ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 瓢箪の花★★☆ | トップページ | Premiumなflight »

2007年3月28日 (水)

りかちゃんと桃李花★★☆

奥さんの旧友りかちゃんが松山へ。

Cimg1471

奮発して、ロープウェー街の”桃李花”でご接待です。Cimg1472

爪楊枝で刺してある、松山揚げに納豆を巻いたものは初体験の食感で昔話に花が咲きます。

私も学生時代から知っているこの”りかちゃん”をここまで接待するには理由があります。

りかちゃんは大手旅行情報誌の編集者。松山、内子の取材目的です。

松山の様々な食材を楽しめる、落ち着いた店を吟味。

私にはかなりミエミエの下心があります。

Cimg1475

Cimg1478

小富士冷酒で”焚き合わせ”や”手作り豆腐”を楽しんで、昔話に花が咲きます。

私:”と、ところで、りかちゃん、僕のblogも載せてよ”

り:”顔出していいならOKよ”

こんな返事なら、来る前に確認しておいて焼き鳥屋にしておけば良かった(^_^;)。

Cimg1483

ほうたれの刺身にピリ辛ソースが少し入ったひゅうが飯風どんぶりは、半分そのまま頂き、半分は温かいだし汁をかけて頂きます。あっさりとお腹に収まり、入らないかもと心配していたりかちゃんもご満悦。

大手旅行情報誌も、ブログやHPに若者層を奪われて、PCを触らない年配層に購買層が移行しているそうです。時代ですね。

Cimg1485

お口直しをした奥さんとりかちゃんは、この後、街に旧交を温めに消えました。

« 瓢箪の花★★☆ | トップページ | Premiumなflight »

和食」カテゴリの記事

コメント

(o⌒∇⌒o) ケラケラ
下心は、下心で終わったわけですね~~

考えてみれば、旅行情報誌を購入する年配層は、ネットユーザーではないわけで、紹介されているブログも見なかったりして??

桃李花は時々使いますが バイトの学生さんがメイド服でしょう、 あれが なんともいえません、

上品ないいお店なので 「お帰りなさいご主人様」 なんて 冗談言えない雰囲気なので 言った事ないですけどね、

[勝手に松山ミシュラン メジャー化プロジェクト]
つつっついに、このブログが全国発信ですか?
先日は、地元大手の情報誌からも引き合いがありましたしネ。

本当に、この調子で行けば、ブログで生計立てることも可能ですね。
どうか、その暁には弊ブログへも購読料が入るようなシステムの
お裾分けをお願いいたします。(^人^)オ・ネ・ガ・イ

運命でしょうか(笑)?
同じ日に、私は「草緑」に居りました。
情報誌は個人的嗜好の違いでしょうが、美味しくないところも載っておりますし、地元の美食(笑)ブログ情報の方がいいですよね。

ここは、お昼のランチしか来たことありません。
お昼はエレベーターに乗って上の階に行きました。
夜に行ってみたいです。

松山揚げは、出汁でさっと煮ているんでしょうか?
納豆との組み合わせも興味ありますね。

あ、いけちゃんさん、顔出しでぜひ雑誌に登場してください。
有名になる前にサインもらっとこうかな~^^

私のもくろみは脆くも崩れました(^_^;)。顔出しが条件とは気が付きませんでした。確かに情報誌を買う人はネットしないかも知れませんね。

メイド服ですか?私は数回しか行ったことありませんが、いつも着物でしたよ。それは是非見てみたいです。

この旅行情報誌はかなりのメジャー誌なので、自分の中では期待が高まっていました。良く考えたら全国盤の雑誌に載っても定期的にブログに来ていただける方々は地元の人になりますよね。タウン情報誌まつやまも楽しみです!でも、どう考えてもブログでは食べていけそうにありません。

3月28日の”草緑”の記事読ませていただきました)^o^(。鮭の燻製と焼酎がたまりませんよね。あそこを気に居られたとはかなりの酒好きとお見受けしました。ロープウェー街は隠れた名店の宝庫みたいで開拓してみようと思っています。

松山揚げは炊いてあった気がします。普通のお揚げなのにどうして"松山揚げ”って言うのかご存知なら教えてください。顔はお見せするような出来では無いので残念です。Miiのキャラクターでどうか”りかちゃん”に再交渉してみようかな?

おつかれさまですー。
とにかくいろんな方面に顔を出せるのはいいことですよ。
自分を知ってくれてる人が何人も増える。。
素敵なことじゃないですかー。

でも、nomchanの考えにも同意しちゃう悪魔な-o-chan.
なんか、銭になるシステム。。美味しいかもー。^^;

ミシュランはフランスの本家に従って基本は覆面取材です。おばあちゃんに”人前に立つようなめんどしい(はずかしい)事はしたらイカン”と教育されたもので。。先日、すっぽんの記事を載せたせん吉に2ヶ月後くらいに行って”あれからどうでした?”と尋ねたら”あれからすっぽんは一匹も出てませ~ん”と言われました。小生のブログの影響力なんて所詮こんなものだと実感したものです。

桃の季節に花が咲くと、自然と人の径ができるとかいう意味の漢詩が「桃季花」の所以だったような記憶があります。
日本酒をお酌で注ぐのが接待っぽいお店ですよね。
雑学ですが、ママは元ミス松山です(笑)

え~~、元ミス松山!確かに目の大きい顔立ちと立ち振る舞いのハッキリされた方ですね。

旅行情報誌は団塊世代向けでしょうか?
これから旅行する人が沢山でしょうね~。
ikechanさんのターゲットは何世代ですか?

雑誌の変遷に感心したものです。私のターゲットはメタボリック世代?です。B級グルメを愛する方々で年齢は関係ないですが、おのずと同世代以上になっています。

この店はよく利用するのですが、ママが元ミス松山とは知りませんでした。
来週も行くのでもっと詳しく観察しておきます。

昔の記事、それにコメントまで読んで頂き有り難うございますhappy01
これ以降伺っていないのでどんな女将か覚えていませんが、次の機会に拝見しています。
バイトでもこちらの店育ちの方は、社会にてでも通用するらしいです wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14280941

この記事へのトラックバック一覧です: りかちゃんと桃李花★★☆:

« 瓢箪の花★★☆ | トップページ | Premiumなflight »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2