« 椿★★☆ | トップページ | 食楽 北藤★★★ »

2008年7月17日 (木)

ビブリオとの戦い

これはあるメタボ系サラリーマンの壮絶な戦いの話。

想像に堪えられない内容も含まれているで、それ系に弱い方や食事中の方は読むのを控えてくださいねsecret

(土曜昼下がり)

慢性の腰痛に解決の糸口を見つけようと、奥さんお勧めの”整体”に生まれて初めて向う。

にこやかな笑顔と細い腕からは想像もつかないようなピンポイント攻撃と、気功電磁波を脊椎や肩甲骨の裏に始まり全身に受け、最後に色んな関節をポキポキとならされる(計1時間)。

軽くなった体を揺さぶりながら夜市の人込みをかき分け家路に付く。

(土曜夜)

全身に走る筋肉痛と熱感coldsweats01coldsweats01coldsweats01

これがいわゆる”揉み返し”かと納得し、早めに床につく。

(日曜昼)

いま一つの体調のまま、仕事へ。この日は午前中に終わる。

帰宅後インフルエンザのような全身の筋肉痛と倦怠感。

体温38.2度coldsweats02coldsweats02coldsweats02

いつもは熱があると体温を測っても37度そこそこで奥さんに鼻で笑われる私にとって、この体温はかなり異常な値。

この時点でも、熱と倦怠感以外の症状は無く、揉み返しに打ち勝つたんぱく質を補給しようと、大好きな三越の地下にチーズやハムを買いに行く。

心なしか食欲が少なく、食事もそこそこに就寝。

(日曜夜中)

腰痛が悪化し、身の置き場が無くなる。

喉が渇くので水分を摂取するため、おじいちゃんのように夜中に小に立つ。何気に足に力が入らない。

(月曜)

兎に角、腰痛が酷いwobbly関節が痛い。

家にある痛み止めを片っ端から集めて、背中に湿布を貼って、どうにかこうにか仕事をこなす。夕方になったらシューと帰って、床に着くが眠れない。

”人の体の事、さんざん硬い硬いって揉み倒しやがって!限度があるだろう、限度がangryと、後から考えれば顔から火が出るような逆恨みを心に唱えながら一晩過ごす。

(火曜朝)

熱は下がっているが、腰痛が続くため冷蔵庫の座薬を差して通勤。通勤中に大量の汗が出て一時的に爽快に

職場に着くと、持参した下着を着替え仕事開始。

突然、便意を覚えトイレに駆け込む。

水のような大が滝のようにrain出る。楽になり、少し痩せたかなcatfaceと嬉しくなるが、30分もしないうちに再び強烈な便意が襲う。

先ほどあれだけ出たのに、滝のようなrain大が再びweepweepweep

これを数回繰り返すうちに、経験したことのない腹痛が襲う。

揉み返しって、こんな事になるのかと、まだ本当の原因に気が付いていない。

立っていられなくなりcryingcryingcrying病院へ。

人間、本当に痛いと声が出なくなる事を知る。

(病院の処置室にて)

点滴、採血、痛み止めが次々と投与される。エコーの検査では、別の持病の石ではないらしい。

採血にて炎症の反応が上がっているとの事。

私 ”土曜日に、これでもかって言うくらい筋肉を揉まれたのですが”

医 ”筋肉の検査の値は正常です。”

痛みも治まりかけた私の頭にふとした事実が思い起こされる。

(土曜昼下がり、整体あとにもどる)sandclock回顧シーンsandclock

体が軽くなった私は、今までいった事のない魚屋さんで、カツオ・鯛の刺身とニナ貝を購入。さんざん本屋で寄り道をした後帰宅し、夕御飯の支度が待てずに一人でさっき買った魚をあてに晩酌を開始した。

サルキジ ”わーい、お刺身だ!(^^)!”

