ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« C'epageセパージュ★★★ | トップページ | 空我★★★ »

2008年4月29日 (火)

しらいし★★☆

GWですね happy01

”なかなか遠くまではちょっと”と思われる方に、お勧めの大洲城です。

少し前にyumeさんが紹介されていた”手延べうどん・しらいし”

Dsc00004_3

ここの前のそろばん教室に通っていた事があるはずなのですが記憶が曖昧?

昔の記憶が異常に残っている弟と訪問です。

大洲市民会館前の通りをまっすぐ八幡浜方面に向かいます。

Dsc00006_2

暖簾をくぐってもまだ記憶が蘇らないと困っていると、

弟が”兄ちゃん、当り前よ。前はこの店の前の角にあったんよ”と教えてくれます。

彼はこの記憶力で今でも私を追い詰めます。

弟;”『桃の皮』事件覚えとる?”

私;”な、、なんとなく  (-_-;)”

弟;”兄ちゃんが洗濯機に剥いた桃の皮ごとバスタオルを放り込んで、

   僕がお母さんにめちゃくちゃ怒られた時に知らん振りしたろ~”

私;”。。。。。。すまんかったね~”

Dsc00009

まずは拳大の稲荷が登場します。

様々な具と、大振りの形。一口頂くと、甘さと少し鼻に上ってくる酢の香りが立ち込めます。

思い出しました。30年以上前に、確かに食べたことがある味です。

Dsc00011

うどんは手延べの為、麺の太さが不ぞろいです。その麺の表面は驚くほど滑らかで、無抵抗にするすると口の中に吸い込まれてきます。ここまでの円やかさは手延べならではと感動します。

いわゆる”腰抜け”ですが、柔らかく崩壊していきます。意外に汁の甘味はきつくなく、薄めの味付けです。

ああ、熱出して寝込んだ時に食べたことがある味。

または、子供の頃のうどんと言えばこの味です。

Dsc00010

”中華そば(500円)”です。

あっさりしたスープで、バラ肉の旨みが表面に膜状に広がっています。丁度解れてくる程度の固さのいわゆる中華麺が、スープに同化しています。

ああ、昔はラーメンっていえばこの味だったな~ (^。^)

地元では長年の人気店で、合い席も自然体です。

Dsc00021

新しくなった大洲城まで歩いて10分程度。

Dsc00016

よくぞこの時代に、これだけの立派な木材を惜しげもなくふんだんに使っているなと感心します。

Dsc00020

天守閣からの眺めも風情があります (^.^)

帰りは”酒乃さわだ””もり幸”は如何でしょう?

« C'epageセパージュ★★★ | トップページ | 空我★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

あーおかし! 桃の皮!

幼少期の夏の日、昼寝から目覚めたら母が妙に優しく、
「姉ちゃんは?」と聞くと、姉は叔母に連れられて“ビフテキ”を食べに行っていた…ということを思い出しました。

腰ぬけうどんと中華そばは、
北条のばあちゃんちの前、「あまの食堂」(映画館と銭湯と食堂という、一大レジャー施設!?)の出前うどん(とろろこぶかけ)と中華そば(玉ねぎ入りこしょうかけ)の味をよみがえらせてくれました。

はははhappy01
asparaさんにも食べ物にまつわる辛い思い出があったのですね。弟や妹は少なからずこの手の話はあるようです。お姉さんに“ビフテキ事件覚えとる?”と詰め寄って、旨いものでも食べさせて貰ってください。
昨今の讃岐うどん、県外有名ラーメンブームが落ち着いてきたら、やはり昔懐かしい味に自然に戻っているような気がします。”あまの食堂”は今でもあるのでしょうか?

4月から仕事の担当が松山+南予に変わったんで大洲に行く事も多くなりました。
大洲での食の思い出って持ち合わせてないんで、せっかくやからアチコチ行ってみようと思います。
このお店も要チェック!

懐かしい!最近大洲にも行くチャンスが減り、「しらいし」も遠い思い出になってます。
でも口の中に手延べのつやつやの麺の感触と美味しい出汁の味が蘇ってきましたよ。
それにしても、桃の皮事件…楽しい思い出ですね~(^O^)

ここにも書いた”たこ天(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2007/02/post_ad26.html)がこのエリアでは一番deepだと思います。地元の人が小学生の時からある面白いお店ですよ。La vitaのパスタ、今昔家のたこ焼き、有名ですが福ちゃんラーメン、農業高校正門近くのうどんのもり幸(こう)辺りがお勧めです。また、感想を聞かせてくださいね!(^^)!

ゆめさんの記事を見てからずっと気になっていました。子供の頃、食べた事があったはずなのですが、すっかり味を忘れていました。しかし、稲荷の一口目で蘇りました。この系統の事件はまだまだあると思いますが、弟しか覚えていません(T_T)兄弟ってこんなものでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/40952934

この記事へのトラックバック一覧です: しらいし★★☆:

« C'epageセパージュ★★★ | トップページ | 空我★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008