ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 肉むすび ★☆☆ | トップページ | EVEREST FOOD★★☆ »

2009年1月11日 (日)

野風僧 ★☆☆

すーさんに教えて頂いたうどん屋シリーズ第二弾。

”野風僧”は中央通りの消防署を少し衣山に向かった左手に、大きな暖簾が目印のお店です。

この名前を聞いたら”お前が二十歳になったら~”を連鎖的に思い浮かべます。

Dsc00019

注文を受けてから茹始める、こだわりの手打ち麺です。

Dsc00021

”冷やしたぬきうどん””いなり”です。

手打ち独特の太さが不揃いの麺は、表面つるつる、歯ごたえもっちり。

あっさりとした喉当たりの麺は、茹でたてならではの弾けるような瑞々しさを保ちながらスルスルっと頂けます。

稲荷は具の見えない甘すぎないシンプルな味付けで、ライトに戴けます。

Dsc00025

生姜は自分で卸すようになっており、直前感を大切にされています。

Dsc00024

”鍋焼きうどん”も、様々な具のエキスがしみ出した完成形。麺は温めても、表面は柔らかく、中心部は弾力性を保っています。

我が家では、まずは卵を小皿にとり出して、そこにうどんをつけて頂くのが正しい流儀になっております。

先に卵を中で崩しちゃうと、出汁全体に広がってしまい、卵の旨みは薄まるし、出汁の味も変わってしまう気がします。

いい方法だと思うのですが、如何ですflair ?

« 肉むすび ★☆☆ | トップページ | EVEREST FOOD★★☆ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

僕も鍋焼きうどんは卵を先に小皿に入れる派ですhappy01
寒いこの時期、鍋焼きうどんは最高ですね♪

うどん大好きで自分で打ってしまうtuyocecreamさんも玉子先小皿派ですか?以外とこちらが主流だったりして。だから玉子が固まった鍋焼うどんは少し残念ですよね。

最初は潰さずそ~っと食べて、後半つぶして絡めながら食べる派ですヽ(´▽`)/
卵の混ざったお出汁がウンマ~なのでheart
死ぬ間際に食べたい食べ物ベストワンが、なんせ卵焼きですから・・・。

”そ~っと”って、分かります~happy02
出汁を少なめにしておいて、濃い目の卵入り出汁を作って仕上げるのですねcatface納得。
 最後の食べ物が卵焼き?出汁巻きですか?それとも子供の頃から慣れしたんだ甘いやつ?
私は後者ですfullmoon

うどんの中における生卵を食べるタイミングって人それぞれですよね。
最後まで崩さずにとっといて最後ダシすする時に飲み込む先輩もいました。
最近僕はダシの中で白身と黄身に分けて先に熱が通ってきた白身と麺を食べた後、黄身をつついて麺や天ぷらに絡めて食べてます。

ヨメさんからは『えぇ!?』と言われますが何か^^?

県文の横に在った時は何回か行った事が有りますが、こちらに移ってからは未訪です。

以前は本格的な麺類の食べられる喫茶店ってお店でしたが、今はどうなんでしょう?

その食べ方は初耳です。特に最初の内に黄身と白身を分離するなんて。さすが讃岐うどんを食べ歩いたらっきぃ♪さん、独創的!
各地の鍋焼うどんの具の種類や、食べ方を調べれは、本が書けそうですね(^O^)

あ〜、あの県文横の喫茶店みたいなうどん屋さんの引っ越し先だったんですね!前の店は入った事がありませんでしたが、今の店は完全にうどん専門店風ですよ。

情報ありがとうございます
十年以上前によく行ってて、久々に、と思った矢先の閉店で残念でした
きっと河島英五も草葉の陰から…
行ってみます、正しい流儀で。

こちらこそお役に立てて嬉しいです。初めはあそこの移転先とは気がつきませんでした。
Ctrl(・ω・)ノ にとっての正しい流儀は一体どれなのでしょう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/43499834

この記事へのトラックバック一覧です: 野風僧 ★☆☆:

« 肉むすび ★☆☆ | トップページ | EVEREST FOOD★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008