ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« Premiumなflight | トップページ | お知らせ »

2007年4月 1日 (日)

八介 ★★☆

歯ごたえのあるいわゆるエッジの効いた麺がいいか?

それとも、表面ツルツル、柔らか麺をだし汁でざっくりと頂くのがいいか?

正直、私は前者なのです。

Cimg1592

南予からの仕事の帰りに高速料金を節約する為に伊予インターで降りて、みかさを過ぎて暫く松山方面に走ると、 ”八介”が右側に現れます。

何気に気になるので、昼食2時間後にもかかわらずウインカーを出します。

Cimg1593

昼食時を大幅に過ぎて他にお客は居ないし、店に入ると学生街の定食屋並みに揃った漫画本に正直期待は高まらない中で、醤油卵(冷)中盛を注文します。

麺を見ると、少しブラウンがかっています。

箸で持ち上げてみると麺にねじれの入った太い麺で”凛とした重力に逆らった自立系の腰”を指先で感じるでは無いですか

急激に期待は高まり、まずは麺だけを”すっすっす”と数本口に運びます。

中程度に入れた顎の力を、ゆっくりと押し返すような歯ごたえを越して麺を緩やかに咀嚼すると、適度な甘みと今まで感じられた事の無い小麦粉の香りが立ち込め攻めあがってきます。

この店、何者?

香り高いかつお節たっぷりとのったうどんに、生卵、醤油を麺にかけまわし、豪快に薬味をぶっ掛けて混ぜると、箸先にも手打ち麺の抵抗感が伝わってきます。

Cimg1594

ずっ、ずっ、ずっ~~、噛み噛み)^o^()^o^()^o^(。

最初は跳ね返らんばかりの抵抗感の麺が、知らないうちに口の中でほぐれ広がり消えていきます。その動作の最中に、今まで未体験の小麦の香ばしさ。

我に返りテーブルの上の但し書きを見ると、”国産小麦粉だけにこだわった黒うどん”との説明。

なしてこんな旨いうどん麺を今まで知らずに松山で5年も過していたのかと、己の未熟さに腹立たしく思わせるくらいの旨さ。

旨いものは旨いとしか言い様がないでしょう。

興奮した為、営業時間などの情報は収集出来ていませんが、ここなら空ぶってもいいからすぐにでも行きたいです。

個人的にはドマンナカでした。

« Premiumなflight | トップページ | お知らせ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

ココ伊予にあってかなり独特でしょう?
固めに締められてるのでチュルチュル入ってこないのですよネ。
かなりの横隔膜パワーが必要デス。

でしょ!!
ボクも『歯応えで勝負だっ!!』なので、
お気に入りです。
こちら方面へおこしの際は、どうぞ声掛けて下さい。

やはりご存知でしたか?この辺から、おんまく寿司辺りまでに何軒かうどん屋が在って気になっています。他にラーメン(特に山科?のカレーうどん)もあり未食エリアです。お勧めのお店教えてくださいね。

かなり個性が強い麺なので伊予エリアの麺通の方々に賛同いただいて安心しました。内装からして地元密着型の老舗風でしたね。日曜やっているかどうかご存じないですか?このあたりではいつも”みかさ”でしたがこれからは選択肢が増えて喜んでいます。

ここは、よく行きますよ。
驚きの麺なのにあまり知られてませんねぇ~

四国のうどん、もう少ししたら食べれなくなります(。→ܫ←。)
行きたいな~♪三ツ星だもんな~^^

そうそう!久しぶりにいい店に出会えて嬉しかったです。地元密着型なんでしょうね。通いそうです。

寂しくなります(ToT)/~~~。ここは木曜休みらしいし、夜もやってるそうですよ。是非お試しあれ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14475965

この記事へのトラックバック一覧です: 八介 ★★☆:

« Premiumなflight | トップページ | お知らせ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2