ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 牛や たん平★★★ | トップページ | 京都dinning杉★★☆ »

2008年6月29日 (日)

闘牛の”辛麺”★★★

闘牛は昔、なぞの町にありました。

私に”闘牛の黄金比”を伝授してくれた花園理容店のお兄さんは”あそこのスープには麻薬がはいっとる”と呟いていました。

闘牛は今、久万の台にあります。

移転しても、その自家製卵縮れ麺とそれに絡みつく魔法のスープに変わりありません。

気がつけば、新旧の常連さんでお店はいっぱいです。

店に入って”つけ麺大盛り”と告げながら席に着くのが常連の模範例。

職人のおじさん一家(奥さん、息子さん)のキャラも変わりません。

Dsc01492

新メニュー”辛麺”です。

普通のラーメン(450円)に+50円の値段。

前出のおにーちゃんが通い詰める事で会得した“黄金比”でも証明されるように、ここのスープは辛みを帯びる事により味が締まり、スーパー闘牛化するのです。

Dsc01493

あの”自家製卵縮れ麺”はすこ~しだけ細くなった気がします。

”ラーメン”に50円分ラー油を加えただけであろうとたかをくくって望んだ所、見事な返り討ちに逢います。

ズズズとすすりあげる麺の心地よさ。舌根から脳幹に直撃noodle

久しぶりに食べるから、なのか?いや、違います!

。。。かつてより旨い。。。。

happy02持参のタオルが額を拭っても、レンゲを持つ手が止まりません。

 焼き飯を含んで、スープを流し込みます。

happy02満足量入っている麺を食べつくしたのに、レンゲが止まりません。

 店先には虜になった同士が並んでいます。

happy02お会計を済ませ、中腰になりながらレンゲが止まりません。

 先人はこの瞬間を”恍惚lovely”と呼んだのでしょうか?。

蛇足;あなたがもしこの記事で初めて”闘牛”と出会ったのであれば、”鳥そば”“野菜ラーメン(味噌)”も食さなければならないでしょう。

« 牛や たん平★★★ | トップページ | 京都dinning杉★★☆ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

先週行ったら新作の辛麺の案内が壁に貼っていました。
ん、と思いましたが味噌野菜を食べて大満足。
スーパー闘牛化、ハハ、早々訪問しなくちゃですね。

ココは値段が安いですよね。これもありがたいなあ。

私も一旦は”味噌野菜”を注文しましたが、ブログネタにしないのかと家族に攻められ、直後に”辛麺”に変更しましたcoldsweats01初めてここの”ラーメン”も味わいましたが、改めてここの実力を実感しました。休日昼時に待ちが出るほどの盛況で何となくうれしかったですhappy01

ワタシも先日辛麺いただきました。
夏にはいいですね。ワタシ、夏でも冷たいものはあまり食べないのですよ。暑いときには熱い物、辛い物~~!!
あ、冬もですが、、、(^_^; アハハ…

おやつはもちろん つけ麺ですよね♪(^_-)☆

やはりチェックポイントが一緒で嬉しいです!(^^)!
久しぶりに食べたせいかもしれませんが、以前より美味しくなったと思われませんでした?

おやつにつけ麺とは流石です(+o+) 
私はおやつを食べるくらいなら、昼御飯を梯子しますけど。。。

勝手に松山ミシュランさんの取り持つご縁で、「闘牛」さんと出会ったです。

よく通る道なのに、完全にノーマーク(>_<)

わたくし。ラメンは気に入った麺一筋。他店は、めったに行かないです。

おすすめの野菜味噌→鳥そばと試してみました。

やさしい味が恋しいときの一軒となりそうです。

再々来店して辛麺を食べてみなくては!
「つけ麺具なし二玉いり」もすごく気になる!

うどん派の相方(MATUYAMAネイチブ)に問うと、
「闘牛?花園町にある店か?」と申しておりました。
同じ麺食いでも、うどん派はこんなにトンチンカンです。

故に、ラメンを食すときは、おひとりさまなのです。

闘牛ファンクラブへようこそ。
我が家はかなりの頻度で訪れていますし、子供達に選ばせると必ずここになります!(^^)!
自家製ちぢれ麺もかなりレベルが高いと感じています。
相方さんは流石native matsuyamanですね。闘牛は長年花園町で続いていた名店で、昨年の初めに今の場所に移転してのです(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2007/01/post_9fbb.html)。移転前も昼時は行列も時々あり、移転後少し心配した時期もありましたが、今では旧ファン+新ファンで盛況です。
焼き飯も旨いですよhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41685353

この記事へのトラックバック一覧です: 闘牛の”辛麺”★★★:

» 闘牛士はチャーの曲ですよね♪ [AZAKOHA日記]
で、本日は”闘牛”に行ってまいりましたよ。 なんと、まだ2回目〜〜 しかも前回は1年前〜〜〜 なので、今回は何を食べようかな?と思っ... [続きを読む]

« 牛や たん平★★★ | トップページ | 京都dinning杉★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2