« 串仙★★★ | トップページ | 日本ばし★★★ »

2007年8月18日 (土)

かめ福の冷やしラーメン★★☆

いや~、暑いですね。

”暑さ寒さも彼岸まで”と言いますので、もう少しの辛抱。

こんな時に嬉しいラーメンです。

今日のお昼はzioさんnomchanさんお勧めの”かめ福の冷やしラーメン”へ。

一天張の記事のコメントで棚釜さんが教えてくれた通り、デオデオの信号を環状線の方に入る小さい道を進むと、左手に現れます。

Cimg2604 Cimg2607

メニューも豊富で地元密着型名店。松山エリアのラメン屋は全て知り尽くしていたと思っていましたが、まだまだ奥は深いようで嬉しくなります。これもブログをやっているおかげの情報。棚釜さん、有難うございますm(__)m。

Cimg2609

さて、お待ちかねの”冷やしラーメン”が登場します。

ラーメンなのに湯気か立っていなくて、口をつけても冷たいので一瞬頭の中が混乱します。あっさり醤油ですっきりと麺に合います。

最近の都会での冷やしラーメンブームが気になっていましたが、松山にも昔からあったのですね!(^^)!。

Cimg2605 Cimg2608

新しいラーメン店に行くと必ず注文するその店のラーメンとチャーハン(今回は高菜)。

スープは透明ではないのですが、あっさりと戴ける懐かしの味。後でチェックすると麺の種類を変えることが出来るようで、今度はちぢれ麺にしてみます。

九州育ちの私にとって”高菜チャーハン”は嬉しい一品。

多めに口に運んでぱらぱらと離れていく米一つ一つの間から、ピリッとした高菜の香ばしさが鼻の奥に抜けていく瞬間は”懐かしか”とです。そこに、スープをすする”ラーメンライス”ならぬ”ラーメンチャーハン”は禁断の組み合わせ。

スープが冷えている”冷やしラーメン”が食べられる所をご存知の方。

是非、教えて下さい!

« 串仙★★★ | トップページ | 日本ばし★★★ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

感動が少ないなぁー・・・。
もうすでに皆さんがレポ済みなので、予備知識たっぷりだからなのでしょうが、私、初めてこの冷しラーメンにご対面した時は、腰を抜かしました。

それと、ラーメンはデフォルトのラーメンを食べたのでしょうか??だとすると、しょうゆとんこつ味で、丁寧に作られてはいるもののインパクトに欠けます。もうひとつの味噌ラーメンの方が絶対にオススメです。
味噌ラーメンの麺をちぢれ麺に。そして、かめ福ランチ(+320円で、餃子3個に半炒飯)で決まりです。

感動が少ない?師匠にかかれば何でもお見通しですね。実はこの日、左の奥歯が痛くて顔を右に傾けながら口の半分で味わったのです。つまり感動も半分(^_^;)。この様な不十分な体調で食べた感想をレポートしたことを反省します。虫歯も治ったので、次はお勧めの味噌ラーメンとセットで全身で味わってまいります(^^♪。

山越の華龍飯店にも、《冷やし坦々麺》ございます。
半チャーハンとのセットもありますよん。

かめ福 如何でしたか?
私はここの大将の馴れ合いでもない、いつも低姿勢で親切な応対にも好感触なので、お勧めしたかったのです。

管理人さんも松山在住ですか?
私は市内在住の初心者ブロガーです。
いろいろ参考にさせていただいてます。
また覗かせてください。
ではでは

山越の華龍飯店ね、メモメモ。 ここは本当に参考になりますね、 次回ターゲット ロックオンです。 

いつもdeepなネタ提供ありがとうございます。でも、山越って行動範囲が広いですね。松山の暑い夏は冷やし坦々麺で乗り切りですね!

今回のコメントで師匠(nomchanさん)に指摘されたように、今回は歯が痛くて十分ここのよさを表現できなかった気がします。私は九州生まれ育ち、ちょっと南予育ち、山陰経由、松山Jターン+松山在住です。これからもnative matsuyamanさん達の情報提供をお待ちしてます。

う、ロックオンされましたか?zioさんの感想を参考に私もおくばせながら、華龍飯店実食してみますね。その前に、永木のうどんに行かなければ~~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/16090903

この記事へのトラックバック一覧です: かめ福の冷やしラーメン★★☆:

« 串仙★★★ | トップページ | 日本ばし★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008