ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« かあちゃんに会ったらばくだん? | トップページ | イシヅチさん?(途中まで) »

2009年5月 5日 (火)

歓喜庵★★★

定額給付金+高速道路1000円+母の古希

Dsc00019

”歓喜庵”にお出かけです。

黒瀬ダムを見下ろす絶景のロケーションに、乳白湯の温泉。

Dsc00023

師匠のブログでみてから、気になっており、今回はひと月前から囲炉裏と露天風呂が付いた離れ”月庵”を予約です。

地図の通り行けば着くのですが、最後に黒瀬ダムの周りの道から右に上がっていく所には何の標識もありません(後から聞けばこだわり)。

第六十番札所・横峰寺に向かう道を入ればすぐに分かります。

Dsc00005

離れの前に車を止めていると、作務衣姿のフレンドリーな女性の方が現われて、”今日はお泊まりはお宅らだけなんですが、大人数の宴会が入っているから、先に内風呂にはいりませんか?”と勧められます。

時間が早く貸し切りなので、息子と二人で早く湧いている”女湯spa”に通されます。

なにげに嬉しいwink

Dsc00004

湯の花が湯船の底に沈殿していて、それを体に擦り付けながら眺めを楽しみます。

Dsc00011

”はい、次は本館の露天風呂へどうぞ”と外にでると息をのむ絶景。

Dsc00014

湖の方に乗り出すと、一望できます。

裸でこの景色が見られるのです fuji

Dsc00026

風呂上りで敷地内をうろうろしながら女性陣が風呂から上がるのを待っていると、”いけちゃんさん、これ、採れたてです”と、先ぼどの店員さんに瑞々しいイチゴを頂戴します。

元々、横峰寺の門前旅館をされていた社長が趣味で建てたり掘ったりした庵や温泉を、要望があって公開したのがここの始まり。

従業員さんも社長さんの友人らしく、自然体の接客。

”友人のおばさんの家に遊びに行った”くらいの距離感です。

Dsc00022

さあ、離れの月庵の囲炉裏の火が起きたら、お待ちかねの夕食の開始。

Dsc00028

南予では”すいこんぼう(酸っぱいごぼう)”の通称で呼ばれている”いたどり”の和え物に代表されるように、地元の山の恵みを中心とした構成。

飾りっ気は無いのですが、血液を浄化してくれるような透明感。

Dsc00038

地の野菜や鶏肉、牛肉をゆっくり、ゆっくり炭火で焼きながら戴きます。

焼きあがった所の隅っこに塩を付けて咀嚼すると、素材の実力がジワリと浮き出てきて、おのずと噛む回数が多くなります

海産物の天麩羅も、囲炉裏の横で自分達で揚げながらほくほくと口に運びます。

Dsc00035_2

打ち立ての腰のある”蕎麦”は、お代わり出来ないのが残念。

Dsc00042

その場でお釜で炊き上げたサツマイモご飯は、シンプルなだけにその素材の旨さが引き立ちます。

禁断の”締めごはん三杯お代わり”をした後は、

Dsc00046

地酒を傾け、寝そべりながら炭の番をします。

”おばあちゃんの足よりこんだけ大きくなったんよ”と、孫に足を合わされている母親は、少し冷える山の夜の中でも囲炉裏の横で、頬と目じりが赤く緩んでいます。

Dsc00021

離れに付いてる露天風呂は24時間温かいお湯

夜風に誘われるように外に出ると、空には降るような満天の星shineshineshine

松山から車で一時間ですが、まるで別世界。

体の芯まで緩みます catfacecatfacecatface

Dsc00052

翌朝、鶯の声で目を覚ますと、囲炉裏には小さい炭の火が残っています。

昨晩、禁断の三杯お代わり飯をしたはずなのに、朝から目の前でお釜でご飯を炊き上げられると、禁断の朝食三杯お代わり飯 riceballriceballriceballpenguin

山の恵みが詰まった土鍋で作った味噌汁を片手に、これが迎え酒ならぬ”迎え飯”

日本の食文化と生活の原点を舌と肌で感じると、腹の底からエネルギーが湧いて来るの事を教えてくれる場所なのです。

« かあちゃんに会ったらばくだん? | トップページ | イシヅチさん?(途中まで) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ、 ここ何度か行こうとしたんですが 休みの前はいっぱいで予約がとれないんですよ。 一度行ってみたいと思います。

