« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

Freshness Burger ★★☆

銀天街に突如として現れるアメリカンエリア denim

Dsc00005_2

”FRESHNESS BURGER”は手作りアメリカンスタイルのハンバーガー専門店。

入店するとカウンターで注文するのは他のチェーン店と同じですが、決してマニュアルチェックではありません。

私達の後にはハーフの子供達を連れた白人男性も注文しており、その本格的実力をサポートしているのだと納得です。

Dsc00003

”Classic Burger”

Dsc00004

この後、たっぷりとケチャップとマスタードをかけて、手をベトベトにしてかぶりつきましょう happy02

シンプルな作りだからこそ味わえるオニオンとビーフのハーモニー

肉の味がしっかりしていて、オニオンの刺激と良く合います。それを受け止めるパンも重厚 fastfood

Dsc00002

温かく甘い”チャイ”ですっきりと仕上げるのも良いでしょう。

電話しといて、店の前でドライブスルーしている人もいますね。

2009年2月20日 (金)

阿呆鳥 ★★★

最近の〆ラーメンは100%ここの”あづま家”

その大将が、”焼き鳥はあそこが美味しいですよ。”と勧めてくれた事を、泥酔していてもメモに残した食べ物系反射神経pencil

運動神経が衰えるにつれて研ぎ澄まされていきますcoldsweats01

Dsc00006

さて、”阿呆鳥”は少し街の南にある、こじんまりとした焼き鳥屋さん。

一見普通のお店ですが、1978年からのたれ甕を使っておられると伺い、俄然期待が高まります。naoさん も書いておられますが、宇和島に本店があり、次男さんが暖簾分け。本店はお父さん、お母さんとお兄さんがやっておられ、たれも肉も本店と同じものだそうです。

まずはメニューをじっくり

Dsc00010

ふむふむ、生モノ系で始めて、ご飯系で〆ようかな?

Dsc00009

うわ、ヒヨがあるわ。これ食べんといかんhappy01

Dsc00016

”刺身の盛り合わせ”

この一皿でここの肉の質が分かります。清涼感にあふれます。

Dsc00022

”はつ、れば、かわ、つくね”

兎に角驚くのはこのたれshineshineshine

歴史あるタレはコクに何とも言えない深みがあり、鶏の旨味を引き出しています。

鳥自体も新鮮なのが調理してあってもはっきりと分かります。

Dsc00027

”ササミカツ”はソースで頂きますが、スパイシーな下味が付けてあります。

Dsc00018_2

”焼き鳥丼”

串焼きした数種類の焼き鳥を甕のたれにつけて、串をさかさまにしてたれをどんぶり飯にかけ回します

串先から垂れる旨み凝縮エキスが、ぐるぐると何回も白米に落ちて染み込んで行くのを見ていると、こちらの頭も一緒に回ってしまいますtyphoontyphoontyphoon

それを数回繰り返し、串から抜いた肉を載せて、刻み海苔。

秘伝の甘辛たれがたっぷりかかったご飯と、こんがり炙られた焼き鳥を一緒に頂けば、脳味噌がガツンガツンと揺さぶられてます。

Dsc00029

”ひよ”

一見グロテスクですが、おしりの茶黄色い部分eyeに注目して下さい。この時期にしっかりと栄養を蓄えたこの部分がある”ひよどり”しか使っていないとの事。

この脂身から染み出してくる旨みは、焼き鳥エキス大賞間違いありませんhappy01

他の部分も少しずつちぎって、骨ごと噛みしめると、ジビエチックな味わいがじんわりと染み出してきます。南予では良く知られている貴重品です。

Dsc00020

”焼きおにぎり”

炊き込みご飯の旨さが濃縮され、表面のパリッとした香ばしさが絶妙です。

失礼ながら店構えも、店内の雰囲気にもあまり期待はしていなかったのですが、この鶏肉の質のよさと、タレの深みにお手上げです。

”本店を超えることでは無く、本店の味を再現する事が目標です”と真面目に語る大将は元全日本のレスリング選手。

開店二年目であまり知られていませんが、間違いなく★★★

ここは、通うでしょう。

編集後記: 既に、通っています。

2009年2月17日 (火)

