« サルの恩返し@焼き鳥次郎★☆☆ | トップページ | 涼しい麺々 »

2007年9月24日 (月)

気になる麺々

さて、松山ラーメン界の超近代史を”勝手に”紐解いてみましょう

創世記;戦後より瓢系を中心とした元祖松山ラーメンが長きに渡り支配。

蕾花期;2000年中盤より、おがた・りょう花・松山分校・天領などの新風

     海鮮とんこつ屋・周平など今までと違うラーメンが衝撃の登場。

第一次ラーメンブーム;2005年10月、ラーステ登場。

    見たこともない長蛇の列がまつちかに出現。企画物など目新しい試み有。

第二次ラーメンブーム;2007年6月

    2番手に甘んじていた三越裏ラーメンストリートに次々と出店。

    ラーメン人達の流れを変える。

第三次ラーメンブームか?;2007年9月ラーステの3店舗が入れ替え

まずはその3店舗が気にならない訳はありません(*^_^*)

<博多ちょうてん ★☆☆>

Cimg3117

ラーステに活気が戻ってきました。第一回九州まん祭ラーメンフェスティバル優勝店のトロフィーが人を引き付けます。

Cimg3114

”松山限定どんたくスペシャル1000円”です。高校生まで九州で育った私には懐かしの思い出を美化している為か、豚骨臭がもう少し足りないように感じます。麺も柔らか目でしたが、

Cimg3116

”硬め”でお願いした替え玉はつるつる歯ごたえ抜群なので、開店間も無い事も影響していたのでしょう。非九州人の奥さんやサルキジには、クリーミーでありながらあっさりした後口がすこぶる評判です。

<満州屋が一番 ★★☆>

Cimg3154

”久留米とんこつしぼり650円”はスタンダードな一品。

表面に浮いた脂の濃くといい、麺の仕上がりといい、一口運んで思わず”旨い!”と唸ってしまいました。久留米育ちのAZAさんは少し違う印象のようですが、久留米人が半分しか入っていない私にはフムフムの仕上がり。個人的には麺に潅水臭があったほうが好きですが、それは昔のラーメンなのでしょう(^^♪

Cimg3156

”黒味たましぼり800円”黒い焦がしニンニク油が入っていて刺激的です。サルキジには辛かったようですが、私はタオル片手にズズズ~と禁断の世界へ。

Cimg3153

”日本一になった餃子420円”は、肉の歯ごたえがしっかり残っており、噛めば噛むほど肉汁が溢れます。

<平太周(ひらたいしゅう) ★★★>

Cimg3121_2

でた~~、右が普通盛、左が小盛の醤油ラーメンです。

量、味、作り方とも関東在住経験の無い私には衝撃の一杯です。

生で”背脂チャッチャ”を見ると、ごくりと生唾が降ります。

Cimg3120

まず、量が多いです。nomchan師匠が取材されていますが、まずは注意書きをよく読んでチケットを購入する事をお勧めします。

Cimg3123

書いてある通り、下の方から混ぜると、小麦の香りたっぷりの中太麺がこれでもかと現れます。まず、スープを戴くと、強烈な生ニンニクストレート背脂のヌルリとしたボディーブローが同時に攻めてきます。体勢を立て直そうと思ったところに、日常では経験した事の無い、醤油味と塩味の強いフックが連打で打ち下ろされダウン寸前です。

麺を大きく箸ですくって、口いっぱいにズズズ~を吸い込めば、脳幹が揺さぶられ意識が朦朧となります。麺を噛めばスープに負けない小麦の香りが広がり、多めに思われた量も気が付けば目の前から無くなっています。ここの衝撃はconrans卿が流石の表現力でblog化されていますが、18禁なのでご注意下さい。

まだまだ、気になる麺々は続きます。

<りょう花重信店の特塩ラーメン ★★☆>

Cimg3082

ここの透き通った塩ラーメン以前から定期的に通っていますが、その塩ラーメンが明らかな進化を遂げています。”特塩ラーメン”は最近zioさんも取り上げておられます。

正直、一時期時間帯や曜日に寄ってラーメンの味にムラを感じていたので遠ざかっていましたが、近頃のりょう花には気合を感じます。

スープはこの写真より透明で、今までの透き通った味にコクが増しています。何でもホタテの貝柱とかつお節を足したとの事で納得です。麺は細麺のツルツルでするりと入ってきますし焼き豚は自立ない程ホロホロです。

基本ご飯を注文し、それを一口、口に入れては麺・スープを流し込み咀嚼するのがお勧め。麺・スープ・ご飯の同時三角食べです。

時間帯による味のムラも改善されつつある気がします。チェーン店の宿命でしょうが、味の安定感が定着すれば★★★くらい好きな味です!(^^)!

