ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 福祉交流館・あい ★★★ | トップページ | 秀苑 ★★☆ »

2009年2月11日 (水)

興居島に春を迎えに

春の風に誘われて、海へ出かけましょう。

かってここに行くつもりで鹿島に行ってしまいましたが、今日は間違えません。

先ずは伊予鉄高浜駅の前にあるフェリー乗り場へ。

Dsc00011

約一時間おきにカーフェリーが出ています。

時間少し前に行くと、

Dsc00008

直接乗船し、出港を待ちます。

Dsc00010

こちらは中島行きで人だけ。

Dsc00012

船は時間になると音もなく出発。

出港した後にバスの車掌さんのような鞄を持った人が車に集金に回ってきます。

料金を集めるグラサンのおじさんが妙にシュールcatfaceです。

Dsc00016

乗車証には運転手の分は含まれており、子供以外の同乗者の料金を払います。

車の人は基本的には車の中に乗ったままですが、二階には座席もあります。

走っている最中にサルキジが二階の立ち入り禁止部分に入っていると、軽トラックの地元のおじさんに”こら~、危なかろ~が、降りんか!”と大声で怒鳴られます。

親の監督不行き届きで恐縮coldsweats02ですが、よその子でも本気で怒ってくれるおじさんに、この島の懐かしい温かさを予感します。

Dsc00017

あっという間に、初・興居島上陸

ひょうたん型の島は周りをぐるりと一周出来ると聞いています。

島全体の地図はこちらへ

泊港につくので、港から右折して、ひょうたんの上半分を廻る様に反時計まわりで出発 rvcar

Dsc00023

すぐに”和気比売神社”が見えてきます。

Dsc00025

”岩神神社”には海上安全の神様が祭られており、近くの小高い丘に上がれば、

Dsc00024

海の見える場所に兵隊さんのお墓。墓石の先端が四角垂に尖っているのが特徴。

向こうに見えるのは高浜方面ですね。

Dsc00027

ひょうたん型の上半分を一周し、くびれに当たる部分の反対側にでれば、瀬戸内海が一望できます。

綺麗な海を覗くと、テトラの間に小さな魚が集まっており、手を伸ばせば届きそう。

心地よい潮の香りに心と体が洗われます catfacecatface

ひょうたん型の下半分は主にみかん栽培地 

海沿いに島を廻る道も離合出来ないほど細く、くねくねとアップダウンを繰り返します。

Dsc00029_2

県外出身者の奥さんには、道路に無造作にみかんが落ちている光景がショッキングな様子。

今までは”愛媛ではミカンは貰うもので、産地に行けば道に落ちている”と、スーパーで嬉々としてミカンを買ってくる奥さんに説明しても信じて貰えませんでした。

車で通ると、甘い香りが漂います confident

Dsc00031

”恋人峠”

瓢箪の下半分を廻って、泊の港に近づいてくるとこんなお洒落な場所もあります。ここから眺める松山方面の景色は最高です。

Dsc00030

肌寒い中にも、ひしひしと春の訪れを感じます tulip

Dsc00034

港近くのアロエの花も、暖かいせいか株が大きく、花の色も鮮やか

Dsc00036

2時間ほどのshot stayでしたが、大喫full喫です。

訪れる前は”興居島みかんセンター”とか”興居島みかん饅頭をお土産に”みたいな道の駅的なものがあると思っていましたが、私が見渡した範囲では、自動販売機と地元の方が買い物するスーパーのみで、特に観光客目当ての施設は無いようです。

夏に、BBQセットでも持って行って、人気の少ない砂浜でのんびり海水浴なんか良いでしょうね。

おっと、これで終わると、食べ物ネタがありませんね。

帰りに寄り道 note

Dsc00038

レトロな雰囲気を残しながら新しくなった伊予鉄三津駅には、

Dsc00041

”風月堂” cake

それから、

Dsc00003

松山観光港から市内方面に抜けるトンネルを帰ってくると、以前紹介した”しんせんや”近くにあるケーキ屋さん”Petit Petit”

女性スタッフ中心の優しい雰囲気の店内にはケーキやクッキーの甘い香り。

Dsc00006

濃厚なカカオとチョコで小旅行の疲れを癒すのですlovely

 