和良家 ★★☆

雑誌のお好み焼き特集常連”和良家”さんは、11号線を東温市方面に向かって行くと右手に見えてきます。

昼時に何度か挑戦しましたが、駐車場が満車だった為、ピークを外して入店成功。

Dsc00009

三時前の店内では、ジャージ姿のカップルがビールを飲みながら鉄板をつついています。自分ちのリビングのようにくつろいでいる姿は、休日昼下がりの達人ですね。

遅めの昼食の私は、

Dsc00004

”関西風スペシャル”

Dsc00008

”定食セット”です。

別に”ごはん大盛り”って言ってませんよ coldsweats01

Dsc00007

スペシャルだけあって、豚肉、イカ、海老と贅沢な具がちりばめられています。

キャベツが細かく切ってあり、全体がふんわりと仕上がっています。具から染み出したエキスを出汁がしっかりと包み込んでいて、口の中で解ける様に広がっていきます。

タレの甘辛感を堪能した後には、キャベツの甘味が抜けていくのです。

有名店は、やはり一味違いますね。

このエリアは、お好み焼き老舗名店(平和ポプラ)が密集しており、食べ比べるのも楽しみです。

平和未食、ポプラはハードユーザーでそば餅入りがお気に入りです。

2009年2月15日 (日)

秀苑 ★★☆

good居酒屋怪しい探検隊(IAT)は、何の前触れもなく第一回目を迎えます。

Dsc00015

無論、探検は平日仕事帰りに行われます。

第一回メンバーを御紹介しましょう happy02

Sweet隊長; 最近始めたブログにすっかり嵌っている癒し系リーマン。

F隊員;    ローカルIT系社長pc ちょび髭が少し怪しい。 

I隊員:    私 sweat01

ネットを介して知り合ったおじさん3人組が、初めて選んだお店はここ。

Dsc00017

”秀苑”です。

IATはこの様な地元密着型居酒屋を発掘・探検しその良さを広めるという言い訳で、”色んな人と呑んじゃお”って会

あくまでも、”居酒屋”を訪問する”怪しい探検隊”で、

決して、”怪しい居酒屋”を訪問する探検隊”ではありませんwink

Dsc00019

とてもフレンドリーな女将さんと、かなり高齢なお母さんの二人で切り盛りしています。

Dsc00018

本日のお勧めを見ながら、探検品を物色します。

Dsc00024

会の発足を祝って”天とらふぐ”で乾杯bottle

2軒目だった事もあり、記念すべき第1回でどんな議題だったのか?盛り上がった事だけは覚えていますが、内容は覚えていません。

その辺のグダン・グダンな感じも探検隊の目的をしっかり果たしています。

Dsc00032

”実は好物はカレーライスや揚げ物で、魚より肉の方が好きなんだよね”と、第1回目から隊長が衝撃のカミングアウト taurus

その要望にお応えして”春巻き”を注文です。

とにかく皮の部分が何層にもなっている上に、パリパリのサクサク。下ごしらえがしっかりしてある具の様々な食感に驚かされます。

Dsc00030_2

”サヨリ天”です。

料亭の天ぷら風では無く、中学生の頃に母が作ってくれて、揚げたてを横からつまみ食いしていた様なフライです。

Dsc00033

ソースをかけて手でつまんで口に放り込むと、ホッコラと蒸し揚げされた白身に旨さが凝縮しています。高齢のお母さんを囲んでの世間話が盛り上がり、まるでどなたかのお家にお邪魔しているような感覚になります。

Dsc00034

隊員Fとミカンに関する話で盛り上がっていると、”くずでよければ”と大きな玉を丸ごと頂きます。

お尻から親指を入れてむくと、パ~と弾けるような清々しい柑橘がほとばしります。瑞々しさに夢中になり、丸ごと1個頂きます。

蜜柑の一部がぱさぱさになる事を”コメになる”って言うのですね。

隊員の酔度も十分上がり、第1回探検無事終了 pouchpouch

あまりに楽しかったので、先日昼間に松山じゅうを文字通り歩き回り(銀天街、大街道、ロープウィー街、文京区、本町、山越、萱町商店街、古町、JR、旧空港通り)数軒の次回候補居酒屋を発掘しました。

隊長、次の号令をお待ちしておりますmailto 

2009年2月11日 (水)

