ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« イル・モンテ★★☆ | トップページ | いろは食堂★★★ »

2008年8月30日 (土)

Vaso de oro ★★☆

本日、昼休みの出来事。

(状況;メタボ兄弟、実家でまどろむ)

弟;”兄ちゃん、あのスペイン料理の店、行った?”

兄;”えっ?スペイン料理の店なんか松山にあるん?”

弟;”あるんよpig 嫁さんが知っとるんよ”

兄(私);”すぐに情報をメールしてや”

P1000493

義妹のメール情報から、電話で子連れOKの許可を頂き、同日夕に”スペインバル Vaso de oro(電話089-933-3477)”に突撃です。

P1000494

ま~ず、壁に張られたMenuを吟味

P1000497

定番であり基本の”イベリコ(1200円)pig

常温で溶ける脂肪の層の厚みに感動。舌の温度でさらに溶けます。

P1000502 

20-30分前に注文をするように、メニューの右下にも指定がしてある”魚介のパエージャ”が香りを立てながら登場です(お店の雰囲気に気を使いno flashなので暗い写真になっていますが、心眼で表面の香ばしい仕上がり具合をご覧くださいwink)。

おっと、勿論

P1000499

”活ダコのガリシア風(1000円)”を頂かない訳にはいきません。

サフランがポイントです。

お腹も落ち着き店内を見渡すと、

美味しい店の指標 ”DOUHAN ”=2/4=50%です。

P1000503

お国の方針で手に入りにくくなったからでしょうか?長粒米ではありませんが、ネットリ感はなくサラサラ感が保たれたアルデンテ。

パエリアは本場でパエージャと呼ばれているようです。

丁寧に仕上げられたお米に、恐縮された海鮮エキスが吸い込まれており、瞬く間にパエリア鍋から消えていきますlovely

鍋肌に焦げ付いたクリスピー・ジューシー・ライス親子関係を打ち砕く程の早い者勝ち競争restaurantです。

開店2週間足らず。営業時間はAM3時まで。

スペインのワインやビールも揃っていますよ happy02happy02

« イル・モンテ★★☆ | トップページ | いろは食堂★★★ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

おお~~AM3時まで食べ続けられるんですね~素敵♪
そのうちうちのメタボ君と出動してみます♪

全体的にメニューのカロリー単価は高そうです。締めにパエリアなどは最高だと思いますが、一次会でいきなりここはAZAさんや私のような胃袋には足りない可能性がありますよ(^.^)そのお二人なら3次会での出勤をお勧めします。そうそう、スペインのワインやスパークリングワインが充実していましたwine

イベリコ食べたいっす!

あと気になったのがスペインのビール。
おそらく酒屋でも目にしたことがないんで飲んでみたいですね。

そういえば、オープンしたって話は聞きましたが。
行ってみたいです。パエリア大好き!
スペイン料理のお店ってなかったから珍しいですよね^^

言われてみれば、私もスペインビールって見た事無いですね。この日はロゼのスパークリングが飲みたかったのでビールは生止まりでした。
近いうちに締めの店として訪れると思うので、その時はビール頼んでみます。

ガウチョグリルのアルゼンチン料理に次ぐ多国籍料理の登場にわくわくして来店しました。
パエリアは期待以上の味で、瞬く間に皿の上から消えてしまいました。横のカップルはお焦げが美味しいと言っていましたが、私達の皿にはあんまりお焦げがありませんでした。好みによって仕上げ具合をお願いするとよいかもしれませんね。

ここって松山バーガンディの三好君と大阪帰りの嶌川君のお店
ですよね。

初めてのカキコ有難うございます。ようこそ勝手に松山ミシュランへ。
カウンターでお話をした訳ではないのでどなたがされているかまでは存じませんでした。松山バーガンディーの流れなら、美味しいのも納得ですね。
新しい味への試みは嬉しいですよね!(^^)!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/42329685

この記事へのトラックバック一覧です: Vaso de oro ★★☆:

« イル・モンテ★★☆ | トップページ | いろは食堂★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2