ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« もつ鍋元祖博多屋★★☆ | トップページ | 菜根譚 ★★★ »

2008年12月 4日 (木)

舞蘭琥★☆☆

ここの名前を見た時に”虎舞竜(トラブリュー)”を思い浮かべた貴方。

同世代ですねwink

Dsc00005

で、こちらは”舞蘭琥(ブランコ)”です。

石手寺から真っ直ぐ出た道の右手にあります。

Dsc00002

お店の前の垂れ幕に大きく書かれた”酸辛湯麺(ソワン・ラァ・タンメン)”と、初の中華料理屋さんでは絶対食べる”焼き飯(チャーハン)”のセット。

三時前なのに、配達(ケータリング)でお忙しそうです。

Dsc00003

細切り竹の子(シャキシャキ)、豚肉(ジューシー)、クコの実(ドライフルーティー)、椎茸(ウマミン)、ネギ(ギシリ)、豆腐(フンワリ)が、ほんのり酸っぱい餡かけ中華スープに包まれて解き卵(ホンワカ)でまとまっています。

細いのに味がしっかりした中華めん(ツルリンnoodleと、絡めながら少しずつ(フーフーdashで口に運べば、首上汗腺(ダクダクsweat01の、上顎裏(ベロベロkissmark状態です。

Dsc00004_3

窓のパンダも美味しそうに(ホワンホワン、って古いcoldsweats01、こちらを見ています。

頬(ニコニコhappy01)、腹(パンパンbomb)、体(ノシノシtaurus)、瞼(ネムネムsleepy

是非、お勧め(イクイクrunです。

« もつ鍋元祖博多屋★★☆ | トップページ | 菜根譚 ★★★ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

石手寺行く度気にはなってましたが未食です。
酸辛湯麺食べに行かねば。

毎日通勤時に前を通ります。
さらに15年くらい前もこのあたりに住んでたので、よく食べに行きました。

懐かしいですねー。最近は行ってませんが・・・。

休日の職場のランチはここの出前をよく取ります。
ボリューム満点で、ニコニコdelicious

派手で大きな造りなので目に入りますよねhappy01
地元に溶け込んだ老舗の雰囲気でした。お試しください。

へ~、15年前から普通にあったのですか!その頃から”酸辛湯麺”があったのか気になります。具沢山で結構美味しかったです。
久しぶりに懐かしんで見られてはいかがでしょうか?

ここから出前が来る?かなり営業範囲が広いお店ですね。
私の休日勤務の時は、出前の店がなくて困っています。
こんな満足の出前があるなんて羨ましいですhappy01

ここはお店の方の雰囲気もいいですよね~。

以前、閉店間際に行っても嫌な顔一つせずさらに閉店時間後も喋くってたにもかかわらずニコニコとされてました。


一体いつからあるんでしょうねぇ。

自転車に乗れるようになってあの辺りを走り回ってた頃にはすでにあったような・・・。

ぶっちぎり、よろしく、とらぶりゅーとくれば、ぶらんこですよね
( ´艸`)プププ 

未踏です。
ものすごく母龍無がありそう…

初めて行ったのですが、何気に懐かしい雰囲気でした。
それにしても、そんなに前からあったんですか。石手寺からあの通りは、かなり美味しそうなお店が点在してますよねhappy01

母龍無たっぷりで、お腹藩藩になりましたsmile
さては、なめ猫世代ですか?これからも夜露死苦notes

「イクイク」を読んだ時顔が赤くなったのは内緒ですcoldsweats01

このへんの中華と言えば味楽園もありますね。どこにでもある街の中華屋さんですがここも昔から地元民で繁盛しているお店ですよ。酢豚と骨抜き鶏の唐揚げなんかがお勧めです。

私も推敲しながら顔が赤くなったので、誤解を招かないように横に走る人を付け足しました。カタカナは想像力を試されすね(^O^)
日頃は毒舌シモネターなのでブログは上品?でやっているつもりです。
味楽園にもイキます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/43146974

この記事へのトラックバック一覧です: 舞蘭琥★☆☆:

« もつ鍋元祖博多屋★★☆ | トップページ | 菜根譚 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2