ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 中村★★★ | トップページ | まるきん食堂14周年記念 »

2007年4月25日 (水)

鶏舎★★★

素敵な店に出会うとウキウキします。

サルキジを実家に預け久しぶりに奥さんとお出かけ。

二人の共通の目的は勿論、”今まで知らなかった良い店”を探す事。

東西は三越の裏から勝山通りまで、南北は千船町通りから一番町まで文字通り縦横無尽に足で見て回ります。30分以上歩きますが、二人共が入りたいと感じる店になかなか当たりません。途中で"My Fair Lady"ってこんな所だったんだとか、酔払って人に連れてきて貰った事のある店の再確認が出来たりします。

Cimg1687

二番町をうろうろし、花屋さんの横にビルに入る小路を何気に覗き込むと「鶏舎(こっこや)」があります。顔を見合わせ頷き、”ここならイケる”のサインで戸を押します。

店内は比較的若い人達で賑わっており、偶然空いていたカウンターの隅っこに陣取ります。奥さんはお店の女将さんと偶然顔見知りのようで驚いています。お互いの認識が済んだ所で、私はすかさず写真撮影の許可を得ます(^^♪。

Cimg1678

カウンターでは優しそうな大将が炭火の上で串を次々と焼き上げており、その動作、立ち込める匂い、適度な店内のざわつき感が”この店は当たったな”のblogger冥利に尽きる瞬間を盛り上げてくれます。

カウンターには個性的で洒落た七味や山椒の小瓶が並べられており、自分の良い店探知能力に妙に感心したりします。最近、色んな所で見かける小瓶の後ろの版画は、一説によると松山の名店にしか無いそうです?

Cimg1679

”つくね”は目の前で大将が焼く直前に手捏ねします。外は歯で直接噛まないと火傷しそうなくらいに熱くカリカリに仕上がってます。一口分かぶりつくと、中に閉じ込められていた柔らかく蒸し焼き状態の肉汁が溢れて湯気を放ちます。

”オ、オイヒイ”なんて言葉にならない状態で咀嚼していくと、松の実などの味のある素材が深みと異なった食感を与えています。気が付くと太目の竹串には一切れの鶏つくねも残っていません。

”ねぎま”は、地鶏の持つ肉の味が噛むほどに広がり、中身がネトリとなる程度に火の通った葱のポイントが、なぜ葱間なのかを教えてくれます。

Cimg1684

驚きを隠せなかったのは”レバー” 。火が通りすぎるとぱさつくし、生だと癖があり気になる人もいるこの微妙な素材は、ミディアムレアよりややレアに寄った火の通りで仕上げてあります。その温度でしか引き出されないレバーの違った一面を初めて知るのです。

Cimg1680Cimg1682

カウンターに所狭しと並べられた一升瓶から”焼酎芋黒麹””花札の梅酒”をロックで戴き、追加の串を注文します。

Cimg1685

”ぼんじり”はそれ噛み進めると、炭火の香りの中に鶏の脂肪の甘さと微妙なエキスが顔を出してきます。塩がまろやかにまとめていて、唸るしかありません。

Cimg1686

”アスパラベーコン”を食べている頃に、写真撮影の許可を戴いた事をふと後悔します。怒られるかもしれませんが、ここは急に載せたくなくなります。

だって、唯でさえこんなに繁盛しているので、次来た時に席が空いている確立を出来るだけ上げたいじゃないですか。。(^_^;)

味最高!雰囲気最高!接客最高!値段お手ごろ!場所一等地!

星が三つしかない事を悔やまれるお店なのです。

*追記

場所は上記文章を参考にお探しください wink

« 中村★★★ | トップページ | まるきん食堂14周年記念 »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまですー!
いつもながらレポートの上手さに脱帽!
星印も5個以上と思われます。^^
せまい街の中にもまだまだ知られてない名店もあるようですね

写真を見て急に焼き鳥が食べたくなってきました。^^;

またも私の行きつけのお店が…。
少人数でもちょっとした職場の飲み会でも満足できる、ステキなお店です。土曜日は席がすぐいっぱいになってしまいます。また焼き鶏食べたい病にかかってしまいました。
あの版画、このお店にもあったんですね♪

や、やきとり、、、食べたい --;
そういえば、最近たべてません、、、
よくうろうろするところなんだけどな。
知らないお店って多いものです。
いけちゃんさんと奥様のパイオニア精神に乾杯~です♪

新しい美味しい店を見つけた時の快感でこの趣味をやめられないのでしょう。この店は美味しさもさながら、場所が都会の隠れ家的で良いのです\(^o^)/。

良い行きつけの店ばかりですね。他に有ったら教えてください。あまりに美味しかったので昨日も行ったのですが、3分前まで版画の作者がカウンターにおられたそうです。店の人は”専務”と呼んでいました。どこのお偉いさんなのでしょうか(^^)?