興居島に春を迎えに

春の風に誘われて、海へ出かけましょう。

かってここに行くつもりで鹿島に行ってしまいましたが、今日は間違えません。

先ずは伊予鉄高浜駅の前にあるフェリー乗り場へ。

Dsc00011

約一時間おきにカーフェリーが出ています。

時間少し前に行くと、

Dsc00008

直接乗船し、出港を待ちます。

Dsc00010

こちらは中島行きで人だけ。

Dsc00012

船は時間になると音もなく出発。

出港した後にバスの車掌さんのような鞄を持った人が車に集金に回ってきます。

料金を集めるグラサンのおじさんが妙にシュールcatfaceです。

Dsc00016

乗車証には運転手の分は含まれており、子供以外の同乗者の料金を払います。

車の人は基本的には車の中に乗ったままですが、二階には座席もあります。

走っている最中にサルキジが二階の立ち入り禁止部分に入っていると、軽トラックの地元のおじさんに”こら~、危なかろ~が、降りんか!”と大声で怒鳴られます。

親の監督不行き届きで恐縮coldsweats02ですが、よその子でも本気で怒ってくれるおじさんに、この島の懐かしい温かさを予感します。

Dsc00017

あっという間に、初・興居島上陸

ひょうたん型の島は周りをぐるりと一周出来ると聞いています。

島全体の地図はこちらへ

泊港につくので、港から右折して、ひょうたんの上半分を廻る様に反時計まわりで出発 rvcar

Dsc00023

すぐに”和気比売神社”が見えてきます。

Dsc00025

”岩神神社”には海上安全の神様が祭られており、近くの小高い丘に上がれば、

Dsc00024

海の見える場所に兵隊さんのお墓。墓石の先端が四角垂に尖っているのが特徴。

向こうに見えるのは高浜方面ですね。

Dsc00027

ひょうたん型の上半分を一周し、くびれに当たる部分の反対側にでれば、瀬戸内海が一望できます。

綺麗な海を覗くと、テトラの間に小さな魚が集まっており、手を伸ばせば届きそう。

心地よい潮の香りに心と体が洗われます catfacecatface

ひょうたん型の下半分は主にみかん栽培地 

海沿いに島を廻る道も離合出来ないほど細く、くねくねとアップダウンを繰り返します。

Dsc00029_2

県外出身者の奥さんには、道路に無造作にみかんが落ちている光景がショッキングな様子。

今までは”愛媛ではミカンは貰うもので、産地に行けば道に落ちている”と、スーパーで嬉々としてミカンを買ってくる奥さんに説明しても信じて貰えませんでした。

車で通ると、甘い香りが漂います confident

Dsc00031

”恋人峠”

瓢箪の下半分を廻って、泊の港に近づいてくるとこんなお洒落な場所もあります。ここから眺める松山方面の景色は最高です。

Dsc00030

肌寒い中にも、ひしひしと春の訪れを感じます tulip

Dsc00034

港近くのアロエの花も、暖かいせいか株が大きく、花の色も鮮やか

Dsc00036

2時間ほどのshot stayでしたが、大喫full喫です。

訪れる前は”興居島みかんセンター”とか”興居島みかん饅頭をお土産に”みたいな道の駅的なものがあると思っていましたが、私が見渡した範囲では、自動販売機と地元の方が買い物するスーパーのみで、特に観光客目当ての施設は無いようです。

夏に、BBQセットでも持って行って、人気の少ない砂浜でのんびり海水浴なんか良いでしょうね。

おっと、これで終わると、食べ物ネタがありませんね。

帰りに寄り道 note

Dsc00038

レトロな雰囲気を残しながら新しくなった伊予鉄三津駅には、

Dsc00041

”風月堂” cake

それから、

Dsc00003

松山観光港から市内方面に抜けるトンネルを帰ってくると、以前紹介した”しんせんや”近くにあるケーキ屋さん”Petit Petit”

女性スタッフ中心の優しい雰囲気の店内にはケーキやクッキーの甘い香り。

Dsc00006

濃厚なカカオとチョコで小旅行の疲れを癒すのですlovely

 

2009年2月 9日 (月)

福祉交流館・あい ★★★

なんだかとっても懐かしいカレーに出会います restaurant

Dsc00001_2

”福祉交流館・あい”は障害者通所施設が経営する食堂。

Dsc00002_2

”ここのカレーは最高やぞ!”と連れて行って戴いた隣部署の専務の特別注文で、

Dsc00006

”ビーフ野菜+チキン”の半々にして頂きます。

注文を取りに来たり、食べ物を運んで来るのは障害者の方々。さりげなく飾ってある花がこの店の雰囲気を象徴しています。

Dsc00007_2

”ビーフ野菜”は、ふんだんに長時間煮込まれた野菜の甘味が懐かしく、とろける寸前の形を保っている玉ねぎが絶妙です。

Dsc00008

”チキンカレー”は、ピリッとしたルー中にチキンのうまみが粉々に溶け込んでいます。

Dsc00010

手づくり感あふれる落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食後のコーヒーを頂きながら、話を伺います。