私 ”これは、お父さんのpoutpoutpout”(独り占めにする)

(ちょっとお勉強してみました)

食中毒には”毒素型”と“感染型”があります。前者は、最近が出した毒素にやられるので潜伏期間(接触から発症まで)が短く、熱も出にくいそうです。後者は、潜伏期間に熱がでて細菌が増殖するとの事。

私の場合は”激痛”、“水のような下痢”、”発熱”、”潜伏期間あり”から、”感染型”の代表選手”腸炎ビブリオ菌”の仕業だと思います。

魚介類に多く、塩水に強く、寒さに弱い菌で、熱い中では一時間で一個の菌が千個になるそうですwobblywobblywobblyひえ~、そんなに増えんでも~

教訓;

刺身は買物の最後にして、家に帰ってしっかり冷やして食べましょう。買う前に吟味も大切ですね。

(その後)

ネットにも”数日で回復”と書いてありました。翌日夜に恐る恐るビールを2-3本飲んでみましたが、何ともありませんでした。

(後日談)

滝のような下痢をした翌日は、体重が前の週より1.8kgも減っていましたが、その次の日には全く元に戻っていました。

ビブリオ君、あんだけ辛い思いしたんだから、少しぐらい脂肪細胞と一緒に出て行っても良かったんじゃないの?折角、火曜日に特Aのしゃぶしゃぶ食べるお誘いがあったのに。。。weep

それと、整体の先生。下痢が出るまで疑っていて済みませんでした。奥さんがこの話を伝えたところ、お門違いの逆恨みをしていた私に“お大事に”とお気を遣っていただいたそうですbearingbearingbearing

お陰で体が軽くなりましたgood

« 椿★★☆ | トップページ | 食楽 北藤★★★ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひぇ~~~災難でしたね^^;

でも【食中毒】のキーワードを聞くと『夏やなぁ』と空を見上げてしまいます。

体調確認でビールを飲むってのは僕もよくやりますが、どーかお大事に☆

大変でしたね。。。。
グルメを生業(!?)とされる方の職業病!?
と言っては失礼ですね。(笑)
健康な身体あって、初めて美味いモノのありがたみが判る!
お互い気を付けましょう。
お大事に。

ヒヒイ~
この「水のような~」が日常で、減り続けるわたしです~。

「これはお父さんの」と独り占めにしたのが原因かと推測されます。

「思いやりの心はビブリオ菌に勝つ!(笑)」

どーでしょう?

大変でしたね。
夏は生もの気をつけようっと。
ちなみに、私も時々整体通ってますが、いいですよ。
私のは、足で踏みつけてもらうやつです。
踏まれるのが最近快感になってきました^^;

大変でしたね~~~~。

すみませんくすくす笑いながら読んでいました。 
子供さんたちの口に入ってなくて良かったですね~~。

私も、柔道の整体の先生のところにいきますが、翌日のもみ返しよくあります。しかし、それによって下痢はしたことなかったので、え~~~と思いながら読み続けていました。

お刺身の独り占め・・・。うちの主人もやります。特に貝が好きで、自分で買ってきては、晩酌のあてに・・・似てますね(*^_^*)

先日長太郎貝を頂き、料理の仕方が分からず、魚焼きのところで、貝の殻をつけたまま、そのまま焼いていると、殻が爆発してわれ出したので、すぐに取り出し食卓に出しました。明らかに生焼けで・・・

私「生見たいやけど大丈夫?」

主人「貝はなまでもいけるけんかまんのよ。ビールで消毒できるけんかまん!!はよ出してくれ」

もちろん私と子供は一切れも食べずに、12~13枚あった貝を主人がすべて完食しました。

翌日
私「大丈夫やった?」

主人「いつも通りよ。」

主人は毎日下痢(たぶんビールの飲みすぎ)なので、これが貝によるものかどうか分からず、そのまま日常生活を送っていました(*^_^*)

そんな人もいるということで・・・。

食以外の話、情景が思い浮かぶ文章で、朝からとっても楽しく?読ませて頂きました。

有難うございます(^O^)。なんせ、先週末からの事なのでまだ疲れを引きずっています。
体調確認のビールも控えめ量になってしまいます。
らっきいさんの宇和島グルメ情報がきになります。本場の鯛めしが食べたい~~!

グルメは生業ではないですが(^_^;)、生きがいです。
生きがいを奪われると寝るしかないようです。毎日10時には床に入りふてています。
元気になったらニューハーフでも見学に行きましょう(^O^)

hassyさんの場合”水のような”原因はアルコールではないですか?
減り続けるとは心配ですね。お腹の肉を別けてあげたいcoldsweats01

我が家では独り占めにしたのは”お父さんがおかしいと思ったので子供たちに食べさせなかった”というストーリーにすり替え工作をしています(^_^;)
私”お父さんは体を張って家族を守ったのだよ~”
子”お父さん、ありがと~”
母”???”

