ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« うさぎ亭 ★★★ | トップページ | 野・野 ★★☆ »

2009年1月25日 (日)

野球狂の詩 ★☆☆

ある夜に起きた、理性と欲望の葛藤のお話です。

”にしきそば”で、”親子丼かけそばセット”を夕食として戴いた直後に、正月以降完全に理性を失った私の胃袋が、問いかけます

”「そば」”ってヘルシーやし、もう一寸食べんと寝れんことない?”

Dsc00007

バイパスから旧の11号線に乗り換え、東温方面に進んでいくと、”野球狂の詩”が左手に見えてきます。

この名前から”水原勇気”を思い浮かべた貴方、同世代ですねhappy01

今度は大脳が理性をもって私を諭します

”こらこら、今朝もきつくなったベルトで腹を締め付けられながら、自己嫌悪に陥ったばかりではないですか?ここの喫茶店でコーヒーでも飲んで、胃袋を落ちつけなさい。”

店名から水島新司さんの漫画が揃っている喫茶店を頭に浮かべた私は、大脳の理性にしたがい、車を止めます。

ところが、

店内に入ると、漫画の量は思ったほど多くなく、予想に反して洋食屋さんの雰囲気を醸し出しています。食欲中枢をくすぐるデミグラスの香りが漂っているのです

今日もまた、大脳の理性が胃袋の欲望に押し切られた音が聞こえます coldsweats02

気がつけば、ハンバーグを中心としたセットメニューから、

Dsc00001

”ハリウッドハンバーグセット”を注文。

厚みと大きさのある肉の塊がジウゥ~spaと登場し、その上には半熟目玉焼きが鎮座しています。

Dsc00005

肉の真ん中にゆっくりとナイフを入れると、牛エキスが迸り、半熟の黄身と混ぜる事でB級グルメ最高ランクのグレードアップを遂げます。真ん中の部分を大きめに切り取り、ライスに乗せフォークですくって口から迎えに行きます。

ハンバーグ表面のすこ~し焦げた部分はカリリとした食感を伴い、ねっとりと濃厚な黄身がライスと混ざり合いながら胃にするすると落ちていきます。

胃袋は喜びの雄たけびを上げ、既に大脳も完全に懐柔されています。

後から色んな方々に伺ってみると、夜中までやっている有名な喫茶+洋食の店と判明。

えっ、夜中まで、、、、lovely

またひとつ、禁断の快楽アイテムを知ってしまったようです pig

« うさぎ亭 ★★★ | トップページ | 野・野 ★★☆ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

ドリームボールですねbaseball

けっこう古いお店ですよね。
昔食べに行ったことあります。

意味はわかんないけど
ハリウッドハンバーグセットそそられます。

昔仕事さぼってモーニング食べに行ってた店です。
内緒ですけど。

昼は行ったことないんで今度行って見ましょうかね^^

そうそう、ドリームボールriceball
これは、ライスボールでした。

ハハハ、そう言われればどこが”ハリウッド”なのかは解明に至りませんでした。その他、ホームランセットなんかもあった(様な気がします)。

久しぶりに実食いかがでしょうか?

モーニングもやっていて、夜中までやっておられるって、B級グルマーとしては表彰ものですね。
この日も、疲れた感じの若いリーマンさん二人がマンガを読みながら黙々と夕食中でしたgood

えっ、、、
朝からこのメニューが食べられるのは禁断の快楽アイテム最高レベル5ですね。

確かに漫画がそれほど多くないですよね。

近くのDVD買い取りセンターの品揃えが
すごい気になります^^;

漫画喫茶のイメージで入店し、ハンバーグの迫力に驚きました。
あの、DVD屋さんに行かれたのでしょうか?確かに外観からしてもかなり広そうですeye
この近辺は”象三”が出来たりして目の離せないエリアでしょう。
次の御話もこのエリアですよshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/43854583

この記事へのトラックバック一覧です: 野球狂の詩 ★☆☆:

« うさぎ亭 ★★★ | トップページ | 野・野 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2