障害者の社会活動を支援する為に作られたそうですが、場所柄と昼の営業だけの為か、まだまだ浸透していないとの事。

健常者のおばさん達が料理などを担当し、そのほか部分を障害者の方々が分担して受け持っています。

Dsc00015

手土産に買った”たこやき”一つ一つが大きく、クリーミーな仕上がり

この店の目的が商業ベースでは無いためか、素朴ながら非常に家庭的で落ち着く味に仕上がっています。値段も低く抑えてあり、かなりのお得感があります。

Dsc00013

色々とお話を伺った為か、店先で暖まっている”焼き芋”をお土産に戴きました。

Dsc00016

これ、あま~くで口の中にひろがります happy02

障害者支援施設なので応援したい気持ちもありますが、それ以前に、ここの食べ物は本当に美味しいです。

東温市の愛媛大学病院の前にありますが、病院とは関係ないとの事。

Dsc00001_2

営業時間は10時から16時30分まで、日、月、祝日が休みです。

2009年2月 8日 (日)

Cafe By the Way ★☆☆

休日の昼下がりに銀天街をうろうろしていると、 ”Cafe By the Way”が目にとまります。奥さんたちは時々ランチをするスイートお勧めのお店で、ガラス越しに店内を覗くと数組の待ちがあります。

行ってみたかったので少し待ちます。

待つ事10分で二階席へ。テーブルごとに仕切りが区切ってあって、ゆったり。

Dsc00011

小腹が空いた私は”カルボナーラ”

細麺アルデンテで、ライトテーストのクリームチーズです。

Dsc00009_2

”栗モッフル”

餅+ワッフル=モッフルというオリジナリティーの高いスイート。

食感はさっくりとしていますが、噛みこむともっちり。

中に挟み込んである栗の香りが広がってきます。

新食感で美味しいです happy01happy01

Dsc00014

”さつまパニック”

さつまいもを刳り抜いて、中に裏ごししたような滑らかなスイートポテトが詰まっています。舌触りは正月の栗きんとんのようです。

皮もしっかり食べられて、お腹の調子にもヘルシー spade

曜日によってはスイートバイキングもあり、甘い物好きの方にヘンゼルとグレーテル状態。

満員のせいもあるでしょうが、待ち時間が掛かるのでご注意ですwink

2009年2月 3日 (火)

一心 ★★★

”最高の中の最高の伊予牛を、最高の状態で食べて欲しい”

Dsc00003

長年立花でやってこられたお店を他人に売り、肉を焼き過ぎると飛んでくるあのおじさんが、人生の後半で夢を形にします。

”一心”は大街道をロープウェイ街に入り、暫く北上すると左手に見えてきます。

Dsc00004

誇らしげに真っ白なシェフコートに身を包んだおじさんは、眼の中に入れても痛くない孫でも見せるように、それはそれは嬉しそうに肉を見せてくれます。

Dsc00006

値段には一瞬たじろぎますが、”伊予牛でも最高の中の最高”と子供のような満面の笑みで勧められれば、少しくらい奮発しても頂きたくなります。

Dsc00011

”焼き過ぎると怒られる”イメージが浮かんでくるので、最初はレアーでお願いします。

表面の色は変わっていますが、中心部は殆ど常温。

Dsc00010

それでも、常温の肉が口の中で白雪のように溶けてなくなります。

脂なのにさらりと、上品な甘みを残しながら喉を滑り落ちてますwink

Dsc00014

半分程、常温近くで頂いた後は、ミディアムレアに焼きなおして頂きます。

その温度になると、軽く歯を合わせるだけで肉エキスがジウぅと広がります。

軽く温まった脂の変化を楽しめます。

楽しむ?いや、感涙します。

Dsc00015

”刺身”

