« ユンさんの実力(昼食編) | トップページ | Undergraund Cafe★★☆ »

2007年3月21日 (水)

ユンさんのシモネタ

親愛なるソウルグルメの案内人ユンさんは、女性でありながらシモネタ好きです。

サービスのつもりなのか、そういう国民性なのか、はたまたそういう人なのか良く分かりません。

”オンニ(お姉さん)達~、南大門をうろうろして”ジンシンバイバイ”されないでね。こないだ他のお客さんにこう言ったら”チンチンパイパイ?”て聞かれたヨ!”とか、

”女はムードに弱イ~、男はヌードに弱イ~から気を付けてね。”は、序の口です。

ムードやヌードより、フードに弱い一行は、ムードたっぷりの夜景の見えるソウルタワーの予定を外して時間を作り”賭殺場の焼肉屋”を目指します。

Cimg1532

夕暮れの肉屋さんの真っ赤な肉の色と、辺り一帯に広がる炭火焼肉の匂いは我々を野獣に変えてしまいます。

Cimg1533

賭殺場横の路地にひしめく焼肉屋通りを通りながら、私がこの店を覗くと、

”オッパ~、人気の無い店は美味しくないよ~。こっちに来なさ~い!”

Cimg1545 Cimg1534

材料がうず高く積み上げられた店に引っ張られると、店内はキャクとニクでひしめき合っています。店の隅っこに偶然開いたスペースにセマゼマと腰掛けると、床はオンドル。無論、この店にも日本人観光客は皆無です。

Cimg1535_1  Cimg1538

無造作に積まれた新鮮なレバーとセンマイはサービス品。新鮮さの象徴です。

数々の付けたれやキムチ、生野菜もサービス and 食べ放題。

Cimg1539

大量で新鮮な牛肉は漬けたれに始めからつけてあるものと、肉の味その物の2種類で、新鮮な上に脂の少なく、肉本来の味が楽しめます。葱キムチと一緒に食べるもよし、塩につけるもよし、野菜に巻いて唐辛子味噌載せて焼いて食べるもよし。

説明は要らないでしょう。

Cimg1541

脂の多い部分は薄く切って、七輪の上にアルミフォイルを轢いてさっと焼きます。

ビールと焼酎がぐいぐいと肉片を喉の奥に流し運ぶのです。

横のテーブルでホルモンを焼いている人を覗いていると(人の食べ物、覗くの大好き)、

”オッパ~、ホルモンはここの店じゃないよ。オッパ~のホテルの近くが良いよ!”

女性陣は蒸し風呂エステに置いて、それ!タクシーでまた移動です

Cimg1550 Cimg1551

ソウル教育大学近くのこのエリアは安くて美味しいホルモンが学生に人気。

店に入ると上着や荷物は大きなビニール袋に入れて、エプロンをかけます。

Cimg1552

小腸、ミノ、葱、ニンニク、馬鈴薯などがほぼ塊のまま一気に焼き上げられ、途中でお姉さんがはさみで食べごろサイズに切ってくれます。

Cimg1556_1 

出来上がったら、 ”百歳酒(健康に良くて100歳まで生きられるがアルコール度数が低い)”を、度数の強い焼酎で割って”50年酒(旨くなるが寿命は半分)”にしたもので、グイグイ行きます。

Cimg1557_1 Cimg1560

勧めたお酒は全てイッキで返杯するユンさんは絶好調。

下膨れなので、よぼど触りたかったのか、私のほっぺたを幾度も引っ張りながら、

”オッパ~、韓国は女性を果物に例えるよ!、

10歳代はくるみ~。皮は硬くて、苦労して開けて食べてもあまり美味しくない。

20歳代は栗。生でも、煮ても、焼いても美味しい。

30歳代はスイカ~。水分があって瑞々しい。

40歳代はざくろ、50歳代はカリンで60歳代はトマトだそうなのですが、解説はこのブログのコンセプトに外れるので書けません。

男性は火に例えられ、10歳代は火打石、20歳代はマッチ、30歳代は焚き火、40歳代は火鉢、50歳代はタバコの火、60歳代は蛍の光だそうですが、解説はご想像にお任せします。

