ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 高知最高(^^♪(^^♪(^^♪ | トップページ | こころ★★☆ »

2008年2月13日 (水)

菊栄★★★

電子瓦版のお仲間達が”うめえ”と評判の”菊栄”に着いたね。

Dsc00033

松山城横の西堀端>本町通り>木屋町と、まっつぐ北上し、山越えの逓信所を超えるってえっと左手にちいせい看板が出てるんで、見落としちゃいけないよ。

ん?ことばが可笑しいってか?

てやんでい、あっしが江戸っ子になっちまうくらいの凄げえ処だから、驚いて、ひっくりげえって、座りしょんべんしねえように、よーく見てなって。

Dsc00034

おおっ、いっぺえやれそうな、つまみもあるじゃねえか。

おろっ、まっぴるまっから、小またの切れ上がったご婦人と、差しつ差されつ徳利を傾け合ってる野郎もいるねえ。あっしもそう行きたいとこだが、今日のとこは持ち合わせがねえからしょうがねえや。

Dsc00036

おっとっと、べらべらくっちゃべってる間に蕎麦が出来ちゃったよ。これが角の人形屋の猫好き旦那が勧めていた”鴨せいろ”だな?

鴨肉なんて、久しぶりだ。おお、火の通りが丁度いいから脂が肉と同じくらいの柔らけーので、口の中で溶けるね、こりゃ。これだけでも一升飯がはいるな。

Dsc00038

そうそう、肝心の”蕎麦”が伸びないうちにっと。こりゃまた、きれいな艶をしてるじゃねーか。

味噌汁飲むと、あばらの三本目にわかめが引っかかってるのが見えるくらいの透き通った肌のご婦人を思い浮かべちゃうね。

こんなもんは、ちまちま食わずに大きな音立てて、つっつーとたぐるもんなんだ。先っぽにちょっと汁を付けてっと。

こりゃー、うめーな~。蕎麦粉の香りがぷーんときてたまんないね。麺にいやな水気が残ってねえのがいいや。おお、噛んでる内にだんだんと甘みが出てくるから憎いね。

今度はつゆの中の葱も一緒に戴いてっと。こりゃまた、いけるね。本当に鴨が葱をしょっちゃったよ

こんだけうめーのに、結構かさもあるじゃねえか。これだから例の大飯喰らいの旦那も満足な訳だ。あの人はうどんだけじゃねーんだな。良い店知ってら~。

この珈竰丼も、あちらのもんだからどんな奇天烈な味がするのかと思ったら、蕎麦のだしを使っているから旨みに深みがあるってもんだよ。

そういや、よこちょで蓄音機を眺めていつも唸ってる大将が、ここに俺と同じくらい男前の大将が居るっていったけど、今日は奥に引っ込んじゃってるのかな?

おっといけねえ、蕎麦屋に長居は粋じゃねえや。今度は懐の温ったけー時に駕籠かきにでも乗っけてもらって、おつなところと二人っきりで差しつ差されつやりたいもんだね。

おっと、かかー、冗談だよ、冗談。

« 高知最高(^^♪(^^♪(^^♪ | トップページ | こころ★★☆ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

ここは、高校のサッカー部の後輩が大将です。
あ、ワタシはサッカー部じゃないんですが。。。
シェイラのマスターの後輩。

鴨せいろ、ワタシも大好き♪
ここの鴨は単品で食べても美味しいですよね♪
夜はコースがありませんでした?

行っちゃった、お昼に♪
ほぼ毎日、隣の事務所に行くんですが、昼時は避けるので、なかなか寄ることがありません。
いけちゃんさんの↑に刺激され、今日はわざに行きました。
天丼とせいろ。ダシ、抜群ですよねー。
店内も器もオシャレだし、そば湯の湯桶も今日は鉄瓶でした。
ここのそば湯は真っ白に濁っていて、そばの香りプンプンですー。

ここから西方向にある「玄」はご存知ですか?
つながりがあるとか(玄の方が古い)で、同じテイストです。
ただ、店主体調不良で今は閉店中だそう。
無印良品のあるビル1階の「まろ」もぜひ。

いけちゃんの江戸っ子ぶり、最高です(^^)ここはほんとにおしゃれですよね。おつなところとならここが一番ですね♪ちなみに自分はそばの味だけなら椿さんの近くの無着庵も好きです。

噂の”男前大将”がお知り合いとは顔が広いですね。麺の種類も数種類あってこれから贅沢な休日を愉しみながら少しづつ頂いてみます。それに結構な量を食べてますが、これは昼食です(^_^;)

