« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

一蔵@高島屋北海道展

恒例の北海道展が高島屋にやってきました。

先日、三越のデパチカが改装したばかりで松山デパート商戦の始まりでしょうか。

テレビで”新宿駅デパート商戦”なんて特集があったら、食い入るように見てしまい、最後はフロアーマネージャー(単身赴任歴20年、中年小太り)の涙にもらい泣きしている私は、企画物には飛びついてしまいます(^^♪(^^♪(^^♪。

じっくりと試食をフルコースで楽しんだ後は、元祖旭川ラーメン”一蔵”です。

豚骨と野菜をじっくり煮込んだ無添加スープに、北海道産小麦100%麺がここの特徴です(HPより)。

Cimg3420_2

”正油ら~めん”です。

この店の代表メニューです。深みのある豚骨に香り広がる醤油の香りがなんとも言えません。スープの魅力を充分楽しんだ後は、ちぢれ麺をズズズと啜ります。こう言うのを麺とスープの相性がいいと表現するのだと納得の組み合わせ。

Cimg3418

定番のバターとコーンを加えた”正油バターコーンら~めん”も深みが増します。子供の頃から、スープを飲み干さないでこのコーンを全て食べつくしたいという課題が、いまだに解決できていない事を思い出したりします!(^^)!

Cimg3417

”鮭節塩ら~めん”です。

こちらは一風変わった鮭節を使った魚介系の味

この照りのあるスープに期待が膨らみますが、裏切りません。

その味だけを楽しむ為に塩味にしましたが、正解です。スープを啜ると黒胡椒の香りの中に、上品かつ深みのある鮭節の旨みが広がります。これもちぢれ麺との相性が抜群で、醤油で香りがマスクされない分だけ、麺自体の小麦の香りが楽しめます。小さい青梅のアクセントに工夫を感じます。

これはお勧めです(^^♪(^^♪(^^♪。

レトルトの味でもしょうがないと思っての入店ですが、心配無用です。

Cimg3419

”鮭節みそら~めん”も、味噌と鮭節の組み合わせが相乗効果。

味噌と節の組み合わせは毎朝のおみおつけでの黄金の組み合わせ。唐辛子を少し入れてピリリと締めると、体が心から温まって新陳代謝が更新します。

その他、いか飯、海鮮丼、コロッケ、屋上での回転寿司に各種スイートと目白押し。

閉店前時間でも、目を輝かせた食べるの大好きそうな同士達が嬉しそう(^^♪。

これは胃袋がいくら合っても足りませんね~。

11月6日まで楽しめますよ~(^_-)-☆

PS;K谷さん御一家。いつもご愛顧有難うございます。アレから行ったのですか?

2007年10月25日 (木)

やまと★☆☆

新橋ガード下の”焼きとん”が味わえる店。

こんなフレーズで雑誌に紹介してあった”やまと”に出陣です。

三番町通りを八坂から勝山に向かうと直ぐに目に入ります。

Cimg3292

ほぼ貸切で盛り上がっている状態だったので、カウンターに座ります。

横には松山のギャル曽根AZAさんと、その同僚の方。その方は短期間ですが、私の弟の家庭教師をされていた事が偶然分かります。世の中は狭いですね〜(^^♪

さて、基本のメニューチェックから入ります。

Cimg3293

や、安い!

”焼きとん”はお財布の味方ですね〜\(^o^)/

この店の前にみうらでフルコースを平らげていなければ、”とりあえず、上の段全部”とお願いするのですが、少しずつ注文しましょう。

Cimg3299

”ハラミ(横隔膜)””カシラ(頬肉)”です。いわゆる赤ですね。

どちらもあっさりと頂けますが、横の味噌をつけると肉の旨みが引き立ちます。歯ごたえもしっかりしていて、癖もなく、お好み焼きで満ち足りたはずだったお腹にビールと流し込まれます。