Cimg1558 Cimg1559

さて、最後は鉄板で焦げ目をつけて食べる”キムチチャーハン”。気が付けば、韓国に来て始めてのお米です。

コチジャンと海苔、ご飯、野菜がホルモンのエキスを吸い込んでいます。鍋の周りからプスプスと焦げかけたおこげご飯を平鍋からスプーンでこそいで、パリッと頂けば韓国料理に身も心も奪われ撃沈です。

Cimg1565 Cimg1566

金曜の夕方6時に松山空港を出発し、40時間あまりでこれだけ楽しめたのもユンさんのおかげ。携帯を控えたので次回も是非お願いしますよ !(^^)!。

3日目の帰松の昼、予定の買い物を早めに切り上げてまでミョンドンの”韓国風海鮮チャンポン”や”ジャージャー麺”の店に連れて行ってくれたユンさんとの別れは慌しいものです。

帰りの飛行機のチェックインに並んでいると、

”オッパ~、次のお客さんが着いたので、悪いけどオッパーがチェックインしてね。

私行かなくちゃダメだから。また韓国に来てね。”

お礼に渡した”ターバン野口”に感心しながら、足早にロビーに消えていくのです。

« ユンさんの実力(昼食編) | トップページ | Undergraund Cafe★★☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すっごい! まさに肉のオンパレード!

しかもシモネタというより オヤジギャグ(~_~;)

忘れられない満腹観光ツアーでしたね。

お、おいしそうですぅ。この間「べこや」では、焼肉食べてなかったから、この写真でノックアウト!ド━(゚Д゚)━ ン !!!
ああ、口の中が‘焼肉‘モードになってしまった。
それにしても、果物にたとえた女性の説明、、40からが興味あり(コワイもの聞きたさ?!)(゚∀゚;)

おお、呑志さん!カキコ有難うございます。金曜の夕方に出て日曜の夕方には帰ってこれる、札幌より近い街は私の心を掴んで離しません。ユンさんには”オッパ~、今度は男は男で来てね”といわれたので呑志さん、羽織に扇子で出かけませんか?

先日のべこやでは焼肉食べておられなかったのですか?本場にMBGBで行きませんか?近くて近い隣国でした。48時間以内ですし値段も抑えられます。ただし、ハングルがだめなのでガイドさんは必須でしょう。旨い酒が沢山ありましたよ!(^^)!

いいなあ、ソウルは一度行ったことがあります。港の市場で変な魚食べました。。。

突然の書き込み失礼致します。
私は、「タウン情報まつやま」編集の田中と申します。
幣誌の『愛媛なブログ』というページで貴サイトを
紹介させて頂きたいと思っております。

ご協力頂けるようでしたら、一度編集部宛にメールで
ご連絡をください。
何卒よろしくお願い申し上げます。


2泊3日で2kgのリバウンド。帰国しても胃が大きくなっているので戻りません。ソウル、メタボリックには危険な街です。

おほほほほ~~なコンテンツに驚愕。
今すぐにでもソウルに飛びたいリアリティ!
随分と濃いソウルだったようですね。

拙者も影響されて、10代、20代などとついつい考えてしまいました。ハハ。

メールしました。楽しみにしています(^O^)。

近くて近い隣国でした。ただし地元の店はハングルのみなのでガイドさんは必須でしょう。皆で行きましょう(^O^)。

ソウル旅行、読んでいてこちらも楽しくなるようなレポでした。自分も一度ユンさんみたいなガイドでソウルフルな世界を堪能したいです。ところで「オッパ~、今度は男は男で来てね」っていったい・・・女と男の話しといい妄想を掻きたてます(@_@)

ターバン野口、ここでも活躍ですね♪

女性は買い物、エステ(韓国風蒸し風呂汗蒸幕やアカスリ)に重点をおきます。男性は。。。。妄想にお任せします!(^^)!

本当は”ターバン樋口”を差し上げたいくらいの感謝でした。ユンさんも初めて見たようでしたが、一行の他の日本人も驚いていました。AZAさんのオサレ情報が役に立ち有難うございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/14330768

この記事へのトラックバック一覧です: ユンさんのシモネタ:

« ユンさんの実力(昼食編) | トップページ | Undergraund Cafe★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009