でも このブログに載ったから しばらくは余計に取れなくなったかも。 うーん(゚ー゚;

fujiやっちゃいましたね。

この絶景と素材重視の料理と温泉。

お母さん共々寿命は3年延びましたね。

この後、過飲過食で帳消しにしないようにしなければ…。

意外に県外の人の利用が多いようで平日は空いているようです。この日は土曜日でしたが、もう一つの庵の星庵は空いていました。雰囲気だけ見に行くなら蕎麦と風呂だけのランチコースもあるみたいです。
 4人が基本のサイズなので、気の合う方とゆ~~くりと過ごすにはお薦めですね。

nomchanさんのブログを見た時から、狙っていました。詳細な情報有難うございました。
 夜のごはん三杯、朝ごはんも三杯pig
お腹もリラックスして、しっかり過食の二日でしたcoldsweats01

行ったことある人から「なかなかいいよ」って聞いてたんですが、なかなかどころではないですね。
露天風呂からの景色など四国のものとは思えません。

手作りな感じです。
お客の要望に合わせて置かれたテレビは映るチャンネルが殆どなかったり、覗こうと思えば、外から庵の中の様子はある程度見えたりとか、そこもコミコミでいい感じでしたwink

こんにちは(*^-^)

歓喜庵、雑誌で見てずっと行きたかったお宿です!
愛媛にもこんな素敵な所があるんだと感動したのを覚えています♪

ブログを拝見して、ますます行きたくなりました
ゆったりとした時間をのんびり過ごしてみたい☆

日頃の疲れが取れるはず!!

まさに絶景!!デスね。
『定額給付金』で道後温泉に泊まりに行こうとしているウチの親に、アドバイスしておきます。
ついでに便乗して。。。

いつも”迷走”ぶりを楽しみに拝見しています。
国内外のリゾートに精通してるミミさんも、ここで日本の良さを再確認されると思いますよ。
上にも書きましたが、荒削りなところ込みで良かったです。
山の上で周囲に電気が無いと、日本でもここまで星が降るのかと、懐かしさを感じましたよhappy01

ここの匂い、15年前までは私の周囲でも当たり前の匂いでした。気が付けばコンクリートに囲まれて、指一本で風呂までセット出来てしまう生活にを振り返る良い機会でした。
便乗レポ、お待ちしていますwink

良いなー日本の温泉とお料理。

今度日本に行く折りはぜひここにも泊まろうと思いました。
露天風呂... 一寸勇気がいるかも知れませんが、お星様が沢山見えるとの事、ますます行きたくなって来ました。

その他たくさんのおいしそうな写真、見ているだけで次回日本でなにを頂こうかなと思いました。
どうもありがとうございました。

次は御家族連れでトロントにいらして下さい。
お待ちしております。

え~~~、michikoさんって、あの。。

その節は、大変お世話になりました。手作りのブルーベリータルト+アップルパイは初体験の味で、とっても美味しかったですhappy01

私の実家もここみたいな星の降る田舎ですので、次回日本に来られる際には、予定を長めにとってごゆっくりといらして下さいcherryblossom

帰国後デジカメの写真を見せた家族からは、是非、次回は一緒に行きたいとのリクエストでした。お忙しい処にお邪魔したのに、大歓待で恐縮しております。

そちらでの滞在は、近いうちにblog化しますので、またここを覗いてみて下さい。素敵な日本人との出会いもありました。

海外にお住まいの日本人には少し酷な食べ物写真が並びますが、お友達にも宣伝して戴ければ喜びます。

カキコ(日本のブログの世界では”書き込み”をこう省略します)有難うございました。また、お会いでき日まで、いつでもカキコして下さいね。

とりあえず、お礼までに

こんにちは
両親の傘寿のお祝いを口実に、近場の温泉に行こうと思い、お正月に広島から松山に向かうフェリーで購入した「四国GajA」という雑誌をめくっていて「歓喜庵」を見つけました。
囲炉裏と乳白色の露天風呂に魅了され第一候補地になりました。
行こうと思ったらリサーチせずにはいられない私。
ネットで調べまくっていたらこちらにたどり着きました。
で、傘寿祝い旅行先、決定です。
ありがとうございました。
早いとこ日にちを決め、予約しまぁすhappy01

傘寿祝いおめでとうございます happy01
テレビはありましたが、映りません(でした)。食事はシンプルです。お米が炊き立てで最高です。星が降るようでしたhappy02別天地を満喫出来ると思います。
山の中腹なので、この時期、露天風呂に行くまでかなり寒いと思われます。家の中は囲炉裏で温かいですけど、予約のときに露天風呂もこの時期やっているか確認されてもいいかもしれません。
親孝行、お楽しみください spa

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/44847289

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜庵★★★:

« かあちゃんに会ったらばくだん? | トップページ | イシヅチさん?(途中まで) »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2