お店を見回すと、納得の張り紙。

Cimg3300

シンプルな料理だけに素材の良さが伝わってきます。

Cimg3302

白は”コブクロ(子宮)””シロ(腸)”です。

これも牛に比べてあっさりとしています。

どちらもキュッキュとした食感。歯ごたえ系の好きな私にはストライクです。

Cimg3296

テーブル席の団体さんはゲストを呼んで盛り上がってます。

いつの間にか、カウンター席のこちらも拍手や掛け声で参加します。

仲間に入れていただき有難うございました。

特に奇をてらった味ではないですが、癖になりそうです。

次回は、肩のよれたスーツ姿で日の暮れと同時に入店し、ホッピー片手にネクタイをおでこに巻いて、上司の愚痴でもこぼしてみましょう\(^o^)/

2007年10月23日 (火)

ラーメン魂 (^_^;)

Komachiの11月号が送ってきましたよ )^o^(。

Cimg3337

”ラーメン魂”って、気合入ってますね。

Cimg3338_2

22ページを開くと、ラーステ火付け役:石神氏の仁王立ち。

ラーステ開業の初日にお見かけした事があるのです。

あの時に一緒に写真とって貰えばよかった(^^♪

Cimg3326

おお、名だたるブロガーに名を連ねています。

”勝手に松山ミシュラン”             ラーメン紹介件数  約40件(-_-;)

”けん坊のら麺探訪録”            ラーメン紹介件数  約250件

”愛媛らーめん図鑑”              ラーメン紹介件数  約128件

”Gatto e tagliate di Matsuyama”  ラーメン紹介件数  約120件

よ、40件って、えっ!

Cimg3335

申し訳ないっす  <(_ _)><(_ _)><(_ _)>。

私だけあんまりラーメンに詳しくないのに、勢いで並べてもらっています

(私の専攻は”夜間アルコール+蛋白質と〆炭水化物系”です(^_^;))。

ラーメン博にも行かず、に三越でハムやチーズの試食に夢中でした。

長崎育ちなので、一番好きな麺は”長崎チャンポン”と”思案橋ラーメン”。

も・ち・ろ・ん、、

雑誌に載るのは3回目(1回目2回目)ですが、かなり!(^^)!嬉しいです

(回を重ねる度に”取り扱われ面積”が減少してるのは気のせい?)

親は苦笑していますが喜んでます。

従姉弟には自慢しますが、伯父伯母は”あの子は何してるの?”と心配するので黙っています(^_^;)。

これも全て、”1日18時間くらい食べ物の事を考えてる小生”の駄文にお付き合い戴いている皆様のおかげです。

Komachiさん、これからも頑張るので、また載せてくださいね(^_-)-☆

蛇足:私の愛する”闘牛”が地図だけ、昔(花園町)のままですよ。

外観と住所は合ってます。今はここですね。

2007年10月21日 (日)

三越食賓館RENEWAL

10月20日は三越地下食料品売り場のRENEWAL OPEN。

話題の愛媛ラーメン博に行けなかった無念を晴らすべく、閉店間際に突入です。

滅多に行かない上に、サルキジの担任の先生にぱったり会ったり、ブランドに身を包んだ奥様方の目線が気になり、写真は撮れていません(^_^;)。

* Kafer(ケーファー)

