« さんりんしゃ★★☆ | トップページ | わだ★★★ »

2007年12月 9日 (日)

ジワリジワリと盛り上がる八幡浜

私が小学生の頃は、ポッケの中にチャリ銭握り締め、バスに乗ってこの街の本屋や商店街に行くのが、今思えば大人への入り口。

その頃のこの街は、子供ながらに活気のある町でした。

5年前に、20年以上の時を経た社会人として、この街を訪れた頃は文字通り閑古鳥の鳴く様に唖然としたものです。

それから幾度と足を運び、2006年2月に、初めて”九州>愛媛麺類八幡浜渡来説”を唱えた頃には、今の”八幡浜チャンポンブーム”は蕾だったような気がします(^^♪。

さて、愛媛blog界の鬼才conrans卿が、JR八幡浜駅構内に出来た”駅ナカ・浜っ子”を記しておられ、南予人としてはその実態を確かめに行かないわけにはいけない、この週末。

この街の玄関、JR八幡浜駅に降り立ちます !(^^)!

Cimg3762

なだらかな段々畑をバックにしたこの風景は、30年前と変わらぬたたずまい。

Cimg3760

”駅なか浜っ子”に到着です。

Cimg3759

SSの甘ーい八幡浜蜜柑が5kgで1000円程つるし柿用の柿もあります。

皮を剥いて、軒先に吊るせば、冬の風があの甘い吊るし柿に変えてくれる自然の恵みでしょう。

Cimg3758

これぞ、オーガニックの地元おばさん手作りジャム、350円。

おっと、本日の目的はこの奥の特設食堂にあるのです。

Cimg3754

客の100%が地元の方。

それでいて、なにか嬉しそうに、また誇らしげにここで休日のブランチを楽しんでおられます。初老の夫婦と、食事を終えたおじさんは知り合いでは無いけど他人ではない会話を楽しんでおられます。

Cimg3757

お願いしたのは勿論”チャンポン(450円)”です。

Cimg3778

”ラーメンの真髄(石神秀幸)”にも、日本のラーメンは、”My Soul Food; 長崎チャンポン”に端を発しているとの説が載っています。

長崎のそれとは違うのですが、ちゃんぽん麺であること、野菜たっぷりのスープである事は充分チャンポンの必要充分条件を満たしています。

それ以前に、”八幡浜ちゃんぽん”は既にブランド化を確立していますね(^_^)v。

魚介類と野菜の甘みをしみこましたスープに絡めながら、ズズズーと完食です。

”同級生の家に行って、そこのお母さんが作ってくれた味”です。直接関係ないけど、私の小学校一年生の時の100人の友達の一人目は”コウくん(宝来軒)”です。

話はそれましたが、ご存知のように八幡浜ちゃんぽんは、

Cimg3771

”ロンドン”の先代が、国内の修行先から持ち込み、

Cimg3768

兄弟が”イーグル”に別れ、それをきっかけに、

Cimg3766

”丸山”の様な名店が、街のあちらこちらに見受けられられるような、広く深い文化です。

勿論、これら名店をくまなく食べ歩きたいのですが、人並み倍程度の胃袋しか持ち合わせていない私は、丸山でチャンポンを頂き、イーグルの焼き飯梯子が定番です(^_^;)

チャンポン以外にも、

Cimg3763

JR駅前消防署斜め前の”いこい”の焼き鳥は、最高ですよ(^^♪(^^♪(^^♪

夕方以降の営業が中心で、店内で食べられない場合は看板に書いてある電話番号に予め掛けておいて、持ち帰りを取りに行ってもいいでしょう。

ニンニクなどがガツンと効いた、独特の自前のたれもビニール袋に入れてつけてくれます。

Cimg3774

レトロな銭湯(連日夕方開店中)や、

Cimg3776

煙突付きの”手造り酒”屋。

Cimg3773

街を一望する”八幡様”もあるのです。

確かに地元の知り合いに訪ねると、かって船団を成していたトロール船も、漁獲高減少の為、数船に減ってしまい、甘くて美味しい蜜柑も生産者の老年化にて落ち込んでいるとの事。

でも街の様子は、、5年前に私が唖然とした頃より、着実にジワリジワリと盛り上がっているのは間違いありません。

Cimg3765

商店街の壁に張ってある高校生新聞がそれを教えてくれるのです。

ちゃんぽん情報も満載で可愛らしい記事です。double clickして是非、読んでみて下さいね。

(^^♪(^^♪(^^♪

« さんりんしゃ★★☆ | トップページ | わだ★★★ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすが、いけちゃん!!
すんばらすぃ~~レポート!!

