« ユンさんのシモネタ | トップページ | 瓢箪の花★★☆ »

2007年3月24日 (土)

Undergraund Cafe★★☆

専務との会食も4次会に突入!小腹の空いた一行は、ロープウェイ街を北上し、夜中までやっている”UNDERGROUND CAFE”へ。

ロープウェイ街は草緑山本、べこやなど個性的な名店がひしめくエリアです。

歩行町を”かちまち”と読む事を知って、少し松山通になった気がしたものです。

Cimg1388

ロープウェー街を北に進み、数ブロックで右に曲がるとユニオンジャックが見えてきます。

Mapはこちら

店内は抑え目のライトにデザインが一つ一つ違う低めのソファーやテーブルが余裕を持って配置してあり、かなりオサレな感じですが、メタボオジサンだけでは少し浮くかも?

横のテーブルにいた”アユ風ギャルと”もこみち系お兄さん”のカップルに冷たい視線を向けられた気がしたのは、メタボオジサンの僻みでしょうか?

Cimg1391

驚いたのはメニューにブリトーがある事。上にのったサワークリームといい、中身の野菜と肉、豆の迫力が食べ応え充分です。SFでメキシコ料理に嵌って帰国後にブリトーを探し回ったのですが初めて本物に出会えました。

Cimg1390

かなり早い時間からお酒を頂いていたいのでメニュー名を覚えていませんが、豚肉やもつをこってり煮込んだ洋風丼(サルサ風?)や、

Cimg1394

”グリーンカレー”を無心にかきこみます。

外見からはBritish Barと思いましたが、料理の内容はかなりレベルの高い多国籍料理もいただけるCafeでした。

禁断の締め”多国籍料理”の世界に突入しましたが、今度はオサレな雰囲気で楽しみに行きたいものです。

« ユンさんのシモネタ | トップページ | 瓢箪の花★★☆ »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

締めですか!?さすがです^^
何食べようか迷ってる日は、ここに出掛ければ色々と食べれますね♪

おお!韓国の次はアジア制覇?
私は『亜州茶館』行ってきました。アジアン料理って、たまに無性に食べたくなります。日本のおにぎりやお煎餅のように、同じアジア系として何か遺伝子に染みこんでいるようなものがあるのでしょうかw。

4次会で、グリーンカレーまで行っていたのですね。生姜焼き定食を越えましたね。

締めなんですよ。後で写真見て驚きました。以前から雑誌で見て行きたかったのですが、多国籍料理の充実振りに驚きました。

亜州茶館は夏にオープンカフェが好きです。ここはかなりタイやインドネシアの雰囲気を再現できていますよね。三津方面には結構オサレな店が多いようで開拓の余地ありです。いい店あったら教えてくださいね。遺伝子説、面白いですね。私の場合、メキシコ料理やパスタなんかも無性に食べたくなりますが外見を見る限り遺伝子は完全にアジアです。

この時点で残っていた人の平均体重は0.1トンに近かったのではと思います。瞬く間に器から無くなりました!(^^)!。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14368225

この記事へのトラックバック一覧です: Undergraund Cafe★★☆:

« ユンさんのシモネタ | トップページ | 瓢箪の花★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008