« Nancy's Kindness | トップページ | Change Flight »

2008年5月15日 (木)

TSA002

本日のKey Wordは"TSA(米国運輸保安庁)"ロックです。詳しくはリンク

皆さんのスーツケースにも最近購入された物には必ず”TSAロック”が付いています。飛行機の運航保安上の問題で、すべてのスーツケースがTSAが保持する共通の鍵で開くようになっています。

さて、本日2人目のタクシー運転手はハイチ人。彼もやはり携帯で誰かと話しながら私を空港まで連れて行ってくれます。

本日2回目の交渉には、作戦があります。

1.1回目はArrival(到着ゲート)に行ったので門前払いに

  会ったに違いない。

  Departure(出発ゲート)に行ってアメリカ航空に頼めば

   どうにかなる!

2.ボストンレッドソックス大ファンの格好をすれば、

  現地人は親切にしてくれるに違いない!

Dsc00099add

私の新しい武器”Boston Red Sox Fan(超にわか)”です。

さて、

空港に着いた私は、アメリカ航空の予約フロントに行きます。

そこで、”全ての物をスーツケースに閉じ込めてしまったので、帰りのフライトのチケットが無い”という訴えをします。すると、受付の太ったメキシコ人女性は横の人とスペイン語で雑談をしながら私の帰りのフライトを面倒くさそうにチェックします。彼女はあっさりと帰りのフライトチケットだけを私にくれます。

”スーツケースを開けたいんやけど”と訴えると、”そりゃ、知らん。ポリスに聞けば?さっきあの辺にうろうろしてたけど”とロビーの奥の方を指さすのです。

今回はスーツケースが開くまでホテルに帰る気はありませんangry

Dsc00080

(本文には関係ありませんが、Fenway Park(野球場)で食べたクラムチャウダーです。松坂や岡島は出場して居ませんでしたが、相手チームのレイズに宇和島東出身の岩村がいたので、心の中で応援していました。守備が光っていました。

そこで私は腕に”TSA”と大きなワッペンを貼った人を見つけます。中でも人の良さそうな太った白人おじさんを見つけて、パスポートを見せながら現状説明します。

”そりゃ、ルールだから無理よ。”言われたらどうしようと思いながら、"Please"を連発しながら、食い下がります。

そのTSAオジサンは”分かった、分かった、どうにかしてやる”と鍵を探しにセキュリティーチェックの中に入っていきます。

”やったー”、心の中で叫びます。”TSAの鍵にたどり着いたhappy01

。。。。

ところが、そのTSAオジサンは意外なことを言います。

"We only have TSA001 Key. Your Key is TSA002. "

(ここにはTSA001の鍵しかないので、あんたのTSA002のタイプは開けられないよ)

”は???なにそれ?”wobbly 文字通り、腰から砕けます。

Dsc00183

(本文とは関係ないですが、イタリア人街North Endで頂いた”子ひつじ”です。柔らかくて癖がありません。Bostonは入植の窓口だった為かアメリカ最大のイタリア人街があり、その建物にもイタリア文化が色濃く反映しています)

でも、今日は鍵が開くまはホテルには帰りませんwobbly

TSAで開かない鍵を壊してもらおうと、空港案内所に行きます。

そこの白人のオジサンはめんどくさそうにあしらいますが、若いメキシコ系のお兄ちゃんが親切に空港のスーパーバイザーの所まで連れて行ってくれます。

スーパーバイザーは私と同世代くらいの女性で、baggage claim(手荷物受取所)の奥の部屋まで部下に私を案内するように言います。そこには”荷物職人”らしき人が二人いて対応してくれます。

やはりそこにもTSA002対応の鍵は無く、私は鍵を壊すか、このまま日本に持って帰るかの選択を迫られます。

荷物職人のオジサンは”あんたの鍵は開けることは出来ないが、壊すのは簡単だよ”との事。兎に角、スーツケースの中身が欲しい私は壊してもらうことにします。

職人は大きなスクリュードライバーを跳ね上げ式の蝶つがいに差し込むと、”Bom! Bom!”といとも簡単に鍵を壊します。やっとの事で、日本から持ってきた服・電化製品・両替したばかりのドルにご対面です。

"Thank you, thank you, I love Boston"を繰り返し、壊れたスーツケースに番号式の鍵をまいて空港から本日4回目のタクシーに乗りホテルへ。

一件落着のようです。。。。が、

私は出発前日もう一度、空港に行くことになるのです。。。

« Nancy's Kindness | トップページ | Change Flight »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

happy01めでたし、メデタシ、ではないの?
TSAで開けられないTSAの鍵って一体??
私の持ってるスーツケースはTSA対応ではないので
次回のアメリカ行き(今のところ予定なし)では悩むことになりそうですね。

お疲れ様でしたhappy01
アメリカ行きの予定がないのなら、MBGBで韓国にでも焼肉ツアーに出かけましょう?勿論、鍵はTSAです(^_^;)

TSAの鍵ですが、ワタシ、スーツケースに鍵を掛けたことがないです^_^;
KOHAさんは掛けてますねぇ~おいら、無用心?

アクシデントもこうなると楽しんでいるように思えるのですが、ひょっとしたらネタ作りのために鍵をなくしたんじゃないのか?って疑問が。。。。イヒヒ

韓国ツアー参加キボン♪

いや~、こんなに簡単に開くなら鍵をかける意味はあまり無いような気がしました。
結果的にはブログネタが出来たし貴重な経験になりましたが、予定していた市内ツアーやハーバード大学見学も出来なかったので案内してくれた人には悪い事をしたと反省しています(^^♪
韓国”屠殺場横の焼肉屋ツアー”に行きましょう。

おつかれさまでした~~
>(本文とは関係ありませんが。。)
の文章中における食べネタ挿入が演出効果を生み出し
名文に仕上がってると私には思えました。。^^

お邪魔します。
10年程前にボストンにしばらくいました。懐かしいです。

チャックで閉めるトランクだと、つまみの部分をバチンと切られちゃいますが、トランクだと蝶番から壊すんですね。。
kitteryで新品買っちゃいましょう。

さすがブロガー仲間(^^♪構成に注目いただきましたね。ボストン食べ歩きでも良かったのですが、県外のグルメネタはレスが悪いので”失敗談”を中心に構成しました。”なんだかんだ言いながら、シッカリ食べてるやん”系の突込みを期待しております!(^^)!

ボストンに滞在経験があるとはなんとも羨ましい。古きよきアメリカを残した町並みの虜になりました。まだ、かぶれが直らずred soxのトレーナーを着て呑みに出ています!(^^)!いつかボストン話で盛り上がりましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41176415

この記事へのトラックバック一覧です: TSA002:

« Nancy's Kindness | トップページ | Change Flight »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009