spa ”

飲んだ後に、韓国風あっさりスープと軽い韓国乾麺はめちゃくちゃ合います。

寝る前に唐辛子を取り込むと、発汗作用sweat02と内臓刺激thunder作用で二日酔いが軽い

(気がしますsweat01

Dsc00023

プロレスラーみたいな後輩君は、最大25倍 typhoontyphoontyphoon

トウガラシの粉にスープを入れて練った感じの仕上がり。

こりゃ、全部は無理 coldsweats02

で、次 !

Dsc00033

”中華そば 創”

Dsc00034

炭火で炙った叉焼と、こってり透明スープ。

濃厚な出汁で、美味しインパクト大 thunder

Dsc00035_2 

ここは、つけ麺もあるようで、これからメニュー制覇が楽しみです。

さあ、次!

Dsc00082

アスター”坦々麺”

中太の中華麺に、肉味噌たっぷりの甘辛いタレがかかっていて、生卵を混ぜ合わせて頂きます。

量もしっかり有って食べ応え有るんですよね。

後からじんわりくる山椒の辛味も適度で、頻繁に通っています。

まだまだ、次 !

Dsc00169

”肱川ラーメン、豚骨味”

伊予灘サービスエリアで食べられます。

優しい味で、お土産を買えば自宅でも同じ味が再現できます。

で、最後、次 !

Dsc00208

”トムヤムクン・ラーメン”

成田空港の待ち時間に戴きます。

平たい米で出来た麺は比較的キレやすいですが、酸っぱいスープに合います。

既に、ここは海外か?量も二人前位あり、食べ終わる頃には汗だくです。

これで貯まった写真 noodle camera が掃けました。

あ~、すっきりした happy02

2009年6月28日 (日)

松葉家と㋣ 

今日は待望の東予方面へ rvcar

Dsc00197

zioさん”2008年愛媛ラーメン大賞”中華そば部門で大賞を付けられている”松葉家”に初訪問です。

軒並み閉まったシャッター街に、忽然と現れます。

Dsc00192

趣のあるメニューですね happy01

かなり歴史を店内では、昼下がりに常連思しきおじさんが一人中華そばを啜っています。

おばちゃんとさりげなく交わされている日常会話をBGMに、一瞬にして、昭和にタイムスリップ dash

Dsc00194

まずは、かなり長く煮込まれた”おでん”を、黒いスープの中から取り出します。味もしっかり染みていて、噛み応えがあります delicious

見た事の無い一口サイズ。煮込まれて凝縮したのでしょう heart02

そのまま、パクリと一口で頂きます。上のやつは”おっ、四国で珍しく、ちくわぶ?”と思いますが、かまぼこです。

Dsc00195

教科書正統的”中華そば”が登場 noodle

中華そばの必須アイテムである胡椒が少し効いている、醤油ベースのスープ。喉を通ると、コクが広がります。

懐かし旨い happy02happy02

コラーゲンリッチな厚めのチャーシューをかぶりつき、細めのストレート麺をすす~と流し込みます

時代の流れに翻弄されない本物の中華そばとの出会いに、少し興奮さえ覚えます。

さて、

Dsc00203

折角、西条まで来たのなら押さえて置きたい”マルト食堂”へ梯子 dash

tsuyosecreamさんも紹介されています。

Dsc00199

こちらでも”中華そば”を戴きましょう。

Dsc00200

透明度の高いスープは、醤油味が抑え目で、ダシがしっかりと効いています。

最大の特徴は、天かすと、多めの胡椒 eye

うどんとラーメンのハーフのようで、初体験です。

Dsc00201

あっさり出汁スープとスルスルストレート麺に、天かすを絡めながらうどんを戴く要領で含めるように一緒に吸い込みます。

そのままスルスルと戴き続け、気がつけばどんぶりの底を眺めて至福 delicious

Dsc00190

帰りは、東予丹原インターチェンジ近くの”周ちゃん広場”が超お勧めfishfishfish

Dsc00189

ここの魚屋さん、安くて新鮮で充実していますよ。

大好きなイイダコが大きなパックで500円。今朝採れ鰆の刺身半身で700円。

氷はセルフ取り放題なので、マイ・クーラーの持参をお勧めします。

PS; スパとソーダフロートで有名なドリップは2012年1月15日から一時休業中です。

 