<あづま家 ★★★>

Cimg2712

少し前に、怪しい松山夜の探検隊の締めとして訪れました。

Cimg2714

MBGBメンバーで行ったので、皆が食べると思ってつけ麺大盛を注文します。

Cimg2715

それが意外に皆さん手をつけられない為、時間ははっきり覚えていませんがかなり遅い時間に大盛を食べる羽目になります。

醤油ベースの和風出汁が、麺との相性も良く気持ちよく戴けました。スープは初めやや濃い目に感じましたが、食べ進めるに連れて丁度良くなり、最後は少し名残惜しくすすっています。こだわりのチャーシューの存在感もしっかりしており、近いうちに再戦を望むつもりのお店です。場所はここです。

皆さんの気になる麺々は、どんなお店ですか (^_-)-☆

« サルの恩返し@焼き鳥次郎★☆☆ | トップページ | 涼しい麺々 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

またまた論文を書き上げましたね。(∂。-)-☆
まだ、松山のラーメン事情は過渡期にあると思われますので、継続的に調査・分析をお願いします。
転勤とか、留学とか、高飛びとかは決して許されませんよ♪♪

いつも丁寧かつ厳しいご指導有難うございます。確かに師匠が仰るように過渡期ですね。九州ラーメンがどれだけ根付くクかがポイントだと思いますが、喜多方とか尾道なんかにも登場して欲しいものです。高飛びですか、、この10月に知り合いが一人米国、一人インドネシアに飛ぶ事になりました(^_^;)

よく纏め上げましたね、 さすがの分析と行動力で いつもながら感心します。

りょう花はもう記事になさってたとばかり思ってましたが お話だけだったんですね、 先に載せてしまってすみません。

既存店も色々頑張っているようなので これからも楽しみです。 行けなかったあずま家 いつかチャレンジしてみます。

さすがですね~~!!
麺々ってのもオサレよ♪

りょう花の特塩は
先日、KOHA&KOHA父が食べて美味しかったと言ってたし、そのうちトライですね。

あずま家の写真、ん???と思ったら
アメリカンなおいらだ~~!!

あづま家さん、最近味も麺も変わりました。

格段にレベルアップしております!
特製こってりウマかったー。

お見事です!まだ九州二軒行ってないので参考になります。
でも自分はおそらく『平太周』一本です。あの懐かしい
ガツンと来るラメンはやみつきになります。

PS・あまりにいいタイトルだったので、自身の日記のタイトルで勝手に使わせて頂きました。スイマセン。

実は『飲んでシメのラーメン』は苦手な方で…と言うか、飲んだら炭水化物があまり入らないのです(>_<)
食べても半分でいいとか、スープだけが欲しいとかのワガママが言いたくなってしまうんですね、これが…
それと最近は本当に『とんこつ』全盛で、これも若干苦手なのです。
とんこつでなく、塩とかしょうゆラーメンでおすすめのお店ってありませんか?

デジカメに溜まった写真を羅列しただけなのにあまり褒められるとむず痒いです。私がりょう花の塩ラーメンが美味しいという話をしたら、zioさんが”あそこの特塩が美味しいよ”と教えてくれたので実食しました。。(^_^;)。いずれにしてのりょう花の塩系は素敵です。勢いで松山にやってくるチェーン店より大事にしたいですね(^^♪

そうそう、少し前アメリカンな時のAZAさんと食べ歩いた時のあづま家です。鍋の中に色んな具材が溢れていた記憶があります。本職のお茶付けもおいしそうでしたね(^_-)-☆

ご無沙汰しています。おお、プロの目から見てのレベルアップとは楽しみです。それに”こってり”って文字に弱いのです。ますてぃーも締めラーメン派ですね(^^♪。近々、HCMのお土産持って行きますね。

ふむふむ、江戸の方にはあの味が懐かしいのですね。四国や九州育ちには刺激が強いのですが、病み付きになる味には変わりありません。江戸の方の本筋はやっぱ、味噌より醤油ですか?PS:タイトルまで褒めていただき恐縮です。第二弾を企画したいのですが、その前にベルトの穴を戻す作業が必要なようです(^_^;)

締めのラーメンの世界へはあまりお勧め出来ませんよ(^_^;)。禁断度が高いだけに中毒度が高いです。私などは締めの55カレーや点心に行き着いています(^_^;)。それでもこの世界に入りたいなら、醤油なら間違いなく周平でしょう。塩?街中に意外と無いかも?あまり詳しくないけど於可偉に有りそうです。詳しくは、zioさんの181軒のリストに全ての答えがありますよ(http://m-city.jugem.jp/?cid=8)。

『麺々』の言葉は自分もヒットです。りょう花は自分は数年前に何回か食べて以来行っていなかったのですがこのブログ読んでもう一度行ってみたいと思いました(^。^)あと街中の塩ならなかむらがあるみたいですね~於可偉だと塩は豚骨塩なのでmikarinさんには醤油系の日向鶏なんかもよさそうな気がしますがどうでしょう?

お褒め頂き恐縮です。暫くりょう花に行かれていないなら”特塩”はお試しの価値があると思いますよ。なかむらのねぎ塩は昨年7月7日の記事をご参照下さい。すーさんもなかなかの麺人ですね~。私は健診で脂肪肝の傾向が有りと言われ締めラーメン封印の危機です(^_^;)

 最近は、食べるだけ食べて記事をUPする事が少なくなっているので、これほど立派に記事を書かれると、私も書かなきゃって励みになります。

 満州屋は、分校が頭にあるので少し違和感があったりしています(^^;
 その点平太周は、二郎系に通じる感じが好きです。
 りょう花の特塩は、もうすぐ某雑誌で取り上げられるようです。
 どんな事が書かれているか気になります。
 あずま家のつけは、今でもやっていたら是非行ってみたいです。

ラーメンと言えばのけん坊さんに褒めていただくとは光栄です。実は連休で休みを貰って暇になったので取り貯めしておいた写真を整理したのです(他にやる事が無いのか?)(^_^;)。平太周は未経験の味なので刺激的でしたが、他のちゃっちゃ系は食べた事が無いので必然的に評価が高くなります。その辺は全国区のけん坊さんのご意見が気になります。豚骨は本当は長浜一番が好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/16552736

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる麺々:

« サルの恩返し@焼き鳥次郎★☆☆ | トップページ | 涼しい麺々 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008