本場ドイツからやって来た本格的なハム・ソーセージ・サラミなどが楽しめます。

エレベーターを降りたら正面に明るいショーケースがド~ンと横たわっています。広いケースの中に山積みにされた様々な種類のハム達は、一つ一つ試してみたくなりますよね。

店頭で”このペッパーシンケンはピリッとしていて、ビールのつまみに最高ですよ!(^^)!”と勧めてくれるおじさん

他のお客さんに”全て一枚から切り分けますので、遠慮なく仰ってください。本当にうまーいですよ”と満面の笑顔ですすめているおじさん

店の奥で、大きなハムの塊をスライスしてくれるおじさん

3おじさんとも、今まで見たことも無い位にお腹が三角錐状に飛び出し、大柄で赤ら顔。体全体でここのハムが如何に美味しいかを証明しています。

この日のお勧め、ローシンケン8枚500円を試食。得も言われぬハムの香ばしい薫りと、じっくりと滲み出してくる動物系の旨み成分に唸ります。

今度は、サラミやベーコンを一枚ずつ切ってもらおっと(^_-)-☆

* Le Plaisir(ル・プレジール

愛媛初のチーズのセレクトショップが登場です。

かってデパートも無い田舎の漁村で生活していた時に、sony family clubの年間契約でチーズを食べまくった私は、ブルー、ウォッシュ、ハードなんでも来いのチーズ好きです。

100g400円位から千円以上の高級新鮮チーズが並んでいます。ここも好きなだけ切ってくれるので、 ”ちょっとづつ、色んなもの”が食べたい私には宝の山です。初めから大き目の一切れに切ってラップのしてある物のあるので、食べ残しが出なくて良いでしょう。

トムとジェリーに出てきそうな穴の開いたチーズと、慣れてしまうと忘れられない刺激臭を突きつけてくるクリーミーなウォッシュを一つずつ購入。

横のジョアンでバケット、ラ・カーブでワインを揃えて、今日は”おほほほ~~”のヨーロッパ風晩酌です。

*リニューアル記念の為、ハムも一枚単位、クロワッサンも焼きたてまるまる一個単位で試食できます。ワインや焼酎も普段はその値段で入らないような逸品を一人一本限定で売っていますよ~!(^^)!

2007年10月17日 (水)

石鎚チロルの森 

祝・ブログ記事300件目!(^^)!!(^^)!!(^^)!

爽やかな初秋の晴れ間に、体全体で自然を感じて充電です。

”石鎚チロルの森”は松山から小一時間で行ける、体験型アミューズメントパーク。

Cimg3188

チロル風のゲートを通ると、そのまま林を抜けて川に降りる事が出来ます。

Cimg3163

今までこんなに透き通った清流を見たことがありません。ごつごつの岩をポンポンと渡って川沿いで腰掛けます。

Cimg3179

透明度の高い冷たい水に足をつけたり、恐る恐る岩を渡ったりして、川中の大きな石に太陽の光を浴びながら寝そべります。

ス~と何かが体から抜けていってこのままズ~っといたい感覚に浸かります(見苦しい足モデルで申し訳有りませんm(__)m)。

Cimg3166paint

街中育ちのキジも気持ちよさそう !(^^)!!(^^)!!(^^)!

Cimg3162

そのまま左上を見上げると荘厳な石鎚の岩肌に包み込まれます。

さて、ここで終わると”勝手に松山ミシュラン”では無いでしょう(^_^)v

そのまま右上を見上げると、、

Cimg3175

川辺でBBQが出来るではないですか!

でも、ご飯前なので河岸を変えて現地調達方式に乗り換えます。

少し移動すると釣堀でヤマメ釣りが楽しめます。

一人2000円で4匹までOKなので、小さいのは逃がして大きい奴を狙いましょう(^^♪

ぼや~と釣り糸を垂らしていても餌をとられるだけ。サルも要領を覚えて、当りの来た瞬間にジャンプしてしゃくり上げています。

Cimg3192

魚が可哀想と、釣った魚に餌をやっていますが、食べません(^_^;)

そんな子供の気持ちを知って知らずか、食物連鎖の世界を体験させようと、調理場に持っていくと、

Cimg3195

あっと言う間にこんな姿になり、

Cimg3201

こんなになってしまいます。

釣りたての物を自分達でじっくり料理するので、これ以上の物は有りません。釣堀から釣り上げましたが、全く臭みも無く、野趣味あふれる味に仕上がっています。川魚なので焦らずじっくりと乾くまで焼き上げるのがポイントです(ここは私の担当)。

