ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 一流との出会い | トップページ | にちょうの豚丼★☆☆ »

2008年5月25日 (日)

GRAND CHEF 高坂★★☆

伊予方面から帰ってくる時に、気になっているお店があります。

Dsc00002

56号線を伊予市方面から松山に向かい、左手に伊予市のフジが見えたあたりをもう少し進めば、左手に”GRAND CHEF 高坂”が、右手に現れます。

可愛いコックさんの看板が印象的なので、ご存知の方も多いでしょう。駐車場も店の前や左奥にかなりゆったりとあります。

Dsc00003

食事時の店内は一杯で、喫煙席と禁煙席に分かれています。

禁煙席が満席だった為、お腹が空いて既に大脳からの抑制が利かなくなっている私は喫煙席へと向かいます。

初めてなので、お勧めを戴きましょう!

Dsc00005 

”Aランチ・煮込みハンバーグステーキセット”です。

陶器のお皿は火傷する位に熱く、スパゲッティーとソースで煮込まれたハンバーグが登場します。

半熟卵をフォークでゆっくりと半分に割り、そのままの抵抗で切り進められるハンバーグも切断します。断面から溢れた肉汁と半熟卵の黄身および白身が同じ窪みに流れ出します。

その原型を失いかけたハンバーグや卵を窪みで待ち受けていた熱々スパとグルグルグルと混ぜます。その匂いで半分理性を失いながら、混ぜて出来あがった物体を火傷覚悟で口に運びいれます。

ソースはデミグラスとトマトのミックスした懐かしくもあり独特の仕上がりで、熱された肉汁物体と混じり合う事で格段に風味を増強しています。

私はこの様な日本系洋食にはパンより米との合性を切に唱えています。

ソースと銀シャリを口の中で解しながら混ぜて行く時の快感は、食する者だけが堪能できる特権であると確信するのです。咀嚼後に喉を通過する時には2回目の喜びを与えてくれます。

Dsc00004

その他、サラダ・スープ・ドリンクが付いて1030円は納得。

常連さんで満席の地元に根付いた洋食屋さんhappy01

通る度に一品ずつ探究する楽しみが出来ます。

PS;120%食事を楽しみたい非喫煙者の方は、禁煙席が空くまで待つ事をお勧めします。

« 一流との出会い | トップページ | にちょうの豚丼★☆☆ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

高校の頃、ウチと隣の家の家族で一緒に食べに行った事あります。
飲む訳じゃないのに『赤ワインは肉やろ』とか言った覚えもあり、普段入らないような洋食屋さんに舞い上がってたと思われます^^;
coldsweats01若かった・・・

嫁さんの実家が近くなのでたまに行ってます。

飲み会後の二日酔い状態で食べたカキフライカレーがおいしかったです。

数時間後に少し、リバースしましたが・・・ 笑

高坂は、家族づれや主婦が落ち着けるところだと思います。

友達が松山・砥部・伊予市に散らばっている為、高坂で待ち合わせをして夕食を食べました。

3時間くらい話しっぱなしで味はあんまり覚えてないのですが、居心地が良かったのを覚えています。

20年くらい前に、北条にも高坂があったと思いますが、今はなくなっているのでしょうか?

このような雰囲気の洋食のお店で、家族で気軽に行けるお店「ランプ亭」http://gourmet.l-navi.co.jp/lamptei/index.htmlはご存知ですか?

このお店も20年程前からあったと思います。お洒落してなくても気軽に家族でいける、そして、味は、私の家族は皆大満足です。

ビーフシチューが子供の大好物です。お値段もお手ごろで、昔のまま空間が止まっているようです。ご家族で経営をしているようで、まったりとした時間が過ごせます。

駐車場が少し狭いのと、分かりにくいのが難点です。良かったら行ってみて下さい。

ここは名シェフのお店ですね!
昔は二番町のワシントンの近くにも小さなお店がありました。

そのエピソードだけでこの店の歴史の長さが分ります。この日も、部活帰り風の中学生数人が背伸びした感じで嬉しそうに注文していました。少しだけ大人の仲間入りをしてこそばいのでしょうね。
 Native Matsuyamanでない私はそこまでの老舗とは知りませんでした。コメントのお返事を書いているだけで、あのソースと肉汁の合わさった香りが食欲中枢を刺激してきますbleah
あの頃のワインと言えば”赤玉ポートワイン”でしたよね。

次に何を食べようかと空想で模索していました。ズバリ”カキフライカレー”はストライクです。二日酔いの冷めたブランチに戴いてみます。ハンバーグソースがあれだけ美味しいなら、カレーもかなり期待できますねrun。うわっ、洋食って想像だけでまじ堪りません(@_@;)

高坂の場所はネットで検索すると違う所の情報がありました。私が気がついた時には既に今のところにあったので、少なくとも5-6年は同じ場所にあるのだと思います。
”ランプ亭”は前を通った事があっても未食でした。街中から”でんぷん”が姿を消して、いわゆる”洋食屋”さんに飢えていましたが、新しい情報を有難うございます。ぜひともビーフシチューをライスと頂いてみます。恋々さん家族はライス派ですか?本文にも書きましたが、洋食のソースには絶対的に平皿に乗ったライスが最高だと信じています。だって、カレーをパンにつけて食べる人って居ないですものね!(^^)!熱くなってしまいました。。。coldsweats01

そんな街中にもあったのですか?数人の方が忙しそうに料理を作っていたのでどの方が”名シェフ”か見抜けませんでしたが、今度は気をつけて見てみます。
コロッケとか海老フライも旨いのでしょうね~~bearing
店の前を通れば吸い込まれ率100%にアップしました。伊予エリアは奥が深そうです(^.^)

高坂は伊予市で一番オススメできる洋食屋さんかも
と思ったりしています。

私もお気に入りなんですが、ついつい近すぎるため忘れて松山方面に向かってしまいます
思い出したので近々行きたいと思います!

伊予市方面はエミフルも出来たし今後益々発展しそうで良いですね。
町屋、麺人など情報は知っていても行った事がないお店がたくさんあり、食べ物ブロガーとしては宝の山のようです。お勧めの店があったらまた教えてくださいね(^◇^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/41259869

この記事へのトラックバック一覧です: GRAND CHEF 高坂★★☆:

« 一流との出会い | トップページ | にちょうの豚丼★☆☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2