八幡浜といえば、大洲に研修で2ヶ月ほど住んでいた頃、所長さんに八幡浜まで飲みに連れて行ってもらったことがあります。
今思えば、タクシーで大洲~八幡浜往復って贅沢ね~。つっか、所長さん、太っ腹!!
(その所長さん、今はむっちゃ偉くなってます。)
若い頃はよかったわ~~~
(^・ω・^).....ンニュニュ?なにか??

なつかし~~♪
以前は八幡浜に仕事で時々泊まっていました。
その時のぶらぶらお散歩で八幡様も大正湯ももちろんほとんどのちゃんぽん店を食べ歩きしました。(だって街がちっちゃいもんね)
でも駅ナカのお店は行ったことないなぁ。
イタリアンちゃんぽんが最後の行ったお店です。あれから急にメジャーになってきて、なんだかふるさとをほめられているようでうれしいです。^^

お褒めに預かり光栄です。昔は、大洲から八幡浜に呑みに出かけていたのですね。今は大島屋に河豚食べに行くくらいでしょうか。ここの河豚は最高なので、白子の時期にMBGBで行きませんか?

ゆめさんの縁の地でしたか?私より八幡浜にお詳しいようです。駅ナカは最近出来たようです。今度八幡浜に泊まられる時は、ここにも書いたJR駅前の”いこい”の焼き鳥はインパクトがあっておいしいですよ。市役所前の鳥平も大好きです。鳥平のせせりを超えるせせりをまだ見た事は在りません。商店街の細道を入ると大きなスピーカーのあるジャズ喫茶もあります。そう思うとまだまだ魅力的な街ですね\(^o^)

数年ぶりに八幡浜駅。国道沿いのみかん直売所みたいなのが駅の中にあって、、ありゃりゃ、、と寒さがよけい身に堪えたのですが。。
でも、観光雑誌やパンフレットより魅力的なレポートで、地元出身者としては大変感謝してます。タクシー運転手の話では、県外からもちゃんぽん目当て来る人いるとか。

初カキコ有難うございます。ようこそ”勝手に松山ミシュラン”。私は5年前から定期的に仕事で訪れていますが、今年の春くらいからガイドブック片手に商店街を歩いている団体を見かけます。正直、チャンポンの食べ歩きだけではきついので”二宮忠八(日本発の複葉飛行機製作者?)”の記念館とか、港の近くで地元の海鮮料理が昼まで食べられる店があればいいのにと思っています。5年前はドンゾゴの雰囲気でしたが、今は少し雰囲気の違いを肌で感じました。がんばれ、八幡浜!これからもカキコ宜しくお願いします(^^♪

八幡浜は地元みたいなもんなんで、僕の八幡浜の味の思い出はちゃんぽんと八幡浜港のバスラーメンでしたね。
ちゃんぽんだと今は無いけど『あじよし』が好きでした。
『イーグル』は昔食堂やったんで定食とか食べた覚えもありましたけど、ウチの親父が高校生の頃にも通ってたそーです。

昔は港にバスラーメンが在ったのですか?そういえば、港の食堂の豚カツ?が旨いとの噂も聞きました。イーグルはそんなに古くからあったのですね。私は小学校の頃に、今の高島屋の反対側にある駄菓子やさんで、ベビースターカップラーメンを啜りながらインベーダーやギャラクシアンをしていました(^^♪らっきい♪さんと駄菓子屋で遭ったかも?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/17323411

この記事へのトラックバック一覧です: ジワリジワリと盛り上がる八幡浜:

« さんりんしゃ★★☆ | トップページ | わだ★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009