2009年6月23日 (火)

七里茶屋 ★★★

高速を降りても寄るだけの価値があるうどん屋さん wink

Dsc00148

”七里茶屋”は、松山にJターンした頃上司に連れて行って戴き、それ以来高松方面に行った帰りは高速を降りて寄っています。

見切れていますけど、横の店(旧ブルドック)の“近日・リニューアルオープン”も気になりますね bleah

Dsc00144

甘くしっかり味付けしてある”稲荷”は少し小振りですが、存在感があります。

濃厚な味わいで、高まるうどんへの気持ちを抑えて登場を待ちます。

Dsc00146

美しいシンメトリー heart04

”てんぷらうどん”の登場です sign01

揚げたてえび天は、箸で持つとずしりと重みを感じる高密度。

さっくり衣が、上品なうまみだしを吸い取ります。

Dsc00147

ここは、出汁も麺もかなりのハイレベル。

透明感のある真っ白なもち肌をすすると、舌の上を滑るように口に入ってきます。

しっかりした歯応えと同時に小麦の香りが出汁の香りと相乗効果。

別皿で出てくる擦りたての生姜を乗せると、清涼感が加わり違う楽しみ方ができます。

好きなうどん屋さんの三本指threeに入ります。

今まで何気に通り過ぎて居られた方は、次回通る時のお楽しみにgood

2009年6月19日 (金)

OSTERIA PRIMEUR ★★☆

久しぶりに会った先輩・後輩から、

”いけちゃん、本気でビル買ったかと思って暫く騙されてたよ”と苦笑い。

”所で、あそこのイタリアン知っとる?”と、そのまま二次会に流れますwink

Dsc00084

MBGB聖地の万寿を対角線上に渡ったビルの、

Dsc00083

6階に"OSTERIA PRIMEUR"があります。

かつて"GRAZIE"があった場所ですね。

ちなみにここは”松山バーガンディー”の姉妹店(by araoさん)

バーガンディーの時に”写真撮っていいですか?”の問いに”私ですか?料理ですか?”と素敵な笑顔で答えてくれたお姉さんがおられるので、多分そうでしょう。

Dsc00086_2


”写真撮っていいですか?”とお姉さんに確認しましたが、今回は”私ですか?”のお返事はありませんwink

Dsc00089

”スパークリングワイン”で、かんぱ~い bar

大人数でワイワイの会が始まります。

Dsc00094

”生ハム”

カウンターの向こうには大きな豚さんの足が横たわっており、切りたちを持ってきてくれます。

行儀が良くないですが、生ハムを手でつかんで口に放り込むと、熟成された香りがこみ上げてきて、”むむ、やるな!”の喜びがこみ上げます。

あとは脂が自然に溶けて、舌の上で踊るのに身を任せるだけです。

Dsc00096

今日の一押しは、”トリッパ”

牛の第二の胃袋(はちのす)を豆やトマト、ハーブの”イタリア風モツ煮込み”

適度な歯ごたえとイタリアンな味の奥には、はちのす本来の持つ肉の旨みが潜んでおり、噛めば噛むほど恍惚の世界への誘います。

あな、旨し penguinpenguinpenguin

Dsc00100

”生ハムとルッコラのピザ”

