ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 羞恥心の影響力1 | トップページ | 漱石と日切り »

2008年8月22日 (金)

羞恥心の影響力2

今朝は、京都から奈良へ移動です。

先ず郊外の法隆寺からお参り開始sun

P1000271

初めての奈良ですが、日本最古の木造建造物の迫力に圧倒です。

昔の人の技術はすごいですね。

P1000283

次はシュウチシンのカミジ君が、鹿をヤギと間違って地図を食べられた奈良公園に向かいます。

後ろに跳ねくりかえるくらい大笑いしてこの番組を見ていたサルキジにとっては、聖地のような場所で外せません。

150円で鹿せんべいを購入すると、ものすごい勢いで鹿が集まります。

その迫力に圧倒されて、瞬く間にせんべいを取られてしまします。馴れた人は、鹿に見つからないようにバックの中にさっと仕舞っています。ポケットの中では嗅ぎつけられて追われるそうです。

P1000284

私はベルトまで食べられてしまいます。先っぽが濡れているでしょ(+o+)

P1000299

東大寺の大仏殿では、突然のスコールで足止めを食らいます。

P1000303

小ぶりになった隙に大仏殿に入って、大仏さん、雨宿りさせてください。

P1000310

サルキジ、スルスル。

奥さん?前回は通ったそうですbleah

私?レスキュー隊が来て新聞に載りたくありませんcoldsweats01

P1000315

平城遷都1300周年のマスコット三人がホテルのロビーに仲良く並んでいます。

仲居さん曰く、結局地元では”せんとくん”が一番人気との事。

P1000327

”春日ホテル”サービス、温泉、ロケーション、料理全て★★★

P1000319

”え~、なんで旅館で食事なん!”と奥さんにブーブー文句を言っていましたが、大きく反省coldsweats01部屋食で、温かくて、一品一品本当に丁寧に作ってあって感激です。

P1000325

山の中なのに、川は勿論、海の物も美味しい。

P1000337

食後に、ふらりと散歩。

燈花会(とうかえ)も北京五輪をお祝いしているのです。

« 羞恥心の影響力1 | トップページ | 漱石と日切り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

古き良き古都で素敵な旅をされてますね。
次は、シュウチシンのカミジ君が高校時代バッテリーを組んでた、
松坂君を観にボストンへ、御家族で殴り込みですね!!

家族との夏休み旅行、いいですね。
何年後かに子供ヌキで夫婦で、一人になってまた訪ねる。
京都周辺は私も家族で旅行したいです。
世界遺産の宇治へ特に行きたい!

しかし、大家族なのでまだ一度も四国以外の旅行へ行けてないオロロファミリーです(笑)

いいなぁ~旅行!
奈良は行ったことないのです。
カミジ君 地図食われ事件は、私も抱腹絶倒でした。
あの人には笑いの神(紙?)が下りている。

宿食もたまにはいいですよね。
決められたコースだと、ふだんは注文しないものがあって、
思わぬ発見があったりしますもん。

存分にお楽しみくださいませ!

ありがとうございます。
”京都・奈良なんで年取ってから行けばいいや”なんて思っていましたが、この年代にも非常に魅力的な町でした。今回を導入として、嵌って行くような気がします。
松坂選手のチームメートだったんですね。イマイチ、ツルノ君やノクボ君と混同しています(ーー;)

世界遺産の宇治も魅力的ですね。次回、京都を訪れる時は挑戦してみます。
我が家は4人なので列車やフェリーで移動するには便利です。conrans家は9号まででしたっけ(T_T)?オロロ、かないません。

asparaさんも”地図食われ事件”見られたんですね。
いや~、あれ程笑ったのは久しぶりでした。天然は演出を超えますねcatface
あの番組が今回の旅行の全てのコンセプトだったのです。奈良公園から近鉄なら40分弱で京都なのに、日が暮れたころに京都についてましたよね。
奈良に訪れる事があれば、春日ホテルなら外れはないと思います。THE旅館でオーソドックスですが、心地よかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/42181602

この記事へのトラックバック一覧です: 羞恥心の影響力2:

« 羞恥心の影響力1 | トップページ | 漱石と日切り »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2