ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 杜の都の”もっきり” | トップページ | プラチノのアンジュ »

2007年3月 6日 (火)

杜の都のZUNDA餅

友人の結婚式から一夜明けると、慌しく帰松準備。

空港バスに乗るためにJR仙台駅に向かうと、ZUNDAに目を奪われます。

Cimg1352

スタバLIKEな外観に”ずんだ茶寮”の看板。

空港行きのバスを遅らせてでも、入らない訳には行かないでしょう。

Cimg1354

カウンターでマニュアル通りの”いらっしゃいませ、何になさいますか?”

”ずんだ茶寮”が大豆のロゴと共に”ZUNDA SARYO”って、ドユコト?

Cimg1358

定番の”ずんだ餅525円”は、細切り昆布と黒豆茶の基本を外していません

今風の店内は朝早いこともあり、”ずもとのおばあさんだじ”や、”こずれのおがあさんだじ”で賑わっています。

餅の香ばしい歯ごたえと、大豆の枝豆的香りと枝豆潰した的舌触りは、年一でデパートの東北展で味わう”ずんだ”より、フレッシュ度合いがかなり上です。

Cimg1356

東北の朝は”ズンダ・パイシュー”に”エスプレッソ”で明けるのです。

シューのクリームが枝豆的香りと歯ごたえを匂わせながら、シュー生地のサクサク感と、一体化。ここにエスプレッソが居る事に何の違和感も感じません。

いや、もはや初めから”ずんだ”と”エスプレッソ”は予定された国際結婚です。

Cimg1359

”ずんだ茶寮”の魅力に取り付かれ、お土産を買うはずのJRでの時間が無くなり、空港行きのバスに飛び乗ります。

職場へのお土産は、登場待合ロビーでの”限定品”

・牛タン風味 柿の種

・牛たん味 ぼんち揚

・ちっちゃなプリッツ ずんだ

・ずんだ餅風味 アポロ

職場に配る前に地域限定スナックを椅子に真剣な眼差しで並べて、待合ロビーでデジカメッっていたのは私です。

商品名に最初から言い訳が入って居るように、どれにも本当の”ずんだ”では無く、”ずんだ風味”満載です。

Cimg1361

乗り継ぎの伊丹空港で食した”たこ焼きうどん(伊丹空港限定)”は、空港まで影響を及ぼす大阪商人魂を感じます。

甘辛たこ焼きがうどんとどんなコラボを展開するかと期待しましたが、たこ焼きとは明石焼きの事で、出汁の効いた関西うどんとは驚くほど合うのです。

Cimg1362

最後に一言。

JTBさん、戦後のハワイ旅行の白黒写真に出てくるような横三列(1+2=3)のプロペラ飛行機に搭乗する可能性がある事は、チケットを買う前に教えてください。

”JAC”とか”エイベックス”の意味を後日学習しました。

晴天で揺れが少なくても、、、、怖いです。

« 杜の都の”もっきり” | トップページ | プラチノのアンジュ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

近々、高○屋のフェアに《ずんだ餅》買いに行こうかと
思ってたトコでした。
やっぱり、新鮮さが違うのでしょうね。
『ご一緒に、細切り昆布はいかがですか!?』
とかは、無かったのですね。(笑)

同じく!『おめざフェア』で、ずんだ餅チェック中でした♪
たこ焼きうどん、美味しそうです。味を想像しただけで涎です。。。

伊丹はプロペラですよね^^ いつも心配になります。
たこ焼きうどんとはキョーレツですね。
枝豆大好きなので、フェアに「ずんだ」買いに行こうかな♪

明石焼き(地元では「玉子焼き」と言います)いかがでした?神戸のたこ焼きは大阪のとまた違うんですよ。機会があれば是非どうぞ。

プロペラ機、僕好きです。飛行高度が低いので景色がよく見えます。。。

私も当然のように、○島屋の”ずんだ餅”の広告みました。2つの会社が出していましたね。奥さんに購入リクエストしてみたので楽しみです。さて、細切り昆布はセットに付いています。三枚目の写真をよ~~く見てください。ね(^^)!

Syaripomさんも当然のようにチェックしていますね。おめざフェアーの400円のシュークリームみたいなのも美味しそうでしたね。会場で40歳くらいの丸顔のおじさんが子供連れてアイスを食べていたら私かも知れません。酒飲みとしてはスイート以外に珍味系も充実して欲しいのですが。

伊丹から全てプロペラでは無いようですが、横3列は強烈でした。”ずんだ”は甘くて、大豆の香りが素敵でしたよ。是非食べてみてください。

神戸のたこ焼きは未食です。千船町ベスト電器の近くの赤トンボの明石焼きは、本場の方から見たらいかがですか?このブログの10月2日の記事をご参照ください。

確かに地上が良く見えました。将来的にはGoogle Earthを見ながら飛んでいる場所の確認が出来るようになれば楽しいなと考えながら眺めていました。ただ、揺れまで実感が強いのはちょっと?

赤とんぼの記事、拝見しました。写真で見る限り、柔らかそうで、黄色くて玉子たっぷり、タコもでかいということで、立派な玉子焼きだと思います。出汁は店によって冷たかったり熱かったりします。お好みですね。

神戸たこ焼きについてURL添付しました。ちょっと変わってるでしょ?

3月8日16時42分のゆいさんの”ゆい”をclickして、本物の神戸たこ焼きにたどり着きました。最近、発祥の組み合わせのようですが、おっしゃるようにかなり変わっていますね。でも、たこ焼きタレを出汁につけて食べるなんで、コロンブスの卵。実食楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14162410

この記事へのトラックバック一覧です: 杜の都のZUNDA餅:

« 杜の都の”もっきり” | トップページ | プラチノのアンジュ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2