今まで食べた牛刺しの中で一番うま~~い、あま~~い 

       happy02 crying happy02 crying happy02

最高の中の最高の肉と勧められるだけあって、価値観が覆されます。

脂身と赤みの融点は体温とほぼ等しい為、口の中で均一に混ざり合いながら、清涼感をふりまきます。

Dsc00017

お勧めに従い、少し醤油をつけた後にご飯に載せて頂きます。

舌の上の幸福が一気に全身に回り、、、、震えます smilesign04sign04sign04 

”何で生の霜降り肉が、ご飯と合うの?”と思われたあなた。

あなたがこの刺身を口にするまで、夢に出てくるでしょう。

この”刺身”は是非食べてみて下さい。

絶対に後悔させませんよsmile

値段の事もあり、見た目の量は普段戴く焼肉の時と比べ少ない感じがするのですが、不思議とこの時点で舌もお腹も満足の閾値を越えています。

Dsc00022

軽く、”焼肉”を二人前追加。

このお肉だけでも、全く大満足のレベル

Dsc00019

アツアツコラーゲンリッチな”豚足”を齧りつき、ビールでグビリと仕上げます。

家族四人で2万円弱。

ステーキ肉の脂身や手作り白菜漬けをお土産に戴きます。

決してお安くは無いですが、値段だけの価値は十二分

街中の専門店で同じものを頂けば倍近くかかるでしょう。

もしかしたら、他ではこの肉には会えないかも知れません。

一見定食屋風の飾りっけの無い店内ですが、無駄なものが削り取られた結果の完成度。

ハレの日に、大切な人と”最大級”のお勧めです happy01happy01happy01

(相変わらず色々と教えて下さるので、二人でしっぽり雰囲気ご希望の方はその点はご了承の上でお願いしますね。。)

2009年2月 1日 (日)

椿さん

さあさあ、始まりました“椿まつり”の初日。

今年は2月1日、2日、3日ですが、初日が日曜と重なっているので物凄い出足です。

Dsc00013 

表参道から人の波に乗って、神社まで向かいます。

参道の左右には誘惑的な香りが満々ちていますが、まずは参拝しましょう。

Dsc00011_2

手と口をお清めして、

Dsc00014

うわ~、どんどん流れに押されて上っていきます。

Dsc00015

見下ろしても、人・人・人 wobbly

警察の方々、警備お疲れ様です。

Dsc00016

さあ、お参りも済んだし、本番sign03開始 smile

Dsc00019

裏参道に入って、真っ先に”樽酒”の良い香りが飛び込んできます。

Dsc00018

”枡酒”角に塩を持って、きゅ~っとあおると、す~っと喉に酒が落ちて行くではないですか。

これは、堪りませんね~。

寒い所へ持って来て、少し腹のほうからフンワリと温まってきます heart02

Dsc00026

”ケバブ”とは、縁日も国際的になってきています。

Dsc00028

何層にも重ねられたチキンが、グルグルと回りながら、その脂を垂らしつつ、こんがりと焼けてきます。

うっすら焦げ目がついた”肉塊impact”の外側を薄く削って、再びその脂に落とし、硬く焼かれたナンに野菜と挟んで、特製ソースをかけます。

Dsc00029

マヨネーズベースのピリ辛タレジャンクな感じsign01

チキンと絡み、もっちりとしたナン、シャクシャクキャベツと一体化して、口の中で暴れ始めます。

もう一つと行きたい所ですが、まだまだ始まったばかりなので次へ。

Dsc00022

射的、懐かし~~ dash

一段目の”DSソフト”は、命中してもビクともしません。

二段目の”たまごっち”は、当たった球を元気に跳ね返します。

三段目の”ポンカン飴”は倒れても、台から落ちないと貰えません。

この仕組みまで30年以上前と全く変わっていないのがいいですねcoldsweats01

Dsc00031

お好み焼きならぬ”韓国チヂミ”の”はしまき”

目の前で、アツアツのチヂミにぴりりannoyタレを塗って、キムチを挟んで、巻いて、マヨネーズを糸状にかけてくれます。

Dsc00033

タレも辛くないようにお願いすれば、サルキジも大丈夫でむさぼる様に無くなっていきます。

Dsc00030

益々、食欲、マリモッコリ upupup

Dsc00041

定番”フランクフルト”プレーンで、

Dsc00023

”あめちゃん”も色んな種類があって、綺麗ですねshine

Dsc00042

トルコ・韓国・独と来れば、日本代表”たこ焼き”

Dsc00045

外はかりかり、中はとろとろで、日本の粉物万歳paperpaper

食べ過ぎてお金が足りなくなっても大丈夫、

Dsc00046

臨時バス乗り場で、

Dsc00047

暖をとりながら待っていると、200円で市駅まで連れて帰ってくれますよ。

Dsc00048

明日も行こっかな note

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009