生地の火の通り具合、生ハムの香りの立ち方が最高で、後乗せルッコラと口の中で攪拌します。もっちりした生地の旨みを味わいながら、そうゆっくりと。。。heart04

Dsc00106

サラダの上には、ポウチド・エッグが乗っており、フォークの先でつつくと、半熟黄身ソースが、溢れ出します

新鮮な野菜やハムに、その黄金ソースをまぶしながらフォークに乗せて、ゆっくりと運んで行くのです。

いと、旨し penguinpenguin

Dsc00107

魚の皮はカリッカリ、身はホックホクの仕上がりに香菜ソースがたっぷり。

フォークを当てるとほろりと崩れて、ソースとの接触面積が最大化します。

料理が美味しいと会話も弾みます note

仲間とワイワイ、あーでもないこーでもないって最高ですね smile

2009年6月16日 (火)

Hiroとの出会い トロント最終編

トロント3日目朝 sun

仕事を一段落させた私の目に、

Dsc00315

ホテルのすぐ横のホットドックスタンドが飛び込んできます。

Dsc00316

"Polish sasusage, please"とお願いすると、”日本人ですか?”の返事

夜中の9時から朝の9時まで12時間 clock ここで働いて、昼間は航空関係の学校に通っている"Hiro"の笑顔にとても親近感を覚えます。

”あら、日本人なん。ブログやっとるけん、写真camera撮らせてね happy01

Dsc00319

茹でたソーセージにナイフで切り目を付けながら焼いて、

Dsc00317

玉ねぎ、ピクルス、コーン、マッシュルームなど好きなものを載せて、

Dsc00321

好きな物をかければ完成。

ポーランド風ソーセージは初体験ですが、歯ごたえと重量感があり、かなりお腹一杯になります

ジャンクフードって、なんだかんだfastfood、やっぱ旨いですね~ smilesmilesmile

”明日も来るよ~”と、冷めないうちにホテルの部屋に向かいます。

Dsc00328

さて、トロント海岸通りの”イヌイット博物館”

イヌイットはカナダ北東に住むアジア系の民族で、プリミティブで歴史の深い芸術文化を持っています。

石や骨などの素材を見て、そのインスピレーションに沿って彫っていくとの事。

Dsc00330

これはクジラの背骨から、

Dsc00331

これは、サメの顎の骨
先端は白熊、あごの部分はアザラシになっているのが見えますか?

初体験の文化に感動 weep

Dsc00332

でも、作者の芸術家”親戚のおっさん風”なのが、妙に素敵です。

Dsc00342

この日は、ピーカン sun

再びJillの案内でストリートカーや地下鉄を駆使して、

Dsc00346

チャイナタウンや、

Dsc00354

メキシコ料理restaurantに舌鼓 

”グワカモレ”は、私が一番好きなメキシコ料理です。アボガド、ライム、シアントロ(香菜)を潰して、チップに付けて食べるの最高 happy02happy02happy02 です。

Dsc00364

勿論、”地ビールbeer忘れてません。

結局、この日は catface 夕食も食べないで眠りsleepyこけます

Dsc00371

出発の朝、空腹で目が覚めると、ホテルの部屋からHiroの屋台が見えます。

Dsc00369

この日は、彼お勧めの”All Beaf Jumbo Hot Dog” 3ドルdollar

Hiroは広島出身。1年間の予定でカナダに来て4か月が経った所。

はにかんだ笑顔の奥の目には、夢を持つ者の特権の輝きshine

彼の”ブログ見ますから”の言葉を挨拶に、短い出会いはひとまずおしまいwinkです。

PS;

この後、空港の出発前airplaneに、最後のあがき full

Dsc00378

”クリスピーチキンハンバーガー”

揚げたての大きい鳥カラ+マヨネーズ+パン

旨くない訳、ないっしょ crying lovely crying

Dsc00379

名残惜しや ”地元・生ビールbeer

Dsc00380

胃袋はGive up sweat01 でも、うっかり目に入った”ジャンバラヤ”って、なんやろ?

