« 小麦粉考 | トップページ | 丸万★★★ »

2008年3月24日 (月)

炭火イタリアンGRAZIE★★☆

春の風が吹き始めて、いい季節になってきましたね。

少し寂しい送別会の季節でもあります。

”炭火イタリアンGRAZIE”は参番館ビルの6階にある雰囲気も素敵なお店。

Dsc00003

エレベーターを降りるとセンスの良い看板と、笑顔の素敵な背の高いマスターが

”GRAZIE(グラッチェ;有難う)”(^^♪とお出迎えです。

Dsc00002

テーブル席(あと2つ4-5人掛けのテーブルあり)と、

Dsc00001

カウンター席の比較的広めな作り。

本日は、職場の送別会31人、4500円飲み放題コースをでご紹介です。飲み放題には生ビールの他に各種カクテル、ワインも含まれていてお徳です。カウンターの二人席と三人席を含めて31人は仲間同士でゆったりと食事をして別れを惜しむには丁度いい数です。これ以上増えると少し狭く感じるかも知れません。

さあ、戴きましょう。

Dsc00005

Antipasto; ”スズキのカルパッチョ”

ゼリーの入ったソースにはハーブがふんだんに乗っていますしっとりとした舌触りの鱸の身に合わせて戴きます。酸っぱさと友に複雑な香菜の風味がが広がります。

Dsc00017 

In Salata; ”ハムのサラダ仕立て”

ハムを厚く切った冷菜で、付け合せのピクルスがアクセントになっています。分厚く塩気の効いたハムはワインにもぴったりです。このお皿で3人分。

Dsc00021

Primopiatto; ”ペンネのボロネーゼ”

肉のエキスがたっぷりと含まれたソースと、これまたたっぷりチーズがアルデンテペンネにしっかりと絡んだ重厚な一品。ピリ辛な肉汁が脳細胞を刺激し続けるのでなかなかフォークが止まりません。普通の胃袋サイズの女性はココで抑えておかないと最後までたどり着けないかも知れません。お皿は4-5人分で、しっかりお腹も落ち着きます。

Dsc00025

Secondpiatto; ”ホロホロ鳥グリル”

これは驚きの初体験。鶏肉よりやや野性味のある肉がマスタードソースでオーブンされています。骨の近くはまだ赤みがかなり残っていますが、温かく火はしっかり通っています。その部分が鳥系では珍しいレアーな仕上がりになっています。地鶏のたたきのような肉本来の風味も味わえて(^^♪(^^♪(^^♪

お腹いっぱいの方々が数本残していたので、その場でもう一本戴いて、残った分はお持ち帰りして後日温め直して頂きました。なにか独特な風味が癖になります(^^)v

Dsc00028

Dolce; ”アーモンドケーキ”

上品な甘みがアーモンドの風味を生かしており、最後なのにあっさりと戴けます。

団体コース予約だったので他のメニューは見ていません。今度は、少人数で一品ずつメニューから選んで楽しみたいものです。

その時もホロホロ鳥は外せそうにありません(^_-)-☆

 

« 小麦粉考 | トップページ | 丸万★★★ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

う~ん、美味しそう!ホロホロ鳥、お肉の柔らかさが伝わってきます。歓送迎会の多い季節にありがたいレポですheart02
記事を参考にさせて頂いて『La Vita』行ってきました♪美味しかったです^^

25-30人前後で貸し切るなら味・予算・雰囲気とも最高の場所だと思います。マスターも店員さんも感じが良いし、コックさんはカウンター奥で黙っていい仕事されています。違うメニューを食べられたら教えてください。”La Vita"も気にいられた様で何よりです。大洲情報では、大洲のりょう花の横に黒いボックス型の”さわだ酒店★★★”がお勧めです。次男さんが作った地酒・ワイン専門店で酒蔵を足で回って集めたdeepな情報と最高の状態の地酒があります。はっきり言って日本酒マニアです。好みを伝えてお勧めの日本酒を買ってみてください。チーズもあります。少し場所が分かりにくいですが、横の文房具屋さんに間違えて入らないようにしてくださいね!(^^)!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/40598141

この記事へのトラックバック一覧です: 炭火イタリアンGRAZIE★★☆:

« 小麦粉考 | トップページ | 丸万★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009