ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 一兆★☆☆ | トップページ | 一心ホルモン★★★ »

2007年5月19日 (土)

44番目

飲み会4連荘をどうにかこなし、体も仕事も休日です。

燦土で音志さんに紹介して頂いた竹森さんの”竹森ガーデン”に行ってみます。

果樹園つながりで私の従妹の旦那と知り合いだったりと、世の中狭い。

”ぶどう狩りとなし狩りだ~”とサルキジを引きつれ初めての久万高原町です。

砥部の向こうにこんな素敵な場所があるとは知りませんでした。

Cimg1919

一時間かけて”竹森ガーデン”に着くと、子供達が遊んでいるだけで大人の姿は無し。

”おじさんたち、どうしたの~?”なんて言われ、木に果物はありません。

改めて頂いた名刺を見ると8月から10月が時期だとちゃんと書いてあります。5月に葡萄や林檎が実をつける訳無いことにやっと気が付きます。こちらから連絡もせずに勝手に行ったので、今回は秋の下見と言うことにします(^_^;)

Cimg1923

そこで一足伸ばして、四国八十八ヶ所44番札所”大宝寺”へ。

Cimg1920

樹齢数百年の杉や檜の大木がうっそうと茂る中に忽然と現れる大門に圧倒。

Cimg1922

大きなわらじでしょう。何故か一円玉がわらじの藁の中にねじりこまれています。

ここから一汗歩いて本堂にあがると、荘厳な趣に写真を撮るのを忘れました。

Cimg1924Cimg1927_1

お参りが済んだら、お決まりの甘いもの。 ”やいとまんじゅう”はつぶあんを軽いよもぎの香りたっぷりの蒸し生地が包んでいます。あっさりと頂けます。

よもぎがお灸に使われるから”やいとまんじゅう”だと、お店の人に伺います。

八十八ヶ所の地図を見ると、この奥にも45番札所”岩屋寺”があるようで老若男女が歩いておまいりされています。

松山で見かけるバスの団体お遍路さんと比べると、かなり修行ムードが漂っています。

岩屋寺にも、お参りの後のお楽しみがあるのでしょうか?

« 一兆★☆☆ | トップページ | 一心ホルモン★★★ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そういえば、「大宝寺」手前の「久万の美術館」入り口の食堂に、「よもぎうどん」があるなぁ。
蓬が名物だったのですね。
「岩屋寺」は駐車場からお寺まで15分くらい階段を上がらなければなりません。これがかなりきっついですが、その後、久万高原町に戻って「心」のうどんはいかが?
釜揚げの大なら、きっといけちゃんも満足すると思いますよ。^^

あらっ!!ニアミスだったんですね。
ボクも住宅改修の仕事で、久万高原町の上畑野川
(竹森さんちの上がり口付近)まで行ってました。
お昼は、某団体の後輩君チ噂の《粋月》で握り寿司。
巻き寿司オミヤに帰りました。

某団体で、竹森さんちで葡萄狩り&BBQ大会もしましたよ。
MBGBでぶどう狩りも楽しいかもですね。

少し足を伸ばすとこんな荘厳な雰囲気のお寺があって驚きました。八十八ヶ所めぐり(勿論車で)に嵌りそうです。久万美術館を探したのですが見つかりませんでした。”岩屋寺”>
”心”のルート、是非行って見ます。

広い範囲で仕事されてますね。松山から砥部、久万とグルメ探求もきりが無いです(^_^;)。粋月のお寿司を食べてから岩屋寺、そして心のルートで久万町入門編は完璧ですね。

ご存じかもしれませんが、
写真の花、シャガって言います。
日陰に咲く可憐な花ですね。
お山の皆さんが とても大事にする花みたいです。
よもぎの饅頭、食べたいです〜!
久万辺りから高知にかけて、
ふかふか饅頭地帯と堅焼き饅頭地帯があるようです。

少し昔の記事ですが、この花は綺麗だったのでよく覚えています。根っこを掘ったら旨そうなものが出てきそうな名前ですねwink
このエリアから高知にかけて、よもぎ饅頭地帯が有るんですね。
ますます、久万に行きたくなりました sun

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/15095739

この記事へのトラックバック一覧です: 44番目:

« 一兆★☆☆ | トップページ | 一心ホルモン★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2