« 福祉交流館・あい ★★★ | トップページ | 秀苑 ★★☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じ時期に同じような行動をしてましたね。
私は三津オンリーでしたが。
海を渡る春の風がここちよいですね。
ここのケーキ屋さんは知りませんでした。
さすがミシュランですねhappy01

宮前小学校に通っていた事がある私ですが、三津の渡しは初めて知りました。wikipediaで調べると、湾内を無料で往復する渡し舟みたいですね。
陽気がいいので、今週末でも行ってみたいです。勿論FLORは外せませんsmile

はじめまして!
転勤で東京にいるころから
ずっと楽しみに拝見しています。
petit petit、帰省したとき、
車で通って、気になっていたんです。
ケーキ屋さんだったんですね。
今度行ってみます♪
私もブログで松山の良いところ(郷土料理など)を徐々に紹介しています。
また情報がありましたら教えてください。お願いします♪♪

興居島、フェリーが2ルートありますが、ikechanさんは、泊港に行かれたんですね。
子供のころ、よく、由良港行きのフェリーに乗って、家族で潮干狩りに行きました。降りた所の砂浜で半日頑張れば、バケツに2,3杯のアサリが取れたものです。
三津駅に移った?風月堂、神戸の風月堂と縁があるとか聞いたことがあります。
「petit petit」、くま、ねこお気に入りのケーキ屋です。シュークリームとエクレアが美味しいですね。
三津の渡しは「松山市道」なので、無料です。人のほか、自転車は乗せてもらえます。

初カキコ、有難うございます。
貴ブログ写真の、被写体(食べ物)との距離感、ビビットな色合いは勉強になり、感激しましたhappy02
広島と愛媛のどちらにもお詳しいようですが、広島と三津のお好み焼きがどのような交流を経過して今の形に落ち着いたのか、非常に興味があります。
御帰省の際にでも、意見交換をして、掘り下げる機会があれば楽しそうですね。
これからも宜しくお願いします。

ものしりくまさん。教えて下さいcoldsweats01
実は、この小旅行のあとに、三津近辺に住む友人にも同じような事を言われました。
”泊港と由良港に30分置きに行ってるんよね”。
しかし、私がこの時、高浜港で見た時刻表に由良港の文字はありませんでした。
由良港行きは出港場所が違うのでしょうか?

渡しが国道なんて、面白いですね。近いうちにまた出掛けてみますship

興居島行きのフェリー、同じ高浜港から出航します。
ただし、運営会社が違うので、泊行きの会社の時刻表だけを見たのでは?
ちなみに由良行きは、http://www005.upp.so-net.ne.jp/kofujikisen/
泊行きはhttp://nttbj.itp.ne.jp/0899613224/index.html
になります。
そのほか、フェリーに乗り遅れて遅くなった人や急用の人を運ぶ海上タクシーも運行しています。
三津の渡し、「市道」とは思えない風情があります。

なるほど!
確かにHP二つありますね。この日は前の船に乗り損ねて、そこのおじさんに”今出たばかりやけん、1時間後においで”と言われた為、1時間1本と信じ込んでしまいました。
まあ、その一時間でpetit petitに行ったのですけど(^.^)
有難うございました。今度の休みは三津の渡しに出かけてみます。

こんにちは。
広島は去年の4月からなので実はあまり詳しくないんです(笑)
広島と三津のお好み焼きの交流の歴史、興味深いです。実はまだ三津焼き食べたことないんですよ。そば入りを台つきというんですよね。具は主に何が入ってるんでしょうか?
正統派以外に変わったお好み焼きのメニューなどあるんですか?

私も三津でお好みを食べた事はありません。
聞く所によると、台付きを半分に折った形で出てくるもので、漁師さんや船乗りさん達が手軽に船内に持ち込めることから発展したらしいです。
“三津焼き”の旗のあるお店で確認しておきますねup

三津焼きってどんなお好みなのか
気になります。
三津のおいしい魚が入ってたら美味かも♪
日生のカキオコみたいに・・シャコオコとか
タコオコ・エビオコ・・アナゴオコ・・じゃこ天オコ・・とか??(笑)
楽しみにしてま~す。

ごご島の活性化のため、今後も記事をお願いします^^

ごご島の方でしょうか?
春が来たらまた足を伸ばしてみます。ここはお薦めってポイントがあったら教えて下さいね happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/44011348

この記事へのトラックバック一覧です: 興居島に春を迎えに:

« 福祉交流館・あい ★★★ | トップページ | 秀苑 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2