« Boston Lobsterの呪? | トップページ | TSA002 »

2008年5月13日 (火)

Nancy's Kindness

ホテルの受付のNancyは、ぽっちゃりした白人おばさんで、私が鍵を無くした事に同情し、朝から数件のスーツケースの会社に連絡を取ってくれます。しかし結果的には会社では私のスーツケースを開ける手段は無いとの返事。

空港ならどうにかなると思い立ちます。

幸いBostonの空港までは20分程度でTaxiで25ドル前後。

本日、一人目の運転手は背の高い細みのソマリア人です。

私;”かくかく、云々で、昨日こちらに着いたけど、今日も空港に行くんよ”

運;”そんなに大切な鍵ならフロントのsafty boxに預ければ良かったのに”

私;”仰るとおりです” (-_-;)(-_-;)(-_-;)

ひとしきり私との会話が終わった後、彼は携帯電話で友人とフランス語で与太話を始めます。こちらのタクシー運転手は例外なくこの行動をします。

空港に着く頃になると、気の毒に思ったのか彼がこう言います。

運;”私も一緒についていってあげようか?”

弱気になっている私は”Yes, Please !”です。

Dsc00051

(本文とは関係ないですが、昼に食べたメキシコ料理ブリトー米と豆が基本で、さまざまなスパイスや具を入れてトウモロコシの皮で巻いてかぶりついて食べます。)

空港の到着ターミナルに着くと、彼が降車場のセキュリティーに尋ねてくれます。

間もなく、彼は首を横に振りながら帰ってきます。

セキュリティーの女性は私にも分かるように、強い口調ではっきりとこう言います。

"Plice Officer is too busy to come out and open your laggage !"

(警官は忙しいので、わざわざあんたの荷物を開ける時間は無いの!)

中学校で習った”too-to”の構文がこんな所で役に立っても空しいだけです。”so-that-not”構文に変換したくなります(T_T)

直接ポリスに交渉したいといっても、セキュリティーに目をつけられては空港の中には入れません。結局、門前払いで、彼のタクシーで街まで引き返します。

街に着くと彼に頼んで安いスーツケースを購入し、ホテルにすごすごと帰ります。

フロントに居るNancyには両手に抱えたスーツケースを見せながら、”結局こうなったよ”と精一杯笑顔で応えます。

くよくよしてもしょうがないので、その足で下着や服を買いに行きます。

Dsc00064

(本文とは関係ないですが、その夜食べたスペイン料理タパスです。小皿で様々な料理が運ばれてきて、分けて楽しむことができます。小さい烏賊に肉が詰めてありオリーブオイルで炒めてあります。香ばしくて歯ごたえも楽しめます

Dsc00066

(場所はFenway Park近くの"Taberna de Haro"。)

さて、買い物を終えてシャワーを浴びてリフレッシュ。

3枚20ドルのパンツは開けてみると日本の3Lサイズ。

鏡に映った白いブリーフのぶかぶかの姿に情けなくなります。

ホテルのフロントに降りると、Nancyが”もしかして合うかと思って”と自分が持っているスーツケースの鍵を幾つか封筒に入れてことづけてくれています。

どう見てもかなり旧式の鍵で、結局は合わないのですが、異国でのトラブルに打ちひしがれた私の心に響きます。

”よし、もう一回直接TSAに交渉してみよう”と、スーツケース片手に午後3時この日2回目の空港に向かうのです。

Bostonに来て24時間で、3回目の空港へ。。(続)

« Boston Lobsterの呪? | トップページ | TSA002 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんとなく結末が見えてきたような気がしますが( ̄x ̄)。

結局、グルメを楽しみながら、合間合間にスーツケースと格闘する
一生忘れられない旅行になったようですね。
続編アップ、心待ちにしてますよ。(^^)

大変なことになっていますね!!!
グルメも満喫しつつ、スーツケースとも格闘し・・・
最後がハッピーエンドになるといいのですが(^^ヾ
ハラハラしながら読ませてもらっています☆
最後までドキドキだーーー

両替したドルは、ワタシが引き取りますよ。。。
夏はLAです♪

予想通りの展開にワクワク&ニヤニヤしながら、
いえikechanが心配で心配で、
ハラハラ&ドキドキしながら読みました。

異国でのトラブル時の親切は、身に沁みますよね。
ボクにも隣の国に、高熱で寝込んでる時に、
親切にしてもらったオモニがいます。

いっその事、力技でカギ壊して、
帰りにKIXでクレーム付けて、
新しいスーツケース手に入れるなんて事は。。。。
やってはいけません。(笑)

結末までもう少しです。結局着いてから24時間以内には一応の決着はついたのですが、後半は抜け殻のようになっていたそうです。帰国後”矢吹ジョー”の様だったと生まれて初めてのたとえを頂きました(-_-;)

お優しいお言葉ありがとうございます。ハッピーエンドになればよいのですが、どうなるのでしょう(+o+)たった数日でごはんも食べていたのに3kg体重が減ったのは事実です(既に1kgは戻りましたけど)。

夏のLA(^.^)最高ですね~。ドルは110円くらいでいかがでしょうか?鍵にはくれぐれもお気を付けくださいね。

いざ力技で鍵を壊そうと思っても、勝手のわからない外国では簡単にいかないものです。KIXってなんですか?今後の為に教えてください。勿論、二度とこんな事にならないように気をつけますけど(-_-;)

KIXって関空のことだったと思いますよ。

今、ドルっていくら?
できたら、お安くお願いいたします。。。

全世界共通の空港の識別略号です。 どこが管理しているのかは知りません。
荷物タグにつけられるので見覚えありますよね。

松 山:MYJ 羽 田:HND 成 田:NRT 伊 丹:ITM
JFK:JFK Los Angeles:LAX

確か107円前後だったと思いますが両替する時はもっとお高めでした。ちなみに次の記事を読んでいただくと分かりますが、ドルは使い切りました(^.^)

ふむふむ良く分かりました。そういうことなら文句をつけるとすればNRTですが、今回は120%自己責任なのでどうしようもありません。クレジットカードに旅行保険が付いているとも聞きますが具体的なやり方が分からないのが実情です。

すみません、知ったかぶりしてしまいました。
成田だったんですね。
前回、ドイツから帰ってきた時(JALでした)、
成田でスーツケースが壊れてたので、
クレーム付けたら、柄の悪そうな田舎者って思われたのか、
受付のお姉さんがボクに一目惚れしたのかは判りませんが、
新しいスーツケースくれました。
帰ってから壊れたスーツケースも旅行保険で修理したのは、
言うまでもありません。(笑)

いよいよ佳境ですね、第4弾も楽しみです。

旅行中に壊れたトランクなら弁償してくれる事もあるのですね。今回は自分で酔っ払って鍵をなくしたのでどこにも持っていくところがありません(ーー;)
第三弾佳境をUPしました。お楽しみいただければ幸いです。
第四弾の後は、松山グルメ情報の本職に戻る予定です(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41176222

この記事へのトラックバック一覧です: Nancy's Kindness:

« Boston Lobsterの呪? | トップページ | TSA002 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009