早速の行動力!さすが、”食べるかしゃべるか”ですね(^^♪喜んで頂いて何よりです。鉄瓶の蕎麦湯も蕎麦の香りが素晴らしくて幾らでもはいりますよね。隣の事務所に毎日行くなんて羨ましいです。 ”玄”は松山に来た当初は唯一の個人蕎麦専門店だったので東長戸まで通いました。時々横目に通りますがやはり閉まっているようです。”まろ”は一杯やる”あて”が揃っていて好きです。蕎麦がきをへらにつけて炙ったものがあったと思います。日曜休みなので、滅多に行くようにならないのが残念です。

頑張って江戸っ子風にしたので褒めていただいて嬉しいです。すーさんもかなり蕎麦がお好きなようですね。無着庵は去年の今頃に一度行ってみた事があります(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2007/01/post_d0a4.html)。駐車場に入れにくいのと、この辺は春光亭や海鮮とんこつ屋などがあり、たどり着く前にそれらに吸収されてしまいます。同じ場所に以前も似たような名前の蕎麦専門店がありましたよね。今回はここのオーナーがかなりの蕎麦好きで、職人さんを東京から呼んできてまで始められた聞いた事があります。自己流色が強いですが最近は”癒庵(http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2008/01/post_3971.html)”がお勧めです。松山の蕎麦専門店はなかなか長続きしないイメージがありますが、各店とも個性的なので頑張って欲しいものです(^_^)v

いや、 頑張ったのは解りますが ムチャクチャ読みにくかったです。

でも いけちゃんさんの 心意気というか 気持ちは良く解るので なんとなく嬉しかったです。

大将は 元々 違う職業でしたが 転職して正解だったと思います。

蕎麦の繊細さというか 感覚的というか、 其処が合ってたんでしょうね、

でも 駐車場 酷いでしょ ^^ 線 引き直して もっとゆったり停めれるようにすればいいのにね

個人的にはNo1と思ってます。。。

読みにくい文章にお付き合い頂き有難うございます。殆どが敬愛する志ん生師匠のパクリです。転職してあそこまで完成度をあげられたのは尊敬に値しますね。蕎麦って刺激的ではないのに突然食べたくなる不思議な食べ物です。駐車場は昼過ぎで空いていたので問題ありませんでしたが込んでいたら大変でしょうね。

賛成!ところで沖縄からのカキコ?

そば 美味しそうですね
飛んで活きたいです、
でも遠いです、

ようこそ”勝手に松山ミシュラン”へ。遠くからのお越し有難うございます。洗練されたHPですね。プロの料理人の方でしょうか?これからもよろしくお願いします。

お久しぶりです♪このお店、会社から激チカ!なのに、未だ未食。
すぐ近くのオムライス屋さんに流れてしまいがちです。ブログ復活?したので後追いで行ってみま~す☆

お久しぶりです。ブログの更新をされてなかったので密かに心配しておりました。食べ物ブログという魔物の魅力から逃れ切れなかったのでしょうか(^_-)-☆それにしても横のオムライス屋さんは目に入っていませんでした。そちらは私が後追いさせていただきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/40113057

この記事へのトラックバック一覧です: 菊栄★★★:

» 菊榮の鴨せいろ [Gatto e tagliatelle di Matsuyama]
早い時間のお昼だったので 年末振られた 菊榮に行く事にする。 営業時間と定休日が変わってたのね、 それほど行ってなかったということで反省、 しかし ココの鴨せいろは絶品です。 別で焼いた鴨が出てくるのがとてもよろしい、 山椒をガリガリと擦って 柚子胡椒を少し入れる、 後で出汁を蕎麦湯で飲むことを考えて 控えめに入れる。 蕎麦湯も濃くて好き、 煮詰めて濃さを調節してるのかな? 写真は大盛ですが このくらいは軽く食べれて もう1杯くらい違うのも頼みたくなるほど、 今日は昼時なので ... [続きを読む]

» 男前蕎麦屋 菊栄 [nomchan.com]
昨日、新居浜で美味しい蕎麦を食べたばかりだというのに、 何故だか今日も蕎麦を食べたくなって ここ菊栄にやってまいりました。 場所は 国道196号線沿い、山越のゴルフ練習場の向かいです。しかし、目立たない雑居ビルの1Fに位置し、派手な看板もありませんので、知らない人はここがそれほどに旨い蕎麦屋だとは思いもつかないでしょう。加えて言えば店内も「あれ?お洒落なカフェ??」風の造りでもありますから初めての人は驚き×2することでしょう。 本日は数あるセットメニューの中から、定番中の定番 菊栄定食【... [続きを読む]

« 高知最高(^^♪(^^♪(^^♪ | トップページ | こころ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2