初めは”おもに亭”に行こうとしたのですが一杯でした。二人で新しい店探しを松山でしたのは初めてで、これも子供の手が離れたお陰でしょう。こんな楽しみも出来ましたが、手が離れた分だけ寂しい気もします。もう少し大きくなったらサルキジを連れて探検してみます(*^_^*)。

こんにちは
いつもこっそり覗かせてもらってます。

この店は載せちゃ駄目><

めっちゃ美味しい隠れ家やったのに・・

ライバルが増える(涙

嘘です。(汗
ここ本当に美味しいですよね。
店の雰囲気・店長お人柄・・

これからも私の知らない名店を紹介してくださいね。

始めまして(^_^)v。済みません、私も載せるの悩んだんですけど、許可も貰っていたし、つい、、。お詫びにご存知かも知れませんが裏情報を。ここは月、水、金が地鶏の仕入れの日なので狙い目らしいです。それと常連の方曰く、ここのお米は最高だそうです。これで許してくださいm(__)m。

こんにちは
【松山旅人のカフェ】からこのブログに出会い本当に重宝しています。

松山の中心地にいて、外食の機会も多いのに、なかなか店が決まらず「どこいく~~~?」と悩んでしまう一家(夫婦+子供1)でした。

このブログを拝見していると、どうも年齢的に近いようですし、気になっているお店がとても似ています。
また、気にはなっているが、DEEPすぎて入れないお店にチヤレンジしているその勇気?に参りました。

で、昨晩も「どこいく?」からブログを思い出し鶏舎に☎予約して行きました。

その☎応対が、とても感じよく大手の会社に電話したようでポイントアップ!

お店に一番のりでしたが、奥さん(大将の)が「寒かったやろ~~」と子供に声をかけてくれました。

その後、すぐに座敷はうまり、予約してて良かった~~~。と

堀ごたつ(おデブの主人にはこれがポイントアップ)でその中にもヒーターのようなものをいれており、オーナーの気遣いが分かります。

もつの煮込みは他の店で食べているものよりあっさりとしていましたが、飲める人のあてには、最高ですね(主人談)

で、長い時間ぐつぐつしていると、女将さんがその中にキャベツをいれてくれました。
その心遣いにも感謝。


焼き鳥は、期待通り、本当に美味しく、子供がかぶりついていました。

特にお米。これにはびっくり。おにぎりのご飯粒がピカピカと光っていました。
女将さんにお勘定の時に
「お米美味しかったですよ」と言うと、大将のご実家から送ってもらっていて、お店で精米しているとの事、鳥もご実家の方から取り寄せているらしいです。

 「ブログで美味しいと書かれてあったんで来ました」と言うと、

 「そうなんです。皆さんがよく書いて下さってありがとうございます。」

 と、女将さんが笑顔で答えてくれました。
きっと我が家だけでなく、このブログをみてこのお店に行っている人達がいるのでしょう。

 接客・味・値段どれにも満足いくお店でした。
 今後も参考にさせてもらい、結果報告させて頂きます。ありがとうございました。

 

参考にして頂き、よい結果で嬉しい限りです。地鶏(特にレバーなどの内臓)は仕入れの日と量が限られているで予約しておかないとお目にかかれません。個人的にお勧めの店を聞かれたらココを薦めることが多いです。このブログ記事も300を超えるので”こんな店ない?”と気軽にカキコしていただければ、他のお勧紹介しますよ。家族構成、世代、旦那さんの体型まで似ていそうでストライクは近いみたいですね。未食ならCafe Cabareとべこや(千舟町店です!)を予約して行ってみてください。こちらも最高です。ちなみに記事を探すのはサイト内検索で見つかります。それでは良いdinnerを(^^♪

とうとうこの店は電話を辞めたみたいですね(笑)多分忙しすぎてだと思いますがwww

だから、いきなり行っても満杯だし、どうすればいいのかwww

一年位前からそうされているようです。ちょくちょく行っていますが、遅めに行けば空いている事が多いですよsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14810691

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏舎★★★:

« 中村★★★ | トップページ | まるきん食堂14周年記念 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2