サルキジも美味しい(*^_^*)美味しい(*^_^*)と食べていたので一安心です。

Cimg3185 Cimg3184

オリジナルのソーセージや地ビールもあります。

こんな身近に四国山脈の大自然を感じる事が出来るなんて幸せですね。

2007年10月11日 (木)

ゴーゴーカレー★★☆

爺ちゃんに買ってもらった真っ黒なランドセルが背中になじんだ2年生の頃。

坂本小学校への坂道をお兄さん・お姉さん達と登校していた時に、羨ましく思った子が2人いました。

一人はケーキ屋の女の子。

ふっくらした彼女のほっぺたとお腹は、子供ながらに”余ったケーキを食べたい放題なんだろうな~”と想像力をかき立てられたものです。

もう一人のは喫茶店の男の子。

朝から、得も言われぬ”喫茶店のカレー”の匂いを放ちながら、登校の列に加わって来ました。

給食のカレーとも、お母さんのカレーとも違う、長く煮込まれて初めて生まれる香ばしさが、立ち込めています。

”大人しか食べられないカレーを朝から食べる事が出来る喫茶店の子供の特権”に、アパート住まいの幼い私は憧れを感じたものです。

さて、

Cimg3218

大街道三越前に出店した”ゴーゴーカレー””カツカレー”を口に運んだ瞬間に、30年以上の時を隔てて、喫茶店の男の子が放っていた大人の喫茶店のカレーの香りが甦ります。

アキバを中心とした東京エリアでは押しも押されぬ有名店ですが、まだ松山では広まっていないらしく、開店ブームの去った夜は並ばずに食券が購入できます。

他の専門店との個性化を図るためか、辛さの調節をしていません。美味しく食べれて、気が付けば鼻頭にジワリと汗がにじむ程度です。

”懐かしの手作り喫茶店カレーの味”です。この素朴さが人気の秘訣なのでしょう。不思議な”もう一回食べたい感”が湧き上がります。

Cimg3217

辛いのがよほど苦手な方には、生卵を混ぜて戴く事をお勧めしますが、初めはお店オリジナルのルーをお楽しみ下さい。

揚げ物中心のトッピングは若者の味方ですが、健康診断が済んだばっかりのメタボ系サラリーマンには、やや心の抵抗があります(勿論、胃は求めています)

"MY EYES ARE BIGGER THAN MY STOMACH"

(胃は一杯になっても、目は一杯にならない)

健康診断の結果を忘れ去った頃には、スペシャル大盛を〆に挑戦したいものです!(^^)!

そうそう、キャベツはお替り自由ですよ (^^♪

2007年10月 5日 (金)

もつ鍋ぶんちん★★☆

いや~、松山には次々と美味しいお店ができるものです (^^♪

Cimg3230

”ぶんちん”は三越の裏通りに出来た博多風もつ鍋の店。MARUBUN dkの通りです。

私がブログをやっている事を知っている仕事関係の方に”ここ、旨かったっすよ(^^♪”と名刺を頂き、馳せ参じます。Wさん、旨かったっすよ!

Cimg3234

小奇麗な2階席に威勢よく通されると、先乗り組みは既にジョッキが空いています。

Cimg3231

メニューにさ~と目を通しましょう。

さあ、つまみ系でじっくりやって、締めはどっちのもつ鍋にしましょう?

Cimg3232 Cimg3237

”熊本直送特選 馬刺し””黒毛和牛 牛刺し”です。

生姜醤油かニンニクをつけて戴きます。生は甘いですね(^^♪

Cimg3236

”黒毛和牛 味噌ホルモン”です。

上品なホルモンと、しゃきしゃきキャベツが甘目の味噌で炒められています。ビールも進むし、ボチボチ焼酎にしますか?