自業自得の感があるので大きな声では言えませんが大変でした。
初体験の”整体”は、食中毒症状にマスクされて同だったかよく判りませんでした。食中毒が治った現時点で腰痛は無くなったので、効果があったのだと思っています。
でも、次は正直行きにくいです。。。coldsweats01

笑っていただいて有難うございますhappy01
笑っていただこうと思って書きましたから。
辛い体験だし、あまり綺麗な話ではないのでブログにする気は無かったのですが、同僚に話したら面白いネタだからブログにするべきだと強く勧められました。
テキストだけの尾篭な内容ですが、予想に反してレスが良いようです。
恋々さんのご主人は私と同じ人種かも知れません。男にとって、休日の晩酌はやると決めたら一刻も早く始めたいものですから、ご理解下さい。私も今まで鉄の内臓を誇っていましたが、ビブリオ君には勝てませんでした(^_^;)

あぁ…
私がアオバアリガタハネカクシにやられている時に、
いけちゃんさんはビブリオにひどい目におーてたのですね。
おかわいそうに。
下痢やおう吐って、ほんっっとに辛いですよね、
特に食いしん坊にとっては。

私はおなかの調子が悪くても、食べ物の養生などはしませんが、
いけちゃんさんも相当のつわものです。
調子が悪いときは、アルコール消毒ですよ♪

いやぁ~、もみ返しで熱が出るなんて初耳じゃよぉ~~happy02
おかしくってニヤニヤしながら読んでました。
不幸をも、笑いに変えてしまったレポ、いけちゃんの文才に拍手ですよgood

実はワタシ、数年前にノロにやられてます。なので、食中毒の苦しさは十分に理解できまする~~~でも、懲りずに生牡蠣食べてますけどねscissors
でも、たいしたことなくってよかったね♪

回復されたご様子でなによりです。^^

刺身文化のある日本ならではの菌ですが、
菌側にとっても、自身のDNAを紡ぐにあたって
不本意な出会いとなってしまいましたねぇ。

食品を扱う職業に籍を置いている身ですので、
あらためて品質管理に気をつけたいと思いました。

アオバアリガタハネカクシ?って。(http://kaidukusi.fc2web.com/aobaarigatahanekakusi1.html)
成程、専門のHPで宣伝したくなる人がいるくらい辛い害虫なんですね。asparaさんこそ大変でしたねweep
そうそう、アルコール消毒のおかげですっかり立ち直りました。もう少しで人生初めての夏バテを体験するところでした。
“今日は食欲がないからソーメンで”なんて言ってみたかった気もしますcatface

鉄の胃袋AZAさんもノロさんには叶わなかったのですか?ある意味安心しました。
以前、コスタ北条でも揉まれた次の日がかなり辛かったので、思い込んでしまったのです。お恥ずかしい限りです。
食中毒は初体験なので大したことなかったのかどうか分りませんが、仕事中に腹痛で動けなくなり点滴して貰ったのだから、自分の中では”大したこと”に分類されています。
文章、褒めて頂き有難うございます。その手のコメントに一番弱いことを御存じで、、、お嬢さまwink

たかちゃんさんは食品関係にお務めなのですか?いつもblogの写真を拝見しているので、写真・広告関係だと思っていましたcoldsweats01
いくら注意してもどうしようもない事は仕方がないですよね。ビブリオ君が見える訳でもないし。逆に目に見えるものを見えないようにして売る人達は残念ですけど。
って、社会的コメントなんかしていますが、胃袋さんや腸さんが元気になってくれて何よりです。禍転じてダイエット成したいのですが、そうはいかない所が面白い所です。

いつも楽しく拝読させていただいております
今回、古い記事にコメントさせていただいたのは
思いもよらないところからいけちゃんブログに飛んできたからです
先日、居酒屋でカツオの生春巻きを食べてから
腹痛、熱に襲われ原因はなんじゃろかいなと思って
検索していたら見覚えのある名前が飛び込んできてついコメントしてしまいました
どうも腸炎ビブリオっぽいです
参考になりました

いつも見ていただいているとのことで、うれしい限りです。
この回の話はあくまでも私の推測にすぎませんので、お困りの際はきちんと医療機関にかかることをお勧めします。
これからの季節、気を付けながら、楽しい食べ歩きライフを満喫しましょうwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41889243

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリオとの戦い:

« 椿★★☆ | トップページ | 食楽 北藤★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009