トマト野菜煮込みソースの平べったいうどんsweat01

帰りの飛行機の機内食には手を付けず、ひたすら眠りこけるのでした sleepy

new hiroさんご本人、カキコに登場sign03 Welcome to 勝手に松山ミシュラン new

2009年6月14日 (日)

Junとの再会 トロント2

Junはカナダの日系二世 cherryblossom

サンフランシスコに居た時に、同じ職場で知り合った友人です。

コンピューターエンジニアの父と、科学者の母と共に、彼が三歳の時、光化学スモッグが充満した当時の世田谷区からカナダに移住したとの事。

Dsc00246

さて、

トロント到着翌日に、時差で明け方の4時に目が覚めた私は、日の出を待って街を散策signalerです。

Dsc00240

CNタワーのてっぺんは雲がかかっています。

私と同時にジョージブッシュとビルクリントンがトロントに来たらしいというのが、タクシーの運ちゃん情報ですが、街は整然としています。

Dsc00242

朝7時に旧市役所前のスタバで、OAK BAR(雑穀米を固めたような甘いお菓子)と
コーヒー
 cafe

Dsc00244

目抜き通りでは、朝からこんなsexyなお店も発見 heart02

さてさて、 pen

Junは彼が育ったトロントに私が行くと言うので、里帰り。

少し逢わない間にSummit, Merritの二児のパパになっています。

Dsc00252

ホテルのロビーまでお迎え note

高校卒業と同時に親元を離れた彼とは、英語日本語半分ずつの会話。

発音やニアンスは完璧ですが、親との会話で覚えた日本語なので、家族と喋るようなフランクな日本語

日本人は”滞在がたった数日でも、親戚・職場・友人にお土産を買う習慣がある”と伝えると、”それじゃ、なんにもデキナイネ!”とニヒルに眉を動かします

奥さん韓国人系カナディアン。

アジア人独特の腹芸が通用する居心地のいい人 happy01happy01happy01

カナダ人だけあって、決断がクリアーです。

”奥さんにはコレ!娘さんにはコレがいいと思うわnotesとトロントの目抜き通りの店を、自分の庭のようにかけぬけて、私のお土産リストに×を付けていってくれるのです。

Dsc00264

ビールが好きな私の為に、地元のビールが揃った店にも連れて行ってくれたり、彼の新しい職場の上司(7千万円の家に住むゲイらしいのですが)に日本では見たこともないような大きなデキャンタのプレゼントを買ったりしているうちに昼が過ぎます。

Dsc00254

お昼は”点心”北米では"Dim Sum"の名前で浸透しています。

Dsc00253

メニュー一覧の好きなものにチェックを入れて渡すシステムです。

こちらの昼は、私にとっては真夜中3時位。

”僕のベットで眠ってsleepy、夜の生ビールbeerに備えたら?の言葉に救われます。

Junと話していて興味深いのは、彼の言葉や生活の殆どは英語new、日本語cherryblossomは両親との会話に限られています。

私達は、親から覚えた言葉も社会から学んだ言葉も日本語なので、そこに線引きはありませんが、彼らを見ていると人生で覚える言葉の大半は親以外からなのだと実感するのです。

その反面、根底に流れている言葉にしなくてもこちらの気持を汲んでくれる優しさheart04は、日本人の両親からでしょう。

子育て真っ最中の私には、なにかそのヒントkeyのような気がしてなりません。

Dsc00265

仮眠後生ビール受け入れ態勢100%の私を、Junが夕食に連れて行ってくれます。

昨日のJill御一行とも合流。

Dsc00275

カナダに来たならやはり”ステーキ”の私。

厚くて、ジューシーで噛み応え旨みが嬉しい迫力です happy02

Dsc00276

Junは”魚の丸ごと焼き!”