Cimg3243

今日は”もつ鍋スープ炊き”をお願いします。

手作りの揚げや餃子の皮をいれるこの鍋は博多で勉強してこられたそうです。

Cimg3244

さあ、ぐつぐつ煮立ってきました(^^♪。

Cimg3248

オリジナルのポン酢に柚子胡椒をといて、唐辛子を散らしていただくのがここ流。

純白な”白もつ”のプリッとした仕上がりをご覧下さい。新鮮で全く臭みが無く、もつ本来の旨みが野菜のダシによって包み込まれています。野菜も歯ごたえが残っている内にたっぷりと戴けます (^^♪

気が付けば、先ほどの二階席も一杯。女性だけのグループも見られ、皆さん美味しいものをご存知ですね !(^^)!

締めの胡麻麺が驚きです。

Cimg3251

鍋のお代わりも済んで、モツと野菜の甘みをが溶け込んだスープはやや少なめに煮立っています。スープを追加するのかと思いきや、その中にチャンポン麺を投入します。

麺がスープを吸って炒め煮になった状態まで一気に進みます。

Cimg3252

そこに、黒胡麻と白胡麻を順序良く投入して、

まぜまぜ\(◎o◎)/\(◎o◎)/\(◎o◎)/!

Cimg3256

たっぷりと甘みを吸い込んだ麺に香ばしい黒白胡麻が炒めまぶされて完成。汁気は殆ど飛んでいってしまい、濃縮されています。

ずずず~と啜って、カミカミすれば、素材と鶏がらスープの甘みをこれでもか!と吸い込んだ麺から、エキスが唾液腺直撃、脳天チョップです \(^o^)/

麺が終わった後に、なべ底にこびりついたスープたっぷりの黒白胡麻を割り箸の先で、こそいで食べると、これまた最高。

この、もつ鍋スープ炊きには胡麻麺、

もう一つの、もつ鍋醤油味にはのり麺の組み合わせ。

のり麺、待ってろよ~~ \(^o^)/\(^o^)/

2007年10月 3日 (水)

長浜一番★★★

ラーステだ、ラーストだと話題になっている昨今。

温故知新、松山で”豚骨”と言えばここ”長浜一番”でしょう(^^♪

Cimg3226

街から真っ直ぐ三津浜港に向かい、宮前川を越えてシュロの木の通りに入ると、左手に貫禄の存在感です。

この日も平日昼にも係わらず、駐車場も店内も一杯です。

暖簾をくぐると小躍りしたくなる様な豚骨の香り。

きつい豚骨臭で無いのがここの実力です (^_^)v

Cimg3225

”長浜ラーメン”です。少し濁ったスープを啜ると、懐かしの豚骨味。

”こってり風”とか”何とか系”なんて言葉が世にはびこる前の”ザ・トンコツ”

潅水の香りがかすかに感じられる細麺もスタンダード。ツルツルと口に運びながら替え玉のタイミングを計ります。

トッピングの紅しょうが、辛子高菜、摺り胡麻はセルフで入れたい放題。

辛子高菜はなれない方にはかなり辛いので、常連さんのまねをして入れすぎると大事になります。まずは一つまみ試しに戴いてから自分に合った量を少しだけ入れましょう。

私が相席させていただいた、首からタオルを掛けたおばさん二人組みは、常連さんのほうが箸で大きく3つまみ位の辛子高菜をぶち込んで、ご飯と一緒に豪快に食べています。

その方に食べ方を尋ねながらのお連れのおばさんもつられて、箸で大きく一つまみの辛子高菜を入れていましたが、二口目に目を真っ赤にしながらむせてます。

これをクーラーの効いた部屋で書いている私が、今タオルで額の汗を拭った事をお伝えすればお分かり戴けるでしょうか?

お連れさんは、セルフの水を3回もお替りして、私が替え玉かためを追加している頃に、平然を装い店を出て行きましたが、どうなったのでしょう?

長浜一番、最高です (^_^)v(^_^)v(^_^)v

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009