« ビブリオとの戦い | トップページ | 色とりどりな麺々 »

2008年7月21日 (月)

食楽 北藤★★★

遅くまで美味しい物が食べられる店には感謝状を贈りたくなります。

Dsc01397

”食楽 北藤”は夜中の2時半LOで和食を中心とした美味しい物を食べさせてくれます。

場所が分かりにくいので、電話番号を控えていくことをお勧めします。

Dsc01398

店内はカウンターと10人程度のテーブル席のこじんまりとした作りです。

壁掛けメニューを見て頂くと何気ないメニューなのですが、一つ一つが普通より一歩出た仕上がりになっています。

Dsc01399

”緋扇貝”

貝の表のトロピカルな柄とは違い、純和風の旨味成分が閉じ込められた一品です。新鮮なので内臓までこくが最高です。

Dsc01401

”吉野川産鮎一夜干し”

じゃ~~んhappy01happy01happy01

私が世の中で一番好きな魚”鮎”の一番好きな食べ方です。

将来は近くの川で鮎捕りに勤しみ、この一夜干しが作れるようになるのが定年後の夢です。その時は皆さんで飲みましょうね。

これが出てくる店で美味しくなかった事はありません。

川魚は水分を十分抜いた上でパリッと頂くのが最高だと常日頃から思っています。ビール友の会・名誉会長のおつまみにもなります。

Dsc01409

”鯖の刺身”

鯖を生で出す+いつも注目するエッジ=最高です。

新しいからこそ堪能できるもちもちした身の弾力性から滲み出る上品な味わいに心も舌も奪われています。

Dsc01413

”カマンベールチーズのフライ”

こんな洋風のビール友の会・取締役まであります。

外はサクサク、中はアツアツ・トロトロ・ムチムチ lovely

Dsc01411

”明太子卵焼き”

やはり和食店の実力は卵焼きに現れます。卵はふんわりと仕上がっているのに、中の明太子は赤いままの半生状態です。余程手早く仕上げないと難しいと思います。

これが夜中でも食べられるのですよ、皆さん!

お店の方のお許しが出れば、カウンターに住みたくなるお店です。

教えてくれたyumeさん、有難うですhappy02

*2012年9月閉店確認。

« ビブリオとの戦い | トップページ | 色とりどりな麺々 »

和食」カテゴリの記事

コメント

どういたしまして^^。わたしもちょこにゃんさんに教えていただいたお店です。
どの一品もとっても丁寧に作ってあり、それでいて堅苦しくないでしょ?
ビールもお酒もすすみますよね。bottle
ああ、また行きたくなりましたぁhappy02

北藤さんの大将、知り合いです!
ひょんなことで、お店のオープン直前に知り合いました。

人柄もよろしいです。

このあと体調を崩したので出かけていませんが、鮎の一夜干しの香りが口に残って夢に出てきそうです。
夏バテ快気祝いで、かる~く出かけますか?かる~くですよbottle

あらら、顔が広いですね。
一品一品にお人柄の表れるような、一味違うお店ですね。
ここならマスティーの時間帯にも合うかも?
もうちょっと涼しくなったら一杯ひっかけに行きましょうfish

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41718166

この記事へのトラックバック一覧です: 食楽 北藤★★★:

« ビブリオとの戦い | トップページ | 色とりどりな麺々 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009