フォークとナイフで上手に捌いていきます。

Dsc00287

最後は、Junの両親の家に移動して、孫の相手が忙しい合間を縫ってのJunママ手作りの”フルーツタルト”と、

Dsc00288

Junママ手作りの”チーズケーキ”を自宅でお呼ばれsign01

濃厚かつ繊細な仕上がり happy02

その工程でも下ごしらえから通して、じっくり仕上げられたって事は、舌と上顎でこするようにして戴けば、感じ取れます。

自然体でありながら、細やかな”おもてなしjapanesetea”に感激・感謝しながら、私は世の中に“縁heart01”があるのだと確信する夜なのです。

(”あんたが厚かましいだけやろ~”って言わないでね)

2009年6月12日 (金)

Jillとの再会 トロント1

Jillとの最初の出会いは、20年近く前。

当時住んでいた街にJET (Japan Exchange and Teaching)プログラムによるALT(外国人語学指導助手)が配属されたころです。小中学校の英語の時間に、外国人教師が配置されるプログラムで、それ以前は地方で外国人を見かけるのは稀でしたよね。

田舎町に大挙して訪れた”ガイジンさん”達に圧倒されながらも、知らず知らずに仲良くなり、彼女が帰国した後もfacebookを通じて交流が続いています。

すっかり慣れてしまいましたが、ネットやメールって我々の生活様式を大きく変えましたね。

さて、

Dsc00206

最近は国際線の搭乗手続きも自動化されています。

予約番号を打ち込んだ後に、右下の口にパスポートをかざして進めていきますが、空いている席があれば自由に選択できます。エコノミー一番後ろの通路側に変更します。

Dsc00219

エアーカナダはエコノミーでも自分専用のモニターが座席の前についています。テレビ番組、映画、ゲームなど選択肢も豊富です。映画も、クラッシック、家族向け、ドラマなど8つの項目から選べます。再生・ストップも自分のペースで出来るので最高。

ただし言語は英語とフランス語しかないのでcoldsweats01、 ちらちらと試しに再生した後は、この日の為に買ったポータブルDVDにお世話になります。

Dsc00222

CNタワー(日本で言えばJRタワー)の見えるホテルにチェックインした後は、ホテルの部屋で休憩しながら彼女達の到着を待ちます。

Dsc00234

Jillと母親のEstaと久しぶり再会のハグ。

この動作、私は何回やっても慣れないので、腰がくの字に引けますcoldsweats01

挨拶も早々に”お腹がすいたんやけど”と持ちだす私に、”相変わらず食べ物の事、最優先やね”と指摘されて、彼女が連れて行ってくれたのは”The Distillery District”

19世紀のウイスキー工場跡を再利用した、レストランやショッピングセンターが集まるトロントのおしゃれスポットです。

Dsc00225

63番のPure Spirits Oyster & Grillで、地元生ビールで再会の乾杯beer

ここでも食べ物関係の昔話 eye

Jillは日本の食べ物では、茶碗蒸しと紫蘇のふりかけが懐かしいとの事

ふりかけは送ってあげられますが、茶碗蒸しは難しいですね。

Dsc00226

"Oyster Bar"には、さまざまな種類の生牡蠣が殻つきのまま、氷の上に並んでいます。

面白いのは牡蠣の品種 sign02

写真を良く見て頂くと、”KUSHI”,”SHIGOKU”,”KUMAMOTO”などの日本語が並んでいます。

日本から牡蠣の種を輸入して、こちらで養殖しているのでしょう。

”九州”、”四国”、”熊本”という品種だと思うのですが、北アメリカの食文化にまで日本(四国も)が完全に溶け込んでいます。持論ですが、SHIGOKUは御荘牡蠣が渡ったのではないでしょうか?

Dsc00227

写真上はSHIGOKU,下はKUMAMOTO

真中にチーズのように載っているのはホースラディッシュ、いわゆる西洋山葵

Dsc00230

”KUMAMOTO”です。

昨年ボストンでもKUMAMOTOを頂きましたが、小ぶりで濃厚な味が特徴です。

彼らはケチャップや酢醤油みたいなものをかけますが、もともとの塩味で十分。

熊本の牡蠣はこのように小ぶりなのでしょうか?どうやってこれが東海岸に渡って定着したののかは、とても気になります。戦後の動きでしょうが、今まで知らなかった日本と北米の繋がりを探してみたいです。

Dsc00231

どんぶりのような“ロブスターのパスタ”

ペコペコのお腹を満たして有り余るくらいの迫力ですが、期待したロブスターは小さいミンチになって混ぜ込まれています。

カナダとアメリカは同じ英語を喋るし、イギリスをオリジナルとしてるのに何で違う国なのか?昔は良く男女どちらが働くべきかって議論したね!なんて話をしながら、時間はあっという間に過ぎて行きます。

Dsc00235

明日も会う予定だし、到着初日の夜に飛ばしすぎると海外旅行は大変なので、この辺で切り上げます。

本物のガス灯を眺めながら、”体は疲れるけど、やっぱり海外大好きhappy01と深く深く感じてホテルへのタクシーを拾います。

Dsc00237

ホテルのロビー階のバーでは、夜中を回ろうというのに、短パンを履いて帽子を被った典型的北アメリカン達が、バスケットの試合を見ながら盛り上がっています

行ったん部屋に戻ったものの、収まりつかない興奮を抑えるため再びロビーに降りてI.P.A.を煽ります。

同じ日の17時に日本を離れairplane、只今こちらの24時

24-17+13(時差)=20時間 clock

日本を夕方5時に出発して20時間後にやっとベット飛び込むのですsleepy

2009年6月 8日 (月)

丸山農場 ★★★

2006年1月6日以来、当ブログの累積ヒット数が100万超 up

ギネス記録1日ヒット数の四日分に相当(微妙~coldsweats01) 

これも、いつも見て頂いている皆様のおかげです happy01

記念すべき第1回には、今でもお付き合いのあるnomchanさんからコメントを頂いています。

初カキコpenは”てるちゃん”さん。初カキコの嬉しさを忘れずに、これからもマイペースでやっていきますので、気が向いた時に遊びに来て下さいね。

さて、

”白身が二層になっている卵”を自動販売機に買いに行きましょうsign01

Dsc00011

まずは、伊予川内線を川内から伊予方面に走ります rvcar

Dsc00010

そうすると、右手にこんな看板が見えたら右折 

Dsc00009

看板をよく見て、この角を右折

Dsc00003

”え~、こんな舗装していない道の先にほんとにあるん?”と思いながらも土の上を進むと、”丸山農場”が見えてきます。

Dsc00006

”大玉(双子)”が確実に入ってる”はっぴー”は売り切れなので、

Dsc00007

”紅白”を自動販売機で購入。

茶色系と白色系の鶏が産んだ卵がミックスされています。

”高成”が近いので、この日はうどんの後に寄ります。

さて、割ってみましょう happy01

Dsc00029

黄身の立ち具合の凄さは一目で分かりますが、よ~く見ると白身が二層になっています。

産みたてプルンプルンheart02

Dsc00031

よ~く混ぜて、ご飯に乗っけて、すこ~し醤油を垂らして、また混ぜてsmile

ずずず~と吸い込めば、ふんわりと空気を含んだ滑らかな舌触りの後に、ねっとりとした旨みが広がります。

新鮮だからこそ味わえる透き通った切れ味の余韻に浸っていると、無意識に次の一口をかき込んでいます。

叫ばせてください karaoke

”た・ま・ご・か・け・ご・は・ん、最高~~~~ happy02 happy02 happy02 ”

2009年6月 6日 (土)

Dining Cafe Polly! ★★☆

イギリスの田舎町の一角を切り取って、東温市に持ってきた空間。
Dsc00002

前を通る度に気になっていた"Dining Cafe Polly!"へ happy01

玄関先には色んな種類の花が整然と並んでお出迎えです。

Dsc00003

いや~、本格的ですね。

Dsc00008

ご両親が住んでおられたイギリスに何回も足を運ぶ内に、この雰囲気の虜になったとの事。

お洒落な小物が整然と並んでいて、とても落ち着いています。

Dsc00011

”日替わりケーキセット”でティーcafeを頂きながらあたりを見回すと、何よりも目を奪われるのは、庭の美しさ shine

この手作りのケーキも甘すぎないしっかりしたスポンジで、お上品crown

Dsc00004

お願いすると、箱庭の散策が出来ますよ。

Dsc00009

小屋の中、何が入っているか気になりますよね~~wink

ふふふ、童心に帰ってご自分の目で確かめてみてください。

Dsc00015

そうそう、ここの”BLTサンド”、旨いです smile

Dsc00014

少し焦げ目がつくくらいにトーストされた薄切りのパンに、カリッカリのベーコン(B)、フレッシュなレタス(L)と、ジューシーなトマト(T)

大きめに口を開けて、一気に半分くらいかぶりつけば、ベーコンの香ばしさとベジタブルの瑞々しさをマヨネーズソースがきめの細かいスクランブルエッグごと、まとめ上げてくれます。

口の中一杯に幸せが広がり、母校ケンブリッジsign02のカフェで食べたBLTを思い出させるのです。

Dsc00010

今度は、美しいガーデニングの花々に囲まれながら、庭のチェアーでのアフタヌーンティーに訪れましょう wink

2009年6月 2日 (火)

祇園 ★★★

相変わらずお好み焼きにハマってます。

街中の締めラーメンで大好きな”あづま家”さんにかつて勧めて頂いた”祇園”へ。

”風風亭 樽味店”の近くなのですが、カーナビがえらい遠廻りを強います。近くに行くと分かるのですが、店に行く道は時間帯によって一方通行なのでご用心

Dsc00142

老舗人気店で予約していった方がいいと言われたのですが、何気に向かうと一階は満席で、二階の最後の一席が空いています

あぶね~とこです coldsweats01

Dsc00117

まずは、年季の入ったメニューを眺めてみましょう。 

Dsc00119

”すじねぎ玉”です。

ここの基本は昔ながらの自己作成式。それと一枚の量が多めです。

普通、お好み一枚では足りないので焼きそば追加なんてやってしまいますが、胃袋が普通サイズの方で、つまみ食べたりするなら大人3人にお好み2枚くらいの感覚でしょう。

Dsc00120

”チーズ玉”

Dsc00124

”貝柱玉”

それぞれを底から返すように混ぜて、鉄板の上に広げます。

Dsc00126

少し水気が多いので、時間がかかります clock

あまり平べったく広げるとひっくり返す時に割れ目がはいるので、写真右下のお好み焼きくらいに盛り上げて焼いた方が良いでしょう。

Dsc00131

しょうゆ味でぷりっぷりの”イカゲソ”をつまみに、

Dsc00132

冷えた”生ビール(大)”を流し込みます。マヨネーズと比べて頂ければ分かりますが、本格的大ジョッキも久しぶりに対面です。

Dsc00133

20分近く経ったでしょうか?

生地の端っこが硬くなって泡がぷつぷつしてきたら、ひっくり返し時です。
くどいようですが、具が海産物やスジの時は表面が硬くなるくらいまでじっくり待ちましょう。また、チーズもねっとりなるので普通に思う二倍の時間は待った方がいいです。

殆ど自己作成式のお好み焼きの経験がない上に、私の言う事を聞かないで”お好み焼きなんだから、作りたいように作るのangry自己流をつき通した我が家の女性陣のお好み焼きは、

Dsc00134

写真左上のように、空中分解hairsalonです。

まあ、味には変わりないでしょう coldsweats01

Dsc00135

じゃ~ん、上手に完成、貝柱玉 

Dsc00138

時間をかけてふんわりと蒸し焼きにされた厚手の生地には、貝柱やかつお節などのエキスが閉じ込められています。青のりを好きなだけトッピングして、ふ~ふ~と戴くのです。

時間をかけて濃縮された複雑な味わいsmileに、待っただけの価値あり smile

 

二階の他のテーブルは赤ちゃん連れの家族や、会社の飲み会の方々で盛り上がっています。

各テーブルも焼き方にそれぞれ個性が出るようで、あーでもないこーでもないのワイワイ notes

お好み焼きの焼き方って性格が出るので